無洗米と普通の精米との違いとは?洗う工程も栄養もないって本当!?

レビュー

スポンサードリク






私たちの食生活に欠かせないお米、

毎日食べるものなのでお米にはこだわっている人もいますよね。

でも、お米を炊くにはその前に研がなけらばならない…

この作業、とても面倒くさくないですか?

 

我が家はよく食べてくれるので、朝炊いたお米が夜にちょっと足りない時など、

多い時で1日2回研ぐ日もあるんです。

これが本当に面倒くさい!冬だと手が冷たくなったり、手荒れがひどくなったり…。

でも家族においしいご飯を食べてもらいたいから我慢、我慢…

それ、わかります!という主婦の方も多いんじゃないかなと思います。

 

それなら無洗米にしてみませんか?

普通のお米より味が落ちるんじゃないかなとか、高いんじゃない?

というイメージの無洗米ですが、そんなことありませんよ。

我が家は、お米を研ぐことをやめて無洗米にしました。

一番の効果はやっぱり楽!

 

なんでもっと早く変えなかったんだろう?というくらい、楽しています。

今回は無洗米にしようか迷っている人に、おすすめ理由を紹介しますね。

 

 

私が無洗米をおすすめする理由!普通のお米と違う一番の魅力はこれ!

スポンサードリク

我が家がなかなか無洗米にしなかった理由は、次の3つです。

  • 普通のお米の方がおいしいから
  • 無洗米はちょっと高い
  • 無洗米だと、なんとなく手を抜いているような気がするから

 

そうなんです。

無洗米にしようかなと思いながらも、なんとなく変えづらかったんです。

ですが、共働きで子育て中の私は、仕事と家事の両立が大変で、

「どこかで手を抜きたい!」という切実な想いがありました。

そこで、少しでも家事が楽になるよう、無洗米に変えてみようと思いました。

無洗米にすれば家事の時短になるし、

なによりあの面倒くさいお米を研ぐ作業をやめたかったんです。

 

無洗米に変えて、毎日のお米研ぎから解放されるし、手荒れは良くなるし、

なんといっても楽!と良い事づくめでした。

無洗米にしようか迷っている人が気になるのは、

「味」や「ちょっと高い」ことだと思います。

そこで実際はどうなのか調べてみることにしました。

 

 

無洗米と普通の精米との違いとは?普通のお米も無洗米で食べられる?

そもそも普通のお米と無洗米は何がどう違うのでしょうか?

無洗米は特別な銘柄なんでしょうか?

実は精米も無洗米も元は同じ銘柄で、

違いは「肌ぬか」を取り除いてあるか、ないかだけなんですよ。  

なので、どんな銘柄も無洗米にできるそうです。

 

普通のお米は「精米」と呼ばれています。

炊く前に水で研ぐのは、お米の表面に残っている「肌ぬか」を取り除くためです。

研ぐと、水が白くなりますよね。あれが肌ぬかです。

無洗米はあらかじめ肌ぬかを取り除いてあるので研ぐ必要がないんですよ。

 

 

無洗米は味が落ちる!?実は炊き方に普通のお米との違いがあるから!

以前は、普通のお米に比べて無洗米はパサパサして、

何となく美味しくないなーというイメージを持っていました。

 

でもパサパサは、炊く前に充分に水に浸していないからだったんです。

無洗米は研ぐ必要はありませんが、

精米と同じように30分~1時間くらい水に浸して、

スポンサードリク

しっかり水分を含ませてから炊かないとパサパサになってしまうんです。

 

「あれ?結局、精米も無洗米も水に浸す時間が変わらないなら、

 そんなに時短にはならないんじゃない?」

と、思う人もいますよね。

そうなんです。時短になるのは、研ぐというわずかな時間だけ…

それでも、研いで水を捨てて、また研いで水を捨てる…

と何度も繰り返すあの作業をしなくていいだけでとても気楽になれるんですよ。

 

 

普通の精米より無洗米は値段が高い!浮いた水道代料金との比較結果!

無洗米は、特に無洗米専用の銘柄ではなく、普通のお米と同じ銘柄です。

なのに、なぜ無洗米はちょっと高いのか?

先ほども説明したように、お米の表面の「肌ぬか」を取り除くコスト分として、

精米より無洗米の方がちょっと高いんですね。

 

10kg のお米で比べてみると200~400円くらい無洗米の方が値段が高いです。

1袋なら数百円でも、月単位や年単位でみると何千円の差になってしまいますね。

我が家がなかなか無洗米にできなかった理由のひとつが、精米より無洗米が高いから。

 

「でもちょっと待って!その分、水道代を節約できるんだからいいのでは?」

そう思う人もたくさんいると思います。これも調べてみました。

ある調査で、1日3合の精米を研いだ場合と無洗米にした場合、

水道代は年間500円程、無洗米の方が安くなるそうです。

え?それだけ?残念ながらあまり節約にはなっていませんね。

 

でもものは考えよう。

お米を買う時、数百円安い精米を横目に高い無洗米を買っても、

長い目でみると年間500円も節約できるんですよ!

しかもあの「お米を研ぐ作業」をしなくていい!

一石二鳥ではありませんか?

さらに、お米を研がないので捨てる水が出ない→環境に優しい!

という一石三鳥の嬉しさ!

 

 

無洗米に栄養価はない?実は精米と比べてもでんぷん成分はある!

精米と無洗米を比べて栄養面はどうなの?と気になる人もいると思います。

「あらかじめ「肌ぬか」を取り除いてあるってことは、栄養もなくなっちゃってるのでは?」

と思っちゃいますよね。

実は栄養面でも優秀な無洗米、その理由はまさに研がないことなんですよ。

 

無洗米を水に浸すと白く濁ることがあります。

これはぬかの汚れではなく、お米のでんぷんなんですよ。

精米を研ぐと白く濁るのは「肌ぬか」が取れているわけですが、

研ぎ過ぎるとぬかだけでなく、うま味成分のでんぷんも流れてしまうんです。

 

白く濁る水のどこまでが「ぬか」で、どこからが「でんぷん」なのか、

なかなか見分けがつかないですよね。

無洗米は余分な「ぬか」は取り除かれていても、栄養はきちんと残っています。

水で洗い流さないのでしっかり栄養を採ることができますよ。

 

 

まとめ

無洗米にしようか迷っていた我が家ですが、

思い切って変えてからとても楽になりました。

時間やお金の節約はちょっとしか効果がありませんでしたが、

家事や子育てにも心に少し余裕ができたと思います。

 

無洗米は手抜き?いえいえ、そんなことありません。

味や栄養面もばっちり、水道代も少し節約できて、

さらに家事の時短にもなる無洗米を使わない理由がないですよね。

さあ、今日から無洗米を食べましょう!おすすめです!

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!