文化祭は展示が熱い?すごいと驚かれた私の出し物は教室で学習発表!

趣味・イベント

スポンサードリク






文化祭!と言ったら皆さんは何を思い浮かべますか?

バンド発表やパフォーマンスで盛り上がったり、演劇で感動したり…これらから、特技を持った人の活躍の場に思えてしまうこと、ありませんか?

 

いえいえ!そんな事はありません。

文化祭には「展示物発表」があります!!

展示物発表の醍醐味は時間を掛けて作りあげるものだと思います。

そういった作品を誰かに見てもらい、尚且つそれを評価されたら大きな達成感になり、今後の自信に繋がるのではないでしょうか。

 

展示物をやってみたい!という方に何をやったら面白いか、実際に私自身が学生時代にやっていて、やりがいがあり楽しかった事、印象に残った展示物をご紹介します。

 

 

文化祭の展示の仕方とは?出し物場所が教室でも面白いかは工夫次第!

スポンサードリク

展示と言ってもジャンルは様々あります。

手先が器用じゃない!物作りは苦手!でも展示はしたい!という方に、調べて学習した物を展示発表にしてお伝えする事をおすすめします。

 

展示の仕方は簡単!

調べた物を模造紙にまとめて見やすいところに展示するだけ!

…少し面白みに欠けるのでは?と思う方もいるかもしれません。

しかし、少しの工夫でそう言った展示も観覧者の心を掴む事ができるのです!

 

まず、「何を展示テーマにすればいいか」についてです。

基本的にはなんでもオッケーです!

興味関心があるもの、やっていてワクワクするものを選ぶのがいいでしょう。

 

ここで心がけて欲しいのが、そういったものを「発信する」という意識を持つ事です。

ネットで調べられる知識だけで無く、実際に自分達の実体験や考察したことも伝えられると、よりメッセージ性の強いものになるのではないかと思います。

 

次にちょっとした工夫についてです。

模造紙発表のプラスαで体験型で伝えることと、見やすく映像を用意する方法です。

実際に私達が展示したものを例に挙げて見たいと思います。

当時私達は、「国際協力」をテーマに展示発表をしました。

国際協力とはどんな活動か、日本で取り組んでいる事は何か。

これらを調べる事から始めました。

 

実際にそれらの活動をされている展示会に足を運んだりもしました。

そこで行って見たものを生かし、発展途上国の現状を再現すべく、学校にいけない子供達が生活の為に、毎日運んでいる水の重さを再現した水瓶のレプリカを設置しました。

これを設置したことで、生活の為に使う水の重さを実感して頂き、子供達が学校へ行ける為には国の支援と協力の必要性を感じて頂きました。

 

映像では国境なき医師団として、活動されている方々のインタビューを流しました。

スポンサードリク

他にも自分達でも取り組める国際協力を探した事や、全校に呼びかけ文房具を寄付した事など実体験したことも発表しました。

 

このように自分達が興味を持って、様々な角度から調べられる物をテーマにすることで、より立体的に伝わる展示物になるのではないかと思います。

自分達さえ熱意を持って伝えれば、アイデアも浮かびますし、必ず相手にも伝わります。

一夏掛けて行ったので、私にとって今でも色濃く思い出となっています。

 

 

文化祭の展示ですごいと思った実例!インスタ映えにもなる出し物とは?

次に紹介するのが、せっかくの展示発表だから物作りしたい!という方にお勧めできる展示物です。

私の印象に残っているものや、やったら楽しそう!と思うものを紹介します!

 

定番!でも絶対に一度はお客さんに見られる階段アート!

階段アートはいかがでしょうか。

確かにどこの学校でもやられている印象はあるかと思いますが、絵を描くのが好きな人や自分の絵を見て欲しい人は是非一度はやるべきです!

なぜなら、階段アートはそこを通った人に必ず見て貰えるからです。

 

それにどの学校にも階段があります。

だから展示物としては非常にやりやすい。

サイズもビッグなので人数が必要ですが、その分団結感が生まれます!

上るのが大変な階段ですが、アートによって楽しくなること間違いなしです!

 

アットホームな空間で楽しめる!お手軽プラネタリウム!

星座が好きな方、星座の知識を発揮できるチャンスです!

模造紙を使ってお気軽にできます!

星座を調べ、穴を開け、ダンボールなどでアーチ状に組み立て作る事でできます。

 

しかし、穴を開けるだけだと星座として見にくい部分はありますが、アルミホイルやセロハンを駆使する事で、より星の美しさを再現する事ができました。

 

実際に、私達が作ったものは人が2〜3人ほどが入れるサイズだったので、持ち運びがしやすく、展示場所までの移動が楽でした!

製作時にどのようにして観覧者が楽しめるプラネタリウムにするか、実験を重ねてみるのもなかなか面白い取り組みになるのでは?!

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

一人一人のアイデアをまとめれば、自分だけでは思いもよらない作品が出来るのではないかと思います!

せっかくの文化祭ですので思い出に残るものにして頂きたいです。

何か展示したいときや展示物で迷われたとき、この記事が少しでも皆さんの作品の後押しになれば幸いです。