偏光のサングラスでも運転は危ない?レンズの選び方や種類も解説!

暮らし

スポンサードリク






みなさんはサングラスって普段かけますか?

私は普段サングラスをかけることはないのですが、

車の運転の時にかけることが多いんです。

運転するからといって毎回かける訳ではありません。

 

時間帯によって日の光が眩しすぎて、見えない時にかけています。

朝日が眩しい時や夕方のちょうど日の入り前の時間帯です。

眩しいだけであれば、まだ良いのですが、

私は、眩しすぎると涙がでてくるので、運転に支障がでてしまうのです。

 

サンバイザーをおろすこともありますが、角度によっては無意味で、

助手席側から日がさしたりして眩しいままです。

なので、サングラスをかけることが多くなります。

 

でも、ある日のことです。

旦那が車好きなので、よく車に関する掲示板を見るのですが、

そこで、辛い書き込みを見つけました。

「サングラスをかけて運転してるやつはかっこつけてるだけ!危険だしやめろよ」

なんて書き込みです。

 

自分もサングラスをかけているし、逆にかけないと危ないので、

実際にはどうなのか気になるし、調べてみました。

今回はそんなサングラスと運転の関係について、ご紹介したいと思います。

 

 

サングラスをかけての運転は危ない?透過率の規格と法律違反の関係は?

スポンサードリク

日差しが眩しいのに、運転を続けると事故の原因になります。

なので、サングラスをかけること自体は危ないことではありません。

日本の法律では、サングラスをかけることに対して、

規制や違反とされるようなものはありません。

 

サングラスをかけること自体が危ないということはないのですが、

サングラスの種類やかける場面によって、確かに危険となる場合もあります。

また、目にとって悪い場合もあります。

あまりにも濃い色のサングラスをかけると、

信号や標識が見えづらくなることもあります。

これは、JIS規格にもきちんと記載されており、

その基準に準じて使用しなければ交通違反にもなりかねません。

 

JIS規格では、以下と定められています。

昼間の運転・・・視感透過率8%以下のレンズの運転用、路上での使用禁止
夜間の運転・・・視感透過率75%未満のレンズの薄暮、
        または夜間時における運転用、路上での使用禁止

眩しい時間帯であれば、サンバイザーを下す人もいると思いますが、

サングラスはサンバイザーとは違い、視界の邪魔になることはありません。

角度によって眩しくなることもありません。

また、不意に眩しくなるような場合でも、サングラスをかけることで、

眩しくならずに運転を続けられます。

紫外線から眼を守ってくれる役割もしますので、目も疲れにくいです。

サングラスをかけることで、このようなメリットがあります。

 

 

夜間も使える運転用のサングラスでおすすめの選び方!偏光レンズは必須?

スポンサードリク

夜に真っ暗になった時や、トンネル、高架下など、

暗くなってしまう場所では、サングラスの種類によっては、

さらに暗くなってしまい、見えなくなってしまいます。

危なくない、運転に向いているサングラスをかける為にも、

どんなサングラスが良いのか、知る必要があります。

次に、そのサングラスについて説明したいと思います。

色が濃ければ良いというものではない!

紫外線カットのサングラスを選ぶ!

サングラスは、基本的にカラーレンズを使用して

太陽光を和らげるという単純な構造の物が多いです。

色が濃いものを選ぶと、光をよりカットできると思いがちですが、

トンネルや高架下に入ると、暗すぎて見えなことが起こってしまいます。

トンネルに入る度にサングラスを外さなければならなくなり、

事故につながりかねません。

 

ただ光を遮るという機能だけを目的として、

色の濃いものを選んだりすると、運転にはよくありません。

眼は光が減ると瞳孔が広がる仕組みになります。

その為、サングラスをかけると眼に入る光が減り、眩しさはなくなります。

しかし、瞳孔が広がったにも関わらず、紫外線は入ってしまいますので、

眼が疲れてしまいます。

その為、サングラスは、光をカットする為を考えて、

色の濃い物を選べばよいという訳ではなく、

UVカット、紫外線カットの割合を確認することもとても大切です。

 

偏光レンズのサングラスを選んで!

UVカットの割合で選ぶのも良いですが、

偏光レンズであればさらに運転に適しています。

 

偏光レンズとは、特定の波長や雑光、乱反射をカットする特徴があるレンズです。

普通のサングラスでは、周囲の景色が映りこんだり、

地面からの照り返しや他の車の反射した光が入ってきますが、

偏光レンズは、こういった現象を軽減してくれます。

視界がくっきりとして、白線などが見やすくなります。

ただ、テレビなどの画面が見づらいという特性がある為、

カーナビを見たりすることがしづらいかもしれません。

 

 

まとめ

このように、サングラスをかけると危ないということではなく、

かけるサングラスによっては危なかったり、

場面によっては危なかったりするだけです。

むしろ、眩しくて見えないのにそのまま運転している方が危ないです。

サングラスにも種類があるので、

紫外線カットやレンズの種類を確認して使い分けるようにしましょう。

夜にかけることは危ないと言いましたが、

夜の方が、対向車のライトが眩しいという人もいます。

夜にかけられるサングラスもあるようなので、ぜひ調べてみてください。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!