ドアのノック回数は意味がある!マナーとしてビジネスで使える知識!

仕事

スポンサードリク






皆さんは、常識あるビジネスマンまたはビジネスウーマンだと思いますので、

相手の部屋を訪れる時、ちゃんと扉をノックしますよね。

普段は、「コン、コン」と2回ノックする人がほとんどかと思いますが、

ノックの回数で意味が決まっている事を知っていますか?

一回多くノックしたり、逆に一回少なくノックするだけで、

相手への配慮になったり、逆に不快にさせてしまったりします。

そこで今回は、ノックの回数で意味が変わる事を覚えて頂いて、

ワンランク上のビジネスマン&ビジネスウーマンになりましょう!

 

 

ドアのノック回数と意味は?マナーとしてビジネスの場で誤ると辛い?

スポンサードリク

世界ではノックの回数に意味があります。

知っているのと知らないのとでは、相手にとても失礼になります。

では、世界ではどういう風にノック回数を使い分けているのでしょうか。

 

ノックを4回

「コン、コン、コン、コン」と4回ドアをノック。

これが国際的なビジネスシーンで使われるノックです。

正式なマナーということですね。

海外の相手に対してノックする際は、こちらが望ましいです。

 

ノックを3回

「コン、コン、コン」と3回ドアをノック。

海外のマナーだと家族や友人などの親しい人を訪ねる時のマナーです。

ただ、日本はノックはドアを3回がビジネスマナーとして用いられています。

理由は、国際マナーに合わせてノック2回はやめた方がいいけど、

4回はしつこい感じがするからということみたいです。

実際のビジネスマナーの本にも「3回ノックすることが、適切。」、

というアドバイスが書かれています。

 

ノックを2回

「コン、コン」と2回ドアをノックする。

日本でおなじみの2回ノックですが、世界的なマナーだと“トイレノック”

と呼ばれ、トイレで空室であるかを確認するためのノックらしいです。

 

ノックを1回

「コン」と1回ドアをノックする。

さすがに1回だけノックする人はいないと思いますが、

失礼にあたるのでやめましょう。

 

 

ドアのノック回数の他にやり方も大事!叩く場所や速さは面接でも評価?

ノックの回数にこだわり過ぎてはいけません。

もし自分の職場で2回ノックすることが定着しているなら、

そのまま2回ノックの方がいいです。

自分だけ“これが国際マナーなの!”と3回ノックにこだわると、

1人職場で浮いてしまうこともあります。

場合によっては嫌味に受け取られてしまう事もあるので注意が必要です。

 

なので、相手の事を思って、優しくノックをしましょう。

つまり、回数よりも叩き方をこだわる方が良いです。

乱暴に「ドン、ドン、ドン」と叩くと、

相手に威圧感や不快感を与えてしまいます。

スポンサードリク

自分がこんなノックをされたら嫌ですよね。

逆に力を抜きすぎると、室内にノックの音が聞こえません。

ちょうど良いノックのコツとしては、

人差し指や中指の第二関節を使ってノックすると、音もクリアで強すぎず、

弱すぎず相手を不快にさせることなく、ノックが届きます。

 

また、扉が閉まっている時はノックをするけど、

扉が開いていたらそのまま室内の人に話しかける人がいると思いますが、

それはマナーとしては良くありません。

そもそもノックは扉の奥の人に対して

「入ってもいいですか?」と確認するための合図です。

なので、扉が開いていても閉じていても、

中の人へ合図するためにも必ずノックしましょう。

しっかりノックをして、「どうぞ」と声がかかってからドアを開けましょう。

 

さらに、声がかかる前にドアを開けてしまう人はいませんか?

ノックをしたから、入る意思を相手に伝えたからと、

ノックをして返事を待たずに開けてしまったことはありませんか?

ノックは相手に「入ってもいいですか?」と訪ねるための合図。

中の人から「どうぞ」と許しがあるまで扉を開けないのがマナーです。

 

私も以前、返事を待たずに開けてしまい相手に怒られたことがあります。

ビジネスで相手の部屋を訪れる際は、気を付けてください。

もしノックをしても、返事がない場合もあるかと思います。

返事がないからと勝手に入ってしまう人がいますが、

それは失礼ですので止めましょう。

 

もしかしたら、ノックが聞こえなかったり、

電話中などで、ノックに対して返事が出来ない状況の可能性もあります。

例えば、相手の家に行って1度チャイムを鳴らしても出ない時って、

もう一度鳴らしますよね。

それと同じです。今度は強めにノックしてみましょう。

それでも返事がない場合は、「失礼します。」と声をかけてから、

ドアを開けて室内を確認しましょう。

 

ちなみに、最後にちょっとした小話を1つ!

ベートーヴェンの交響曲第5番「運命」にある、

「ジャ、ジャ、ジャ、ジャーン」のリズムは、

運命が扉をたたく音という意味が込められているらしいです。

あんなに重厚感のあるノックをされたらビックリしますけどね(笑)

 

 

まとめ

2回・・・トイレノック(空室確認)

3回・・・世界→家族や友人などの親しい人に用いられる

     日本→ビジネスシーン

4回・・・国際マナーのビジネスシーン

 

海外の相手には4回することが望ましく、2回は失礼にあたるように、

相手によって、また、時と場合によって、使い分けることが重要です。

このマナーを覚えて、社会人として恥をかかないように、

また、同僚や上司に一目置かれるような、

1つ上のビジネスマン&ビジネスウーマンを目指してみてはいかがですか?

スポンサードリク






スポンサードリク






仕事
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!