マスクを再利用する私の洗い方!不織布マスクとは再利用できるのか?

暮らし

スポンサードリク






新型コロナの影響でマスクが欠かせない日々ですよね。

使い捨てマスク、洗いOKなマスク様々なマスクが販売されています。

そんな中でも使い捨てマスクの不織布は一度使うと、

使えないイメージが強いと思います。

私もマスクによって洗える事ができると知る前は毎日捨てていました。

そこまで今回はマスクの再利用について詳しくまとめてみました!

 

 

不織布マスクとは?読み方や再利用の可否から他のマスクとの違い!

スポンサードリク

最近は様々なマスクが販売されています。

使い捨てから、洗いOKのマスクとどれを買うか悩んでしまうほどです。

そんなマスクには一体どういった違いがあるのかまとめてみました。

 

不織布マスクとは?

不織布はフェルトのような繊維になった生地を、

何枚も組み合わせて作られているマスクになります。

細菌の粒子やホコリをしっかりキャッチしてくれる仕組みになっています。

また、通気性も良いため熱が籠りにくいつくりになっています。

ちなみに読み方は「ふしょくふ」です。

日頃から目にしますが、中々一回で読めませんよね!

 

洗い替えOKなマスクとは?

洗い替えが出来るマスクは、手洗いで洗えるものから、

洗濯機に入れて洗えるものがあります。

素材に使われている生地も様々あり、コットンやシルク、

ポリウレタンなど種類が豊富にあります。

市販で販売されている洗い替えOKのマスクは、

通気性がよく快適に使えるポリウレタン素材のマスクが多いです。

 

不織布は再利用できる?

不織布は使い捨て前提に作られています。

そのため洗って使うとフィルターの部分が痛んでしまい、

機能性が落ちてしまうと言われています。

新しいマスクよりは性能が落ちますが、洗って使えない事はありません。

しかし、洗って使うようにはできていないため、

どこのメーカーも洗って使う事はおすすめしていません。

 

 

不織布や再利用可能な生地のマスクの洗い方!手洗いで優しくがコツ!

新型コロナの影響でマスクをどうしても再利用しないとマスクがない!

スポンサードリク

なんて事があると思います。

そんな非常時のためにできるだけダメージが少なく、

機能を落とさないマスクの洗い方をする事で、何とか再利用していました。

ここでは私が実際にやっているマスクの洗い方をご紹介します。

 

○準備するもの

・衣料用ハイター(色落ちしないもの)
・衣料用洗剤(柔軟剤入りでもOK)
・バケツ
・清潔なタオル
・水

 

○手順

手順は以下の大きく5工程の洗い~乾燥です。

1.ハイターで浸け置き

バケツにマスクが浸るくらいの水を入れます。

そこにティースプーン一杯ぐらいの衣類用ハイターを入れ、

10分から20分間程度の浸け置きします。

部分的に汚れていれば、直接そこに少量の衣類ハイターをつけると、

汚れが落ちやすいです。

 

2.手洗い

浸け置きが終わったら押し洗いで優しくマスクを洗います。

※もみ洗いはフィルターを痛めてしまうのでやめましょう。

衣類用ハイターがしっかり落ちるようにもみ洗いをしましょう。

 

3.洗剤で浸け置き

新しくバケツに水を張り、衣類洗剤をティースプーン一杯入れます。

この時手で少し水をかき混ぜておきます。

かき混ぜたらマスクを10分程度浸け込みます。

 

4.手洗い

優しく押し洗いしながら汚れを落として行きます。

 

5.すすぎ~水分取り

何度か水を変えながら押し洗いして洗剤が落とせたら、

清潔なタオルをつかって水分を落とします。

※必ず清潔なタオルで叩きながら水分を落としまします。

脱水にかけると痛んでしまうのでNG。

 

6.乾燥

しっかり水分を落としたら部屋干しで乾かして完了です!

※外干しは外に潜んでいるホコリなどがつきやすいため

必ず部屋干しで乾かしてくださいね。

 

 

まとめ

今回はマスクの再利用について詳しくまとめてみました。

洗ってしまうと機能性は落ちてしまいますが、

マスクが無くて付けないよりは安心だと思います。

これを参考にマスクの再利用にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!