岩塩は日本で採れない事実!食塩との違いや作り方から使い方とは?

暮らし

スポンサードリク






ミネラルや有機物などが含まれて、体に良さそうなイメージの「岩塩」!

普通の食塩より、岩塩を料理に使ってると、

それだけでなんかリッチな気分になれそうな感じがしませんか?

でも意外に、岩塩のことを実はよくわからない人もいらっしゃるかもしれません。

 

実は私も海外旅行のお土産にピンクの岩塩をもらったことがあるのですが

ラベルが英語表記でどんな料理に使うのかよくわからず、

しばらくは放置状態でした。

そこで今回は、岩塩は本当に体にいいのか?

という疑問や普通の塩との違いなど岩塩について詳しく説明していきます。

我が家が試した岩塩によく合う料理も紹介しますので、参考にしてくださいね。

 

 

岩塩と食塩の違いや作り方の比較!日本の塩の生産量が世界でも特殊?

スポンサードリク

「塩」は私たちの暮らしになくなはならない、とてもなじみ深いものだと思います。

塩=海水から作るというイメージがありますよね。

実は塩の原料は3種類あるんですよ。

 

「海水」

日本で売られている塩は、ほとんどが海水から作られたものです。

自然乾燥や煮詰めるなどで濃縮を重ねた天然塩や不純物を取り除いて、

塩化カリウム純度が99%以上の食塩、精製塩などが主な種類です。

でも実は、海水から作られる塩は世界中の割合でも約3割程なんですよ!

 

「塩湖」

塩分濃度の高いウユニ塩湖やグレートソルト湖など湖水から作られる塩で、

世界の生産割合は約1割程です。

生産量も少ないのでとても貴重で高価な塩なんですよ。

 

「岩塩」

一番、生産割合が高いものは岩塩から作られる塩で、

生産割合は約6割を占めています。

 

 

岩塩とはどんなもの?

岩塩とは、大昔の地殻変動などで陸地が隆起し、

閉じ込められた海水が結晶化した地層です。

何億年、何千年もの長い年月の中で結晶化した海の化石ともいえる岩塩は、

ピンクや赤、青や紫などさまざまな色があるのも特徴です。

色の違いは結晶化する途中で混ざった不純物や科学反応によるものなんですよ。

太古の地球の海水から作られた岩塩が、

何億年も後の私たちの食生活に生きているなんて、

とてもスケールが大きいですよね。

 

日本では岩塩は取れない!?

世界の塩の生産割合の6割を占める岩塩ですが、残念ながら日本では取れません。

岩塩が取れる地域は、北半球のヨーロッパ大陸や北アメリカ大陸です。

ピンクソルトで有名なヒマラヤやドイツアルプスなどが、

主な岩塩採掘の産地となっています。

つまり、日本で見かける岩塩は全て輸入物なんですね。

スポンサードリク

 

 

岩塩と食塩との成分比較!体に良いってよく聞くのは不純物が理由?

岩塩には何となく普通の塩より体に良いとイメージしていませんか

体に良いってどういうこと?普通の塩と何が違うの?と思いますよね。

そもそもどちらも元は海水から作られたもの。

海水の成分には塩化ナトリウムや塩化カリウム、硫酸マグネシウム、

硫酸カルシウムなどのミネラルが含まれています。

食塩や精製塩は、製造工程によってほぼ塩化ナトリウムのみの成分となります。

不純物が取り除かれた塩は、雑味がないので均一で塩辛く感じます。

一方、岩塩は採掘された後、そのままでは砂泥が混ざっているため、

一度溶解して異物を取り除き再結晶させます。

いわば海水の成分がそのまま残っているので、

味もまろやかでほんのりうまみを感じます。

 

この違いが「岩塩は体に良い」というイメージになっているのですね。

とはいっても、岩塩も塩に変わりはなく、

塩分の取り過ぎは高血圧や動脈硬化など、

心臓への負担が大きくなってしまいます。

塩分の取り過ぎには注意してくださいね。

 

 

岩塩と食塩の我が家おすすめの使い分け方!魚介類に振ると美味しい?

我が家にあるピンクの岩塩はいろいろな料理に試してみた結果、

魚介類に合わせるのがおいしいと家族の評判も良かったです。

特にエビの塩焼きは、しょっぱすぎず、まろやかな味で最高でした。

その他にもおにぎりに使ってみたり、

ちょっといいお肉に岩塩をふって焼くのもおいしかったです。

中でもおすすめは、天ぷらにつけて食べることです。

素材の味にさらにうまみが増す感じで、

一流料亭の雰囲気を楽しむことができますよ。

 

 

まとめ

今回は岩塩について詳しく説明しましたが、いかがだったでしょうか。

体に良いというイメージは、製法の違いによって、

原料である海水のミネラルなどの栄養が残っていることが

良いイメージにつながっていたようです。

ですが、岩塩から体に必要なミネラルを摂るには、

相当な量が必要なので現実的には無理です。

塩の取り過ぎには注意が必要なので、

野菜など他の食材から必要な栄養を摂る方が効果的。

 

むしろ、素材の味を引き出してくれる調味料のひとつが塩なので、

料理に合った岩塩を使いたいですね。

今は、通販サイトはもちろん、スーパーなどでもさまざまな岩塩が売っているので、

好みに合った岩塩を見つけてはいかがでしょうか。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!