ホワイトデーのお返しに悩む彼氏へ!スイーツ毎で変わる意味の一覧!

趣味・イベント

スポンサードリク






2月14日、愛の誓いの日とされるバレンタイン。

男性は少なからずドキドキする日だと思います。

しかし本来のバレンタインというのは女性から男性へ贈るのではなく、

男性から女性へとプレゼントを贈る日なのです。

女性から贈るというのは日本特有の文化だったりします。

ではそのバレンタインのお返しの日とされている3月14日、ホワイトデー。

こちらも実は日本やアジアの特有の文化でヨーロッパには存在しません。

まぁバレンタインという文化の内容も違うので当たり前なのかもしれませんが…。

 

そしてここからが本題です。

「バレンタインにチョコレート貰ったけどそのお返しはなにがいいかわからない」

「乙女心なんかわからない」

「学生だからそんなにお金は出せないけどちゃんとしたものを贈りたい」

と悩み、頭を抱えているそこの男子のために、

今回はホワイトデーで送るといい意味のお菓子、

逆に悪い意味になってしまうお菓子。

そしてホワイトデーにぴったりな花言葉をご紹介していきたいと思います。

 

 

ホワイトデーのお返しの意味一覧!お菓子ごとに本命や義理の意味が?

スポンサードリク

ホワイトデーのお返しって、

「バレンタインはチョコもらったし、お返しはクッキーでいいかな」

「チョコレートもらったんだからチョコレートでいいや」

なんて思っていたりしていませんか?

 

実はこういうときのお菓子というのは大きな意味を持ち、

選択を間違えると相思相愛だったのに誤解されて、

気持ちが離れていったりする危険があります。

「そんなこと気にしてないでしょ」と思うかもしれませんが、

女性はロマンチックなことが好きなので、

結構プレゼントやホワイトデーのお返しの意味を調べ、覚えています。

なので、そんな悲しいすれ違いが起きないよう、

しっかりといい意味のお返しと悪い意味を持つお返しを覚えて、

ホワイトデーを素敵なものにしましょう。

 

それではまずはいい意味を持つお返しを覚えていきましょう。

キャンディー

キャンディーが持つお返しの意味は「あなたが好き」です。

なぜそんな意味を持つのか。

それはキャンディーは固くて割れにくく長い時間味が続く、

つまり関係が割れず長続きするという理由があるかららしいです。

比較的安く、色々なところで売っているので、

あまりお金がない中学生などにもオススメだと言えます。

 

マカロン

マカロンが持つお返しの意味は「あなたは特別な人」です。

この特別という意味は先ほど紹介した、

キャンディーの好きとは少し違う意味が込められていて、

恋人にももちろんピッタリなのですが、

ずっと仲良くしたい親友にも最適だと思います。

 

そしてなぜこんな意味を持つのか、

それはマカロンは値段が高くて他のお菓子よりも高級なものという

扱いをされているからです。

また同じ意味を持つお菓子としてカップケーキがあります。理由も同じです。

 

キャラメル

キャラメルが持つお返しの意味は「一緒にいると安心」です。

キャラメルに関しては明確な由来は分かっていないのですが、

おそらく口の中に入れたとき風味と甘味が広がり温かみを感じられることから、

そんな意味をつけられたのかなと思います。

スポンサードリク

贈る相手としては最近打ち解けた人などにいいと思います。

 

マドレーヌ

マドレーヌが持つお返しの意味は「もっと仲良くなりたい」です。

由来としてはマドレーヌは貝殻のお菓子で、

貝というのは2枚の殻がピッタリ合わさるため、

「円満な関係」、「縁結び」などを表しているから、

そういう意味がついたらしいです。

接点が今までなかったけど最近仲良くなった人などにいいと思います。

 

バームクーヘン

バームクーヘンが持つお返しの意味は「幸せが長く続きますように」です。

しかしこのバームクーヘンはホワイトデーだからこの意味がついている、

というわけではなく結婚式の引き出物として贈られることがあります。

なので既婚の人、またはカップルなどに最適だと思います。


 

ここからは悪い意味を持つお返しを見ていきましょう。

マシュマロ

マシュマロが持つお返しの意味は「あなたが嫌い」、

「女性からの愛(チョコレート)を柔らかく包んでお返しします」、

という意味が含まれています。

しかし「女性からの愛を純白に包んでお返しします」の意味もあるようです。

バレンタインではよく贈られることがあるマシュマロ、

ホワイトデーにそのまま返してしまうと、

大変な誤解をされてしまう可能性がありますので贈らないのが吉でしょう。

 

グミ

グミが持つお返しの理由は「嫌い」です。

しかしはっきりとなぜその理由なのかはわかっていません。

でも少なからずそういう意味で浸透しているので贈らない方がいいでしょう。

 

 

ホワイトデーのお返しでチョコやお菓子以外のおすすめは花!?

最後にちょっとしたテクニックとして、

ホワイトデーのプレゼントと一緒に、花を添えて贈ることをオススメします。

なかには嫌いな人もいるかもしれませんが、

大体の人は花をもらうと喜ぶ上に、

そこまで高価なものではないためとてもいいです。

そこでホワイトデーにピッタリな花言葉を持つ花をご紹介したいと思います。

 

赤いバラ

これは有名ですよね、花言葉は「永遠の愛」です。

 

白いユリ

白いユリの花言葉は「純粋」や「無垢」。

しかし白以外のユリはやめましょう。

 

オススメなのはこの二つです。

花をあげるときはしっかりと意味を調べておかないと、

大変なことになりかねないことも覚えておきましょう。

例えば桜。

桜の花言葉は国によって違うのですがフランス語だと「私を忘れないで」。

もし恋人がフランス人だったり、フランスが好きな人だったりした場合、

お別れな感じになったしまいますのでしっかりと調べておきましょう。

 

 

まとめ

ホワイトデーにどんなお返しをするのか、決まりましたか?

私はあまり意味などは気にしていないのですが、

中には気にしている女性もいます。

適当に返して関係を悪化させないよう、しっかりと下調べが大切ですよね。