家庭訪問の時のお茶やお菓子!出すタイミングはいつが良いの?

暮らし

スポンサードリク






学校行事って運動会や参観日など出向くことが多いですが、

自宅に先生が来るのが家庭訪問。

家の環境も見られるし、親の対応ははっきり見られちゃいますよね。

 

ママ友なんかと話しててふと疑問に思ったのが、

「いつも先生が来てからお茶を出しているけど、

 時間ないのに来てから待たせて良いのかな?

 タイミングとかって何かあるのかな?」

ってこと。

 

他のご家庭ではどうなんでしょう?お茶を出すタイミングとか考えていますか?

正しい対応ってあるのかも含めて、調べてみました。

 

 

家庭訪問の時のお茶やお菓子!皆はどのタイミングで出してる?

スポンサードリク

先生は生徒の自宅を数件回る為、ある程度時間が決められており、

その中でお話をされます。

お話の所要時間はだいたい10分程度といったところでしょうか?

そんな短い時間で、どのタイミングでお茶を出すのと聞かれても、

だいたい始めしかないですよね。

先生が来られたら席にお通しして、お茶を入れて持ってくる流れ。

 

ママ友の1人はお時間をお取りするのも悪いので、

移動している暑い道中に遠慮なく飲めるように、

ペットボトルのお茶を帰り際にお渡ししているそうです。

昔では考えられないかもしれませんが、1日数件を訪問する先生にとっては、

こういった気遣いの方法もありがたいのかもしれませんよね。

少なくとも、私がもし先生の立場であれば、自分の性格上からもアリだと思います。

 

 

家庭訪問のお茶のタイミング!そもそもの目的や意味を考えると見える?

では、お茶を出すのに正しいタイミングはあるのでしょうか?

さっきも言ったように、先生が1件あたりにかけられる時間は短く、

その短い時間の中で、生活の様子を見たり、聞いたたりされるため、

少しでも無駄な時間は省きたいと思うものです。

また、親にとっても家庭訪問は大切なことで、子どもの学校の様子など、

スポンサードリク

短い時間の中で話を聞きたいのは同じだと思います。

 

その為に、お茶出しのタイミングはとても大切なようです。

先生が来る時間は決めてあるし、時間に合わせてお茶を入れるのは?

これは、ちょっといただけませんね。

お茶を先に入れると、冷めたり、ぬるくなったりしてしまいます。

 

家庭訪問の時間はある程度決めていますが、

やはり人とのお話は時間通りにいくとは限りません。

時間を決めていても、少しずつずれていく可能性があります。

なので、やはり先生が来られたら席にお通ししてから、お茶を入れる。

そして、始めにお茶をお出しするということで間違いないようです。

 

では、何が大切なのでしょうか?

それは、少しでも時間を省けるように「準備」を事前にしておくことです。

湯飲みやお盆などを先に準備しておくことで、

先生が来られたらすぐにお茶を入れてお出しできるのです。

特に、熱いお茶をお出しするのに、

来てからお湯を沸かすのでは時間がかかりすぎてしまいます。

お湯を沸かしておいたり、急須に茶葉を入れたりという、

「準備」を先にしておくことが大切です。

 

また、おしぼりやお茶菓子をお出しする場合は、

お菓子をお皿に載せておいたり、おしぼりを温めたり冷やしたり、

それらも準備を先にしておきます。

 

 

まとめ

お茶やお茶菓子は、やはりはじめに出すということで間違いないようです。

しかし、お出しするタイミングというより、

準備のタイミングが大切ということだったんですね。

 

ただ、これは、お茶を出す場合のルールです。

生徒の自宅を数件回る為、前の自宅でも出された可能性もあります。

行く先々でお茶を出されたのでは、

先生もお腹がチャプチャプになっちゃいますね。

 

最近は、自宅へ上がることなく玄関先で済ませることも、増えているようです。

そう考えると、帰りにペットボトルをお渡ししても良いのかもしれません。

気にせずに飲めるでしょうし、後で飲もうという選択もできるので。

 

お茶よりも何よりも、生活の様子や学校の様子など、

先生としっかりお話をできることが大切です。

また、先生側はお話をするだけではなく、自宅の場所や通学路の把握、

お母さんと知り合いになることなども目的とされているようですよ。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!