映画を家でみるときの楽しみ方と工夫!雰囲気を変えてホームシアターに?

暮らし

スポンサードリク






映画は映画館で楽しむもの。

大きなスクリーン、臨場感のある音、お供になる食べ物。

映画館に行くから得られる楽しみ方ですよね。

 

でも、映画館に行く時間がない!

もう一度観たいと思っていた作品が終わっていた!

映画の料金がちょっと高すぎる!

そんな気持ちから家でも映画をもっと楽しめたら、

映画館に行けなくても満足できそうですね。

映画館で映画を観ているのと同じ感覚になれたら、

“おうちで映画”が趣味になるかもしれません。

 

ではそのために家で映画をどのように楽しめば良いでしょうか?

DVDを借りてきたり、地上波放送を見たりするときに、

少し工夫するだけでおうち映画が変わりますよ。

せっかく好きな作品を観るのですから、もっと楽しんでみませんか?

映画館とはまた違った新しい楽しみ方を見つけてみましょう。

 

 

映画を家でみるためのレベル別ホームシアター!少しの工夫で映画館に?

スポンサードリク

家で映画を観るけれど、できるだけ映画館に近づけたい!

せっかく家で映画を観るのだから、リラックスしたい!

どちらも、映画を家で楽しむならではの希望ですよね。

まずは映画を観る環境から変えていきましょう。

 


◇本格的ホームシアターに取り組む

より映画館に近づけたい派の方におすすめなのが、ホームシアターです。

ただのホームシアターではなく、本格的なものに挑戦してみませんか?

巨大スクリーンを用意します。

 

スピーカーは天井、観る場所の前後左右に置きます。

こだわる人は部屋一つを全部映画鑑賞にあてるようです。

ソファやカーテンなどインテリアも含めてコーディネートするとか。

スピーカーやスクリーン、プロジェクターなど、

ホームシアターに必要なものは、メーカーを統一するのもおすすめです。


◇単独でプロジェクター、スピーカー、スクリーンを用意する

本格的なホームシアターを用意するには、コストもかかりますよね。

なかなか手を出しにくいという方は、

必要なアイテムのみ購入することから始めましょう。

プロジェクターやスピーカーは、1万円以内で用意できるものもあります。

スクリーンは、自宅の壁そのものや、

大きめの白い画用紙、ロールカーテンでも代用できます。

園芸用の不織布もスクリーンになってしまいます。

自分なりのシアタールームを作ってみるのも、楽しみの一つですね。


◇部屋を暗くする

画面とDVDプレイヤーなどしかなくても、映画館の雰囲気は出せます。

電気や電化製品の明かりを消して、部屋を暗くしてみましょう。

部屋を暗くして映画を観るだけで、ぐっと雰囲気をが変わります。

暗いなかで映画を再生すると、明るい画面に一気に意識が集中します。

明るい部屋で観るのと暗い部屋で観るのとでは、

ストーリーの入り方も大きく違ってきますよ。


◇周りに生活感のあるものを置かない

家で映画を楽しむときの欠点が、生活感です。

画面の周りには、物を置きがちなのですよね。

スマートフォンはすぐ手の届く場所に置くことが多いと思います。

映画を観るときだけでも、物を片付けてみてください。

スマートフォンは自分から遠いところに置いてみてください。

日常を忘れて、映画がより楽しめるようになります。


◇クッション、身体を鍛えるグッズを準備する

家で映画を観る醍醐味は、周りを気にせずリラックスできることです。

2時間、3時間と長時間画面に集中するので、疲れてしまうことも。

疲れを軽減するために、大きめのクッションを用意してみましょう。

ビーズ入りのクッションや低反発クッションがおすすめ。

あまり重くないものを選べば、膝の上に乗せて腕を置くこともできます。

 

身体を鍛えるグッズを使うのも良いですよ。

たとえば、バランスボールや腹筋を鍛えるグッズなど。

映画を観ながら身体を動かせば、映画に飽きることもなく、

身体も鍛えられるので、一石二鳥。

 

 

家で映画鑑賞の楽しみ方!自宅だからこそおすすめな食べ物をご紹介!

映画を観る環境が整ったら、次は映画のお供である食べ物を準備しましょう。

映画館では、食べ物の匂い、食べ物をかむときの音など、

気になって遠慮することもありますよね。

おうち映画では、匂いや食べ物の咀嚼音は全く気にしなくて良いので、

食べたいものが選べます。

 


◇大きなボウルにお菓子

海外のホームドラマや映画などで目にする、自宅で映画を楽しむ風景。

テーブルの上には必ずといって良いほど、

透明の大きなボウルがいくつも並んでいます。

ポップコーン、スナック菓子、ナッツなどがボウルいっぱいに入ってますね。

食べたいお菓子をたくさん詰め込んで、

 

周りにも色んな種類のお菓子を準備しましょう。

大きい食べ物といえば、ファミリーサイズのアイスもおすすめ。

スポンサードリク

せっかくの時間ですから、普段とは違う大きさで楽しんでみましょう。

くれぐれも食べ過ぎにはご注意を(笑)。


◇宅配ピザ

家で映画鑑賞するときには、宅配ピザをどうぞ。

「宅配ピザは美味しいけれど、ちょっと高いのよね。」

でも、セットで頼むと意外と安かったり、

ほかの食べ物を用意したりしなくて済むメリットもあります。

ピザとサイドメニュー、デザート、

飲み物などを一気に頼むこともできて、便利ですよ。

映画館でピザを食べたくても、販売しているところはあまり見ませんよね。

たまには自炊なしで、映画を思いっきり楽しみましょう。


◇タンブラーで飲み物

長時間映画を観るときは、飲み物は必須アイテムですよね。

ペットボトルやカップに入れた飲み物は、すぐに適温ではなくなります。

新しい飲み物を取りに行くのも、映画の途中では避けたいところ。

 

そこで活躍するのがタンブラーです。

保冷や保温に優れたものでは、半日近く温度をキープできるものもあります。

容量もさまざまで500ml以上入るものまであります。

映画館にはない好きな飲み物が選べるのも、家ならではですね。


◇映画に出てくる食べ物

映画のお供に何を用意するのかを考えるのも楽しみの一つだと思います。

観る予定の映画から食べ物を考えてみるのも面白いですよ。

たとえば、映画に美味しそうなパンが出てくるなら、同じパンを用意したり。

食べたことのない海外のものなら、映画を機にチャレンジしてみたり。

映画に出る食べ物と同じものを用意すると、より映画の世界観に浸れます。

 

逆に食べ物から映画を決めることも面白いと思います。

今日はケーキを食べたかったから、ケーキがテーマの映画にしよう!

といった決め方ですね。

 

 

映画を家で楽しむ方法!音楽系映画が大好きな私のホームシアター!

映画を家で楽しむおすすめの方法を、

設備・環境と食べ物のポイントから見てきました。

すぐに取り入れてみたいと思うものは、ありましたか?

私も映画が大好きでよく観るのですが、

頻繁に映画館に行くのはやっぱり難しいと思います。

だから、地上波やDVDを利用して、家で楽しむ機会が増えてきました。

 

最後に、私の実際のおうち映画の楽しみ方をお伝えします。

私はスピーカーやプロジェクターをまだ用意できていないのですが…

それでも楽しむことはできます!

 

私は音楽も好きで、歌が多い映画を観ます。

スリルのある作品が好きで、迫力のある映画を観ます。

まず、カーテンも閉めて部屋を真っ暗にして、

部屋の明かりはすべて無くします。

もちろんスマートフォンもOFF。

一度に複数作品を観るので、クッションは必須アイテムです。

運動不足を解消する絶好の時間でもあるので、

趣味で集めたバランスボールや腹筋を鍛えるグッズを用意。

2時間くらい休憩を挟みつつ、運動しています。

 

そして食べ物ですが、夏はアイス、冬ならおでんを用意したこともあります。

ピザも頼みました。

 

実際に映画を観るときは、登場人物と一緒に歌ったり、踊ったりしています。

この時が最高のストレス解消で、映画のキャストの一員になれた気がします。

テンポの速い映画は、臨場感を感じるために、

スリリングな場面を中心に倍速で再生。

どうしても気になるシーンは、エンドレスで観ています。

映画として楽しんだ後は、ライブとして楽しんで、

一つの映画をあらゆる角度から楽しみます。

観賞後は気になるシーンをインターネットで調べたりして、

さらに映画の世界に浸っています。

映画館で購入するパンフレットの代わりです。

 

おうち映画の楽しみ方の一例です。

私の楽しみ方はちょっと独特かもしれませんが、

おうち映画はそれぞれの形で楽しめる良さがあります。

でも、のめり込みすぎるのも問題です。

映画は1つ観れば、3時間程度画面に集中することになります。

暗いなかで観ると目も疲れてきます。

食べ物もついつい過剰になりがちです。

観る時間や食べる量を考えながら、楽しみましょう。

 

 

まとめ

映画館には映画館の良さがあります。

でも、家には家の楽しみ方があります。

今回ご紹介した方法はほんの一例ですが、

家で観る映画も悪くないと思いませんか?

家で映画を観るときは、リラックスできる姿勢だったり、

再生具合も途中で止めたり戻ったりもできます。

あなたの好きなように映画を観られるのです。

 

映画館の大迫力には勝てないかもしれませんが、

家でしかできない楽しみ方があります。

自分の趣味になるような方法を見つけてみましょう。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!