水筒のカビ取りは洗剤じゃなく酢?日頃の洗い方から裏ワザ除去方法!

暮らし

スポンサードリク






最近は本格的に暑くなってきて、

出かける時には水筒を持って行く方も多いのではないでしょうか。

家から水筒を持っていけば節約になりますし、

ゴミも減って環境にやさしいですよね。

 

でもそんな水筒って、いつでも冷たいお茶を飲めてとても便利ですが、

長く使っていると着色が気になってきたりしませんか?

私は普段からよく水筒を持ち歩いているのですが、

いつの間にかゴムパッキンに黒い汚れが着いていることがありました。

いつもは水しか入れないので飲み物からの着色ではないはずなのに…?

と不思議に思いながら洗ってみてもなかなか落ちません。

どうしてだろうと思って調べてみたら、黒い汚れの正体は「カビ」でした。

実は水筒の着色の原因は飲み物の色だけではなくカビも関係しているんです…!

 

水筒についたカビは普段使っているような洗剤ではなかなか落ちません。

今回はついてしまったカビの落とし方や予防方法をご紹介するので、

水筒を使っている方はぜひ今日から実践してみてください!

 

 

水筒のカビの原因は洗い方?洗剤を使った効果的なお手入れ方法!

スポンサードリク

ちゃんと洗っているつもりでも、気付けばゴムパッキンにカビが生えています。

カビが生える原因は主に2つあります。

 

まずは「当分の多い飲み物を入れている」こと。

ジュースなど甘い飲み物を入れている方も多いと思いますが、

この糖分こそがカビのエサ!

甘い飲み物を入れているとカビが生えやすくなります。

特にスポーツをしている方ならスポーツドリンクを水筒に入れますよね。

でもできるだけ水筒に甘い飲み物を入れるのは避けるようにしましょう!

 

そしてもう一つの原因が、

「飲み物を入れたまま水筒を置きっぱなしにしている」ことです。

カビは湿気が大好物!

なので中身を入れっぱなしの状態で水筒を放置していると、どんどん繁殖します。

家に帰ったら中身はすぐに出して水筒を洗いましょう。

また、収納する際は水筒がしっかりと乾いていることを確認してくださいね!

 

カビの予防には水筒の洗い方もとても重要です。

水筒を洗うときは中性洗剤を使うことが大切!

私は水筒に水しか入れていないので、「水洗いだけでいいか~」、

と思って洗剤は使っていなかったのですが、これが失敗!

水洗いだけだと雑菌が残ったままになり、カビが生える原因となってしまいます。

さらに、水筒は細長い形をしていて底が洗いづらいですよね。

だからといってしっかり洗っていないと底に洗い残しができてしまいます。

100円ショップでもよく売っている棒付きスポンジなどを使って、

底までしっかり洗いましょう!

 

そして気になるゴムパッキンですが、こちらも中性洗剤で洗います。

ポイントは水筒とゴムパッキンを外して洗うこと!

つけたままの状態で洗うと、どうしても隙間が洗えておらず、

スポンサードリク

そこからカビが発生してしまいます。

付け置きするなどしてしっかり洗いましょうね。

洗い方を少し意識するだけでカビ予防に繋がりますよ。

参考にしてみてくださいね!

 

 

水筒がかび臭いならお酢を活用!パッキンの黒ずみは重曹とクエン酸!

さて、既にできてしまったカビはどうやって落とせばいいのでしょう。

タオルや衣服にカビが生えてしまった場合は

塩素系漂白剤を使用する方が多いのではないでしょうか。

 

しかし、水筒に塩素系漂白剤は絶対にNG‼

たしかにカビを落とすのに効果はあるのですが、

塩素系漂白剤を水筒に使うと錆びの原因となってしまいます。

ただ、塩素系漂白剤に弱いのはステンレス製の水筒だけ。

プラスチック製の水筒であれば使って大丈夫です!

 

また、ゴムパッキンは漂白剤を使ってよいものと使えないものがあるので、

取り扱い説明書に従って使用するようにしましょう。

そして、熱湯消毒するのも実はダメ!

熱湯消毒や煮沸消毒は部品の変形などにつながります。

こちらも、熱湯消毒・煮沸消毒に対応しているものと

対応していないものがあるので説明書を要チェックですね!

 

肝心なカビの落とし方ですが、なんと「お酢」で落とすことができます。

実はお酢は殺菌作用があり、水筒のカビだけでなく水垢も落とす効果があります。

やり方もとっても簡単!

お酢とお湯を1:10の割合で混ぜたものを水筒の中に入れ、

ゴムパッキンも浸した状態で1~2時間放置しておくだけです。

 

家にあるものでできるので嬉しいですね。

お酢ではゴムパッキンのカビが落ちなかった…

という方は重曹とクエン酸を使いましょう!

重曹とクエン酸を50℃ほどのお湯に入れ、

ゴムパッキンを一晩くらい浸けてください。

カビが取れてきれいになりますよ!

 

重曹には臭いをとる効果もあります。

毎日水筒にお茶やコーヒーを入れていると

洗っても落ちない嫌な臭いがついてしまいますよね。

500mlの水に重曹を小さじ1、2杯ほど混ぜ、

水筒に入れて一晩置いておくだけで臭いも綺麗さっぱりなくなります。

化学系の洗剤や漂白剤は必要ないので、

飲み物を入れる水筒にも安心して使えますね!

 

 

まとめ

水筒のカビは家にあるお酢で簡単に落とすことができますし、

普段の洗い方を気を付けるだけでカビ予防にもなります。

これからの季節に大活躍な水筒なので、

常にきれいな状態で使えるようにしたいですね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!