みかんの外側の白い粉はカビじゃなく乾燥剤!?簡単な見分け方とは?

暮らし

スポンサードリク






突然ですが、みなさん、みかんは好きですか?

私は缶詰のみかんも、剥いて食べるみかんも好きです。

特に冬場によく食べますよね!

時々買ってきて食べるとかなら良いと思うんですが、

うち、田舎からひと箱届くんです。笑

なかなか食べきれません。

 

ところで、みかんを箱から出すときに白くなっているものがありますよね。

元から白いものもあれば、だんだん白くなるものも。

みかんにカビが生えるということは知っているので、

白くなっているとカビが生えてたら食べれないと思い、

私はほとんど食べることはありません。

 

そして、いつも両親が食べていたので、

カビの部分だけ外して食べているのかなと思っていました。

 

でも知ってましたか?

実は、この白いものには、カビとそうでないものがあるんです。

そうでないものであれば、そのみかんは食べれるのです。

食べれるものを食べないなんて、もったいないことをしていましたね。

 

今日は白くなっているみかんが食べられるか、食べられないかの見分け方、

田舎の知識をおすそ分けします!!

 

 

みかんに付いてる白い粉の正体とは?実はカビでなくカルシウム?

スポンサードリク

みなさん、カビは分かりますよね。

みかんの皮は、湿るとカビが発生しやすくなります。

また、傷がついたりすることで、カビの元にもなるんだそうです。

 

そして、白い粉の正体です。

これは、乾燥用のカルシウムなんだそうです。

湿るとカビが発生しやすくなるので、乾燥させるのでしょう。

みかんのカルシウムは炭酸カルシウムが使われてます。

この炭酸カルシウムが雨や露などの水分がみかんに付着しても、

乾燥を促してくれるそうです。

そして、この炭酸カルシウムは特に身体に害はないため、

白い粉のついたみかんは食べられるということです。

 

 

みかんに付いてる白い粉とカビの見分け方!美味しい見分け方も紹介!

スポンサードリク

白い粉が炭酸カルシウムで、食べられるということは分かりました。

では、いったいどうやって見分ければ良いのでしょうか?

 

それが、案外簡単だったんです。

白いところが、モフモフしているものは、カビ。

白いところの周りが、グズグズになっているものも、カビ。

炭酸カルシウムは乾燥させる為の粉なので、

乾燥しているような感じであれば食べられるということです。

 

おいしいみかんの見分け方も、ついでに載せちゃいます♪

その1:ヘタが小さいもの、軸が細いものを選ぶ。
この方が糖度が高く、甘さが多くなります。

その2:ヘタの周りが黄色いものを選ぶ。
みかんは完熟してくると、緑から黄色になります。

その3:皮がすべすべで、きめが細かくなっているもの。
きめが細かい方が、甘さが多くなるようです。
ちなみに、あまり店頭には並ぶことはないようですが、
表面がデコボコしている「きくみかん」と呼ばれるものは、
見た目は悪いですがとても甘いそうです!

その4:皮と実のあいだに隙間がないものを選ぶ。
隙間がないものは、より実が詰まっており、ジューシーなんだそうです。

その5:大きいものより、小さめのものを選ぶ。
小さい方が皮も薄く、味が濃くなっています。

その6:色が濃いものを選ぶ。
完熟すると色素が出され、色が濃くなるようです。
完熟しているということは、甘みも増しているということです。

 

 

まとめ

白い粉の正体は、炭酸カルシウムだったんですね。

むしろ乾燥させて、カビから守ってくれていたようです。

今まで守ってくれて、ありがとう!

 

ちなみに、カビは胞子がどんどん増えていきます。

ガスを発生させて他のみかんにもうつって腐らせてしまいます。

長持ちさせるために、カビのあるみかんは箱から出すと良いそうです。

また、乾燥環境での保存が良いようなので、箱を風通しの良いものに変えたり、

底の方のみかんから先に食べてあげることも有効です。

カビの特性を考えて保存すると、長く持たせることもできるし、

みかんの形や色でおいしさも見分けられるんです。

箱買いすることもあまり無いかもしれませんが、ぜひ試してみてください。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!