家事分担は共働き家庭におすすめ!分担表で夫に協力してもらおう!

家族

スポンサードリク






共働き家庭では、女性だけで家事を全てこなすのは

不公平な気がしますし、大変ですよね。

仕事から帰ってきて家のことを全部していたら

自分の時間なんて全くなくなってしまいます。

 

そんな生活をしているとストレスが溜まって

夫婦喧嘩の引き金になりかねません。

子育て中なら余計に大変ですし…。

そのためにもさりげなく夫に家事を協力してもらうのが

今後の夫婦生活のためにもいいでしょう!

 

今回は家事分担表をつかってできる、

共働き家庭でも女性だけが頑張らなくていい方法を

ご紹介します。

 

ぜひ共働き中の家事に悩んでいる方は参考にしてみてください!

 

 

家事の分担を夫にもしてもらう方法とは!?

スポンサードリク

旦那に家事をしてほしいがあまりに

頭ごなしに「あれして!これもしてよ!」

なんて言っていませんか?

こんな風に上から命令のように言われると

男性はやる気がなくなってしまうものです。

 

お互いにストレスにもなりますしこんな家事のさせ方はやめましょう。

 

男性は明確に今やるべきことが見えるほうが

自分で考えて行動してくれやすいんです。

そのためにも、まずは1日の家事表を作り

目で見てパッとわかるようにすることが大事です。

そうすることで、旦那さんは今これをやるといいのか

など自分で考えて行動してくれるようになります。

 

そしてもっとも大事なのが、

旦那がやってくれたことに文句を言わない!

必ずやってくれた後には「ありがとう」を伝えましょう

 

そうすることで旦那さんの自信もつきますし、

やる気を失わせないで継続して協力してもらうことができます。

男性に限らず人は褒められたいものですよね。

 

女性でも毎日の家事に何の感謝もしてもらえないと

どんどんやる気もなくなりますし、

苦痛になっていってしまいますよね。

 

旦那さんも同じで褒めて感謝を伝えることで、

妻に頼られていると意識して

だんだんと自分から行動してくれるようになります。

 

分担表を作って実践する際にも

「私だけこんなにやっているからあなたもやって」

などとは絶対言わずに

「もし手が空いているときにできることがあれば

協力してくれると嬉しいし助かるからお願いしてもいい?」

など、強制ではない感じで伝えてみてください。

最初に嫌だと思われてしまうと

今後やってもらうのが困難になりかねません。

 

 

思ったより簡単!共働きの家事分担表の作り方!

家事分担表はホワイトボードや紙に手書きしたり

パソコンで作ったりしたものでも構いません。

 

家事分担アプリもおすすめです!

我が家で使用しているアプリは、家事をタスク形式にして共有できて、

やったものにはチェックを付けられるので、

お互いがどのくらいやっているのかがわかりやすいです。

 

そして、家事分担表を作る上でのルールがいくつかあります!

それはできるだけ具体的に細かく決めることで、

次のようなイメージです。


◇家事は大まかではなく詳細に書く

たとえば「料理・掃除」など大まかに書いても

料理なら「皿洗い・調理・あと片付け」などがありますよね。

 

掃除も「掃除機・台拭き・トイレ掃除・お風呂掃除」

などおおくのことがあります。

 

なので、細かく書いていた方が

内容もわかりやすく家事の効率アップにもつながるんです!

 

旦那さんも、「料理」だけだと難しい気がして

スポンサードリク

やってくれなそうですが

「皿洗い」や「後片付け」などなら俺でもできると

やってくれそうじゃないですか?

夫はゴミ捨てや食器洗い、台拭きなどは

敷居が低いらしく率先してやってくれます♪

 

ですから家事分担表を作る際には

レベルが低いちょっとした家事も入れておくと

ゲーム感覚でやってくれるようになりますよ♪

 

 

◇朝昼夜の時間帯に分けて作る!

朝昼夜と大まかに時間を分けて作ることで

今やるべきことがわかりやすくなるので

今はそれしなくていいから!!

なんていらいらすることがなくなりますよ。

 

共働きでどちらも昼間はいないなら

朝夜だけでも大丈夫です。

ご家庭の生活に合わせて作ってみましょう。

 

 

◇初めから担当を決めない!

分担表を作るときに最初から担当を決めておくと

夫のモチベーションも上がらず

妻自身もできてない夫にイライラするので

長続きしません!!

 

余計に関係が悪くなることもあるので

分担表には担当は決めずに

やった人がチェックしてく方式にしましょう。

この2点だけでも守れば分担表が

逆効果になることはないでしょう!

 

内容はやっていくうちに増やしたり減らしたり

できるので最初から詰め込みすぎる必要はありません。

分担表を作るときに、できれば旦那さんと一緒に作れれば

お互い意見を出しながら作れるので

後々文句も出にくくなりますよ♪

 

 

 ▼家事分担表の運用 

ホワイトボードや紙に項目を書きだして

冷蔵庫に貼っておきます

後はそこに色分けして(赤と黒など)

チェックを入れていくだけなので簡単♪

 

直接書くと消したり書いたりが大変なので

私のおすすめは磁石です♪

冷蔵庫にもペタッと貼れますし

色違いの磁石が2種類あれば項目に貼るだけで

誰がやったか簡単にチェックできます♪

 

出費を抑えたいなら100均などにあるマグネットシートに

色を塗ったりシールを貼ったりして

好きな大きさにカットすれば十分使えます!

 

ネットで家事分担表と検索すれば

様々な作り方のアイデアが見られるので

ぜひ自分たちに合った方法で作ってみてください!

 

 

まとめ

・「ありがとう」をわすれない

・ダメ出しは禁物!

・小さい家事も取り入れる

・時間帯で分けて今やるべきことを明確にする!

・最初から担当は決めない

・夫の意見も取り入れて作る

 

家事分担だけにかかわらず夫婦に大事なことは

「ありがとう」の言葉だと思っています。

今まで「ありがとう」を言ってくれない

旦那さんだったとしても、あなたが「ありがとう」を日ごろから

伝えるうちに自然と言ってくれるようになるでしょう。

 

家事分担は期待しすぎず、押し付けすぎないことが大事です!

自分ばかりやっているようだとしても

何か一つでも自分から旦那さんがやってくれたら

ちゃんと感謝を伝えましょう。

 

その積み重ねで、旦那さんも日に日にやる気がでてくるはずです!

 

ぜひ家事分担表をうまく活用して家事の負担を減らしつつ

いい夫婦関係を築いていってください♪

スポンサードリク






スポンサードリク






家族
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!