飼い主さん必見の子猫のお風呂はいつから?時期や入れ方を徹底解説!

暮らし

スポンサードリク






noいきなりですが、猫ちゃんは好きですか?

子猫ちゃんって、特に可愛いですよね。

 

でも、生まれて間もなかったり、まだよちよち歩きの子猫ちゃんは、

「猫は生まれて何か月でお風呂に入れていいの?」

と思いませんか?

子猫を飼っている方、もしくはこれから飼おうとしている方なら、

一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

 

「お風呂に入れてあげたいけど、入れた後に何かあったら怖い…」

「洗い方は?人間のシャンプーを使って洗ってもいいの?」

「乾かし方は?乾かそうとしても逃げちゃうんだけど、

 濡れたまま自然乾燥でいいの?」

様々な疑問があると思います。

私も、これらの疑問を持った一人です。

その疑問を解いていきましょう!

 

 

子猫のお風呂の開始時期はいつから?早くても生後3ケ月から慎重に!

スポンサードリク

早くても生後3か月からにしましょう。

なぜなら、子猫は体が発達しておらず、体温調整がうまくできないためです。

体調を崩し、猫風邪をひいてしまう、更には命の危険もあります。

そのためにワクチン接種を受けてから、お風呂に入れるのが望ましいです。

 

大好きな猫には健康でいてほしいですよね。

意外に早い時期からお風呂に入れていいのか!と驚きましたが、

猫は基本的に濡れることを嫌う動物です。

最初はあせらず、水に慣れさせるところから始めましょう!

 

 

子猫のお風呂の入れ方のコツ!回数から頻度や温度などのポイント!

猫のお風呂の入れ方には、主に2種類あります。

猫用バスタブを使う方法と、シャワーを使う方法です。

それぞれ紹介していきますね。

 

猫用バスタブを使って、洗うときのポイント

1.入れる前の準備

お風呂に入れる前に、ブラッシングと爪切りをしておきます。

ここでブラッシングをするのは、シャンプーを泡立てやすくするためです。

また、洗うときに、猫が暴れてしまうことがあります。

自分がケガしないためにも、猫の爪は切っておきましょう。

2.お湯の温度

35度前後。寒い日は、36℃前後が目安です。

3.シャンプー

必ず猫用シャンプーを使ってください。

シャンプーには、洗い流すシャンプーと洗い流さないシャンプーがあります。

また、無香料のシャンプーを選ぶと、猫が嫌がりにくいのでオススメです。

人間のシャンプーは猫には刺激が強いため、使用は避けるのが望ましいです。

4.洗い流し

猫の顔に最初に水がかからないようにしましょう。

水がかかってしまうと、お風呂がトラウマになってしまう原因になります。

今後のお風呂に影響してしまうため、注意が必要です。

 

シャワーを使うときのポイント

猫の体の近くに持っていき水圧を調整して、洗いましょう。

猫は大きい音が苦手なので、水圧は初めは弱くして少しずつ上げてください。

 

お風呂の頻度

室内で飼う場合、年に1~2回が目安です。

スポンサードリク

多すぎると、失いたくない皮脂まで洗い流してしまうことになります。

 

 

子猫のお風呂上がりの乾かし方や注意点!グルーミングに備えよう!

シャンプーが終わった後は自然に乾くのを待つのではなく、

すぐに乾かしてあげましょう。

濡れたままにすると、菌が繁殖したり、皮膚呼吸ができなくなったりします。

 

また、猫はグルーミングをするため、

乾いていない状態だと毛を飲み込みます。

飲み込んだ毛がお腹にたまり、お腹の中で毛玉ボールができてしまいます。

毛玉ボールがたまりすぎると、食欲不振や下痢を引き起こします。

最終的に、手術をしなければいけなくなることもあるので、注意が必要です。

実はコレ!意外と知られていないみたいです。

私も、これを知らずに猫を飼っていたなら、

「これくらい大丈夫でしょ!」とそのままにしていたかもしれません…。

これは考えを改めないといけませんね。

 

乾かし方はタオルドライをした後に、ドライヤーで乾かします。

タオルドライの時に、しっかり水分をふき取っておくことが大切です。

しっかりふき取っておくことによって、ドライヤーの時間短縮になります。

吸水性の良いタオルを使うことでさらに、乾かしやすくなります。

 

ドライヤーは低温にし、30cm以上離しましょう。

温度が高く、距離が近いと猫が火傷してしまいます。

根元を乾かすために、後ろから風をあてることがポイントです。

また、お腹をこわすことがないよう、お腹もよく乾かしましょう。

 

 

猫がお風呂を嫌がるならこの方法を試して!嫌いを好きにするために!

お風呂を好きになるには、気持ちいいと思ってもらうことが必要です。

また、子猫のうちから濡れることに慣れることが大事です。

私たちは、寒い日にお風呂に入るといつもよりも気持ちいいと思いますよね?

猫も同じで、寒い日にお風呂に入れてあげると、好きになりやすいです。

ただし、寒い日は風邪をひきやすいのでお風呂からあがったら、

すぐに乾かしてあげましょう。

 

部分シャンプー、ドライシャンプーを使うという手もあります。

ただし、猫は毛づくろいで体を舐めるため、

猫が口に入れても安全な成分が入っているシャンプーを選んでくださいね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

子猫のお風呂の入れ方は、今後のお風呂にも影響してくるので、

入れ方は大事だと分かって頂けたかと思います。

 

また、ブラシで毛並みを整えておく、お風呂の温度は35℃前後、

シャンプーは無香料を使う、水圧は弱めから調節する・・・など

ポイントを押さえてお風呂に入れてあげることで、

猫もお風呂に入ることを好きになってくれると思います。

 

最初のうちは自分が思った通りにお風呂に入ってくれなかったり、

猫が逃げてしまったりするかもしれません。

その時に無理をしてお風呂に入れてしまうと、

苦手意識が更に高まってしまうことが考えられます。

最初から上手くいかなくても、ドライシャンプーを使うことから始め、

少しずつ水に濡れるのを慣れてもらうということもできます。

 

様々な工夫をしながら、楽しくお風呂に入れるようにしてあげてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!