必見!習い事の大人の選び方!失敗続きの私が培った考え方をご紹介!

趣味・イベント

スポンサードリク






大人になってから、資格取得や趣味等、新しいことを始めたい!

そう思って、社会人サークルに入ったり、

習い事を始める人も、少なくないのではないでしょうか。

 

私も、スポーツから学び系、音楽系と色々やってきましたが、

ヨガスタジオのあまりの混雑に嫌になってしまったり、

通ってみると意外と場所が遠かったりして、続かなかったものもありました。

また、わざわざ高い授業料を払って教室に通わなくても、

別の方法で学べたのではないかと思い直したりすることも。

 

私の大人の習い事選びのコツは、以下だと思います。

  • まず目的に合わせて絞り込む!
  • 体験に参加してみる!

  (その際にキャンペーンなどを利用するのかを、あらかじめ考えてから参加する。)

 

そして、

  • 企業が経営しているスクールに通うのか。
  • オンライン等で、個人でレッスン生を募集しているスクールでも十分なのか。

といったことをよく検討することで、通い出してからの失敗が減らせると思います。

 

今回は、習い事選びに失敗しないための選び方について、考えてみたいと思います。

 

 

習い事のバリエーションや種類を分布しよう!やりたい事が見えてくる?

スポンサードリク

大人の習い事を、大きく5つのジャンルに分けてみました。

こうして分布するだけでも見え方がまた違って、視野が広くなると思いませんか?

ぜひ少しでも興味がある習い事を書き出して眺めてみてください!

 

①スポーツ系
ヨガ(ホットヨガ)、スポーツジム、パーソナルトレーニング
キックボクシング、ボルタリング、ダンス、水泳、バレエ etc

②学び系
英会話など外国語、プログラミング、Webデザイン、ペン字、
喋り方、着付け、書道 etc

③モノづくり系
料理教室、フラワーアレンジメント、陶芸、アクセサリー作り etc

④音楽系
ピアノ等楽器の演奏、カラオケ、声楽 etc

⑤美容系
パーソナルレッスン、メイクレッスン etc

これだけでも、色々な習い事がありますね。

見ただけでもワクワクしてきますが、どうやって選んでいくかを見ていきましょう。

 

 

習い事で大人が失敗するポイントは下調べ不足と選び方の絞り込み不足?

まずは、目的に合わせてどの習い事をしたいのか、絞り込んでみましょう。

資格取得やスキルアップ、仕事に生かしたいのか、

趣味を増やすことで、プライベートの充実をしたいのか。

 

同時に何個もスタートしてしまうと、

費用的にも、体力的にも無理が生じる可能性がありますので、

スポンサードリク

まずは落ち着いてシミュレーションをしてみると良いでしょう。

 

また、習い事によっては、予想外の出費がかかるケースもあります。

ピアノやダンス等発表会の費用、

着付けや茶道等道具をこまごまと揃える必要があるもの、等

下調べは入念に行うことをお勧めします。

本当にこの「絞り込み」と「下調べ」は時間を掛けましょう!

ここを勢いで行ってしまうと続かなかったり、『習い事はこんなものか!』と、

大枠としての習い事自体に意欲を無くしてしまいます。

 

 

習い事の無料体験に参加するときの注意点!入会は想定しておこう!

やってみたい習い事を絞り込んだら、

大体のレッスンは無料か安価での「体験」ができるようになっていますので、

まずは体験に行ってみましょう。

体験に行くことで、場所のイメージや、実際の内容の向き不向き、

どんな先生がいるのかを、実際に見て見極めることができます。

 

ここで気を付けたいのは、

「体験当日に入会すれば、入会金無料!」

というキャンペーンを行っている教室が少なくないことです。

私自身も、体験だからと気軽にヨガの教室に参加したところ、

上記のようなキャンペーンを勧められ、

即決できずに無理を言って1週間待ってもらった、という経験があります。

 

ヨガ教室でしたので、入会金は数千円~1万円前後の金額でしたが、

特に英会話教室やパソコン教室などは、かかる金額が高額になります。

入会の可否の心づもりが、ある程度必要になってくるかと思います。

 

 

習い事の選び方は教室でなく個人レッスンも!忙しい大人もやりやすい!

体験レッスンでも決めきれなかった場合、

個人で「先生」として活動している人に習うこともお勧めです。

最近では、そういった「先生」と「生徒」を結びつけて、

レッスン予約ができるサイトも人気があります。

 

なので、高額な入会金が必要な企業のスクールに通う前に、

こういった都度払いや単発レッスンOKなシステムを利用してみるのも、

ひとつの選択肢だと思います。

 

実際、私も音楽系の習い事をしていましたが、

当初は入会金+月謝+楽器によってはレンタル代がかかっていました。

習い事の支払いによる固定費が圧迫してきたため、

結果的に3か月ほどでこのスクールを辞めて、

今はそこの半額ほどの金額で、楽器を習っています。

 

 

まとめ

以上、習い事を選ぶときに、失敗しないためのポイントをまとめました。

  • いくつも同時にはじめない!
  • 体験レッスンに行ってみる!
  • 体験レッスン時のキャンペーンに注意する!
  • CtoCのレッスンサービスも視野に入れて選んでみる!

自身の目的とスクールとの相性、ライフスタイルに合わせて、上手に習い事を選びましょう!