爪の甘皮はないと危険かも!?甘皮の役割や処理方法までご紹介!

健康

スポンサードリク






最近はネイルをしている人多いですよね。

おしゃれのマストアイテムみたいです。

百円ショップとかでも、ネイルシールを置いてたりして、

子供たちも手軽にネイルファッションを楽しんでいます。

 

私も友人がネイルをしてくれるので、成人式の時にしてもらいました!!

その時、爪の薄い皮の手入れをしていたんです。

あれ、甘皮って言うんですね。

ネイルをする人は「甘皮を処理したら見栄えがキレイになる」と、

普段から甘皮の手入れをされているようです。

 

そういえば、甘皮って取っていいんですか?

取っていいものなら、何であるんでしょう?

正しい取り方とかあるんでしょうか?

というか、甘皮がない人っていませんか?

次から次へと疑問がわいてきます。

調べてみることにしましたので、今回はそんな爪の甘皮について紹介します!

 

 

爪の甘皮はどこの部分でどんな役割?ない場合やなくなるとどうなる?

スポンサードリク

甘皮は爪の根元と皮膚の間にある薄い皮のようなものです。

甘皮は爪の根元を守ってくれる役割があります。

爪の根元の組織に細菌やゴミが入るのを防いだり、

爪の健康状態を保ったりする役割をしてくれます。

 

やっぱり、甘皮がない人や薄い人はいるみたいです。

でも、それは病気とか、悪いとかいうことではないようなので、

ない人も安心してください。

 

元々あるのに、生活習慣によって無くなっている場合は注意が必要です。

甘皮がないということは、防いでくれている菌が入ったりして、

病気になる可能性が出るからです。

 

そんな爪の甘皮が無くなる原因は、以下が考えられます。

・洗剤とか薬品でダメージを受けてしまった場合。
・不規則な生活で利用不足になってしまった場合。
・乾燥や手荒れで手の水分が無くなっちゃった場合。
などなど...

この場合、生活習慣を見直したり、ハンドクリームをつけてみてください。

もし無くなっていても再び生えてきます。

スポンサードリク

そのタイミングは人によって違うと思いますが、1か月くらいだと思います。

 

 

爪の甘皮の処理やお手入れ方法!100均の道具を使った簡単なやり方!

甘皮は健康を守ってくれるので、触っちゃダメなのかと思いきや、

少しお手入れをする方が良いみたいなんです。

甘皮が広がりすぎたり、厚くなりすぎたりすると、

さかむけの原因になっちゃうんだそうです。

また、本当は爪に行くはずだった水分や油分を甘皮が吸収してしまって、

二枚爪になることもあるそうです。

 

甘皮のお手入れは、けっこう簡単に出来ます。

・百円ショップに売っているネイルプッシャーというもので、押して整える。

・お風呂に入って指がふやけた時に、濡らしたガーゼで、

 優しく甘皮のところをこすって整えてあげる。

などでお手入れができます。

 

また、乾燥やダメージはダメと言った時にもお伝えしましたが、

お手入れの時は、ハンドクリームをしっかり塗って、保湿をしてください。

他にも、ネイルをする人もよく使っていると思いますが、

爪専用のネイルオイルを使うのも良いと思います。

甘皮の周りにオイルを塗って、指を優しくマッサージすると、

血行を良くして乾燥を防ぐこともできるようですよ!

 

 

まとめ

これまで甘皮の役割とか大切さを知らなかったので、

暇な時や、気になったときに爪の薄い皮をガリガリと削ったりしていました。

菌から守ってくれていたんですね。そんな大切なものだったなんて!!

他にも色々と調べてみると、爪の形や色、スジの入り方などで、

様々な病気の可能性を知ることができるようです。

気になるようでしたら、一度調べてみてください♪

爪の状態は、健康にも関係している、とても大切なものだったんですね!

これからはちゃんと手入れしようと思います。

スポンサードリク






スポンサードリク






健康
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!