初給料は親孝行のプレゼントをしない人が多い?割合やする場合の相場は?

趣味・イベント

スポンサードリク






新社会人の皆様、初めてのお給料をもらってからどれくらい経ちましたか。

初めて自分で働いてもらうお金。

私も働くのも初めてで戸惑うこともありましたが、

お給料日にはワクワクしていました。

何を買おうか?何に使おうか?楽しみで仕方がありませんでした。

 

今ではお給料に対して、金額はいくらになっているだろうか?

どうやって節約しようか?

そんなことばかり考えています。

ところでみなさんは、はじめてのお給料は何に使いましたか?

好きな物を買ったり、貯金したり。

よく聞くのが、初任給で親にプレゼント。

実際、初めてのお給料で親にプレゼントってされてるんでしょうか?

みなさんはされていますか?するべきものなんでしょうか?

私は初任給を貰った時に両親にはプレゼントをしなかったので、

世間的にどうなのか、見てみたいと思います。

 

 

初任給で両親にプレゼントしない派とする派の割合!景気も影響する?

スポンサードリク

私はプレゼントをしていないと言いましたが、

初めてアルバイトでお給料をもらった時は、

両親へではなく、祖父母へのプレゼントを購入しました。

これは大学に通うために実家から離れて祖父母の家で生活をしていたので、

面倒を見てくれた一番にお返ししたいと思ったからです。

祖父母は毎日晩酌をしていたので、

お酒をプレゼントし、いつもありがとうと伝えました。

これはアルバイトのお給料での購入なので、

初任給を社会人になってからの初めてのお給料というのであれば、

両親にも祖父母にも、プレゼントは買っていません。

今考えるとなぜ買わなかったのでしょうか?

普段から、誕生日や父の日、母の日でプレゼントを渡していたからなのか、

あまり覚えていません!

 

一般的にプレゼントをした人の割合を確認したところ、

約4割の人がプレゼントしていました。

約6割の人はプレゼントをしていないということです。

半分にも満たないんですね。

男女別でみてみると、女性は46%、男性は35%だそうです。

年代別でみても同じような割合で、女性の方が多いようです。

だいたいの年代で同じような割合でしたが、若干の差はありました。

 

特に、就職氷河期や、経済的に悪い時期になると、

プレゼントをした人の割合は少なくなっているようでした。

プレゼント以前に、生活が大切ですからね。

 

ということで割合的にみたところの結論は、

初任給で親にプレゼントをしていない人の方が多いということです!

スポンサードリク

プレゼントをするべき、ということはなく、

プレゼントをする、しないは自由だということかもしれませんね!

 

そして、プレゼントをしている人は、感謝の気持ちを伝えたい、

親孝行をしたいということが理由のようです。

プレゼントを実際にした人は約4割でしたが、

親孝行をしたいと思っている人は約8割だそうです。

さらに、社会人になってから親孝行を実際にした、

と言う人は約6.5割になったということです。

学生のときには難しくても、お金を稼げるようになったら出来ることです。

よく、卒業式や結婚式というイベントで、

両親への感謝の気持ちを伝えていると思いますが、

その感謝の気持ちを伝える為のイベントとして、

初任給や初ボーナスを活用していることが多いようです。

 

 

初任給での親へのプレゼントは食べ物が多い!相場の平均はいくら?

プレゼントをしているものの内容をみると、

一緒にご飯を食べに行く人や、デザートなどの食べ物を送る人が多いようです。

一緒にご飯を食べに行ったり食べ物を購入してきたりすると、

自分自身も一緒に食べることができ、

そこで、同じ時間・楽しみを共有することができます。

 

ストレートに現金をそのまま渡すことも多いようです。

物であれば、家電製品や日用品も多いですし、

普段から欲しがっているものを購入されることもあります。

また、これまで育ててくれた、働いてくれた苦労をねぎらって、

旅行をプレゼントする人も多いようです。

プレゼントは気持ちが何より大切なので、相場が決まっている訳ではありません。

ただ、平均的にいうと1万円程度が多いようです。

 

 

まとめ

初任給でプレゼントをしている人は約4割と案外少なかったですね。

感謝の気持ちを伝える為のイベントとして活用しているとは、

確かに良いアイディアですね!

するかしないかは自由です。

親に実際に初任給でのプレゼントに対して聞いてみると、

親からすれば、プレゼントをもらうとやはり嬉しいそうです。

ですが、必ずほしい、しなくてはならないというものではなく、

子供の成長そのものが嬉しいのだそうです。

プレゼントをすることだけが良いことではありません。

感謝の気持ちを伝える、その気持ちが大切なのですね。