ファスナーやチャックが噛んだ時の直し方!再発防止のコツも紹介!

暮らし

スポンサードリク






チャック、いわゆるファスナーですね!

普通にスルスルと動いてくれるのなら良いのですが、

時々ファスナーが布を噛んで動かなくなるんですよね。

 

ファスナーがついているもので、一番身近なものは服です。

運動する時のジャージだったり、冬の上着だったり、

特に古くなった服とかよく噛むんですよ。

急いでいるのに噛んで動かなかったりして、もうイライラが止まりません!!

 

少し噛んだだけなら、ファスナーを元に戻して直すことができるのですが、

強く布が噛んでしまったら、なかなか戻らなくて、

どうしようもなくなってしまって。

後にも先にも動かせず、諦めて置いておくこともあります。

 

しかも、物によっては、布に型がついてしまっているのか、

何回も同じところで布が挟まって噛んでしまうんです。

 

そんなファスナーが噛んでしまったとき、簡単に直す方法があるようです!

また、噛みにくいようにする方法もあります!

 

そんな便利なことは、みなさんと共有したいと思います!

 

 

ファスナーやチャックが噛んだり閉まらない!応急処理の治し方2選!

スポンサードリク

ファスナーが噛んでしまったら、対処する方法がいくつかあります。

 

反対方向に動かす

布を左右にひっぱって、噛んでしまった方向と反対向きに、

ゆっくりファスナーを動かしてみてください。

 

ファスナーを無理に動かそうとして力いっぱい動かすのではなく、

あくまでもファスナーはゆっくり!

力いっぱい引くのは、布の方です。

 

シリコンスプレーをかける

ファスナーが古くなると動きづらくなって、噛みやすくなります。

噛んでしまってもとに戻そうにも、動かないとどうにもなりません。

 

ファスナーが滑りやすくなるように、シリコンスプレーを使います。

ファスナー自体が動きやすくなると、噛んだ布も外れやすくなるようです。

でも、スプレーをかけ過ぎると布にシミができるので、ご注意ください。

 


 

ファスナーの噛み具合がよほど酷くて、上の2つも効果がない場合、

それ以上は無理に動かさないことが大切です。

 

元に戻そうと下に引っ張ったり、布を避けようと進めたりすると思いますが、

スポンサードリク

さらに布が食い込んでいってしまい、さらにひどくなる可能性があります。

そこはぐっと我慢してくださいね!

 

クリーニング店や修理のお店でも直してくれるようなので、

自分で直すのは諦めてプロに任せることが一番です。

 

ドライバーで布とチャックの間に隙間を開けて直す方法もあるようですが、

それにはコツも必要で、無理に自分でやるとファスナーの部品が折れたり、

壊れてしまう可能性があります。

注意してください!

 

 

ファスナーやチャックは一度噛んだら何度も!修理を自分でする方法!

1回噛んでしまったら、同じところで何回も噛みますよね。

噛み癖がついちゃうようです。

 

その原因はやっぱり、布が折れて型がついてしまっているからなのです。

型がついて布が浮くので、布がファスナーに近くなって噛みやすくなるんです。

 

もし何度も噛むようになったら、

型がついた布を元に戻す為のひと手間を加えましょう。

①裏からアイロンをあてます。必ずあて布をするように!
②折り目がついてしまった布をアイロンで整えます。
→こうすることで、元の位置に戻るので、噛み癖が無くなるのです!

 

また、噛んでしまった時の対応でも伝えましたが、

ファスナーが滑りやすくなることも対応の一つです。

スプレーで滑りやすくしてあげましょう。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

ファスナーが噛んだ時の対応や噛まないようにする方法は、

意外と簡単ではなかったでしょうか?

 

噛んでしまったら引っ張って直したり、酷ければプロに任せたりしましょう。

噛み癖を直すには、アイロンをあてるというひと手間を加えましょう。

面倒くさがらないで!

もしお困りの場合は、ぜひ試してみてください!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!