飛行機内の持ち込み禁止は液体?お土産やお菓子もサイズに制限が!?

暮らし

スポンサードリク






皆さんは飛行機に乗る時、お土産って飛行機に持ち込んで良いの!?

と考えたことはありませんか?

 

私は持ち込めることを知らずにお土産は自宅に直接送ったり、

キャリーバックに入れて自宅に帰ってから開けたりしてました。

機内に持ち込めるなら帰りの飛行機も楽しいのにと思ったので、

今回は、飛行機内に持ち込めるお菓子、持ち込めないお菓子について調べてみました。

 

結果から言うとお土産のお菓子は持ち込めます!

でも、お菓子の中には持ち込んではいけないものもあります。

なので、持ち込んでいいお菓子と持ち込んではいけないお菓子を知って旅行を楽しく、

知らずに恥をかくことが無いようにしたいですよね。

 

飛行機に持ち込めるお菓子と持ち込めないお菓子の事をまとめていきます。

 

 

機内へ持ち込みできるお土産やお菓子の例!液体は国内線なら可能!?

スポンサードリク

飛行機内への持ち込みの食べ物は国内線と国際線によって変わります。

やはり国を跨いでのフライトはセキュリティ上より管理が厳しくなっています。

それぞれで紹介しますね!

 

国内線

国内線つまり日本のみの運航の便の場合は、特にお菓子の持ち込みの制限はありません。

どの航空会社の飛行機の機内でもお菓子の持ち込みは可能です。

つまり日本内での飛行機移動ならどんなお菓子もOK!という事です。

なので、友達と旅行する場合はお互いのお土産を交換するのもありですよね。

そうすれば、旅行先だけでなく帰りの飛行機も楽しい思い出になりますよね。

 

 

国際線

国際線つまり日本から出て、外国へ行く便の場合は持ち込めるお菓子に制限があります。

制限があるのはお菓子だけではなく液体にも制限があります。

液体はペットボトルなどの飲み物だけじゃなくて、

液状のもの・ジェル状・スプレー缶などです。例えば化粧品とかが当てはまりますよね。

 

なので、これらの液体のものに入らなければ持ち込み可能という事で、

つまり固形であればOK!という事です。

<持ち込みできる物>
アメ・ガム・チョコレート・キャラメル・クッキー・ビスケット・スナック・豆菓子・
まんじゅう・最中・焼き菓子・マドレーヌ・カステラ・ドーナツ  etc

 

ここで覚えておきべきなのが、手荷物検査後に購入したものです。

飛行機内に持ちこみしたいものがある時はすべて手荷物検査の時に検査されます。

手荷物検査後に空港内で購入したお土産やお菓子はそのまま機内へ持ち込み可能です。

※海外乗り継ぎ便が他の航空会社だった場合や再度入国審査が必要になる場合、

 手荷物監査はもう一度あります。

 飛行機内で消費できなかった液体状のお菓子は、スーツケースに入れるか、

 航空会社のスタッフさんに没収されます。

スポンサードリク

 

 

国際線の飛行機の持ちこみ禁止の食べ物!お菓子はサイズで変わる?

先ほどから書いているように液体状の物は基本的に持ち込み禁止ですが、

国際線でも条件を満たせば持ち込めるようになります。

 

まず、持ち込んだらダメなお菓子は何なのでしょうか?

持ち込みできない物>
プリン・ヨーグルト・ホイップクリーム・ジャム・漬物
…などの100ml(g)を超える物

※つまり大容量の物などは持ち込めません。
 特大プリンとか大量のホイップクリームとかはダメになっちゃいます。

 

じゃあどうやったら持ち込みOKになるのか。紹介しますね!

▼バッグなどの手荷物の場合
100ml(g)以下の容器に入れ、容量1ℓ以下のジッパーの付いた再封可能な透明の
プラスチック製の袋に入れた場合は手荷物としてOK!

▼スーツケースに入れて、チェックインカウンターで荷物を預けた場合
100ml(g)を超える物でもOKです。

 

海外旅行の場合は、液体物だけじゃなくても、

原材料によってはその国が持ち込みを禁止しているので、

渡航先の国に持ち込めるか確認しておくと失敗しません。

 

 

機内に持ち込みできるけど注意すべき2種!食べ物も臭いは抑えめに!

液体じゃないからなんでも持ち込んでいいというわけではありません。

飛行機は密閉空間なので周囲に迷惑が掛からないお菓子を選ぶと困らないです。

せっかく旅行に行くので、周りの人に配慮したお菓子で、

トラブルにならないようにしたいですよね。

 

ニオイの強い物

ニオイが強いと飛行機にニオイが充満してしまうので、

トラブルを招かない為にも気を付けましょう。

 

音が出る物

飛行機内で仮眠をとる人もたくさんいます。

大きな音が出るものだと周囲の人に迷惑が掛かってしまいます。

 

 

まとめ

国内線は基本持ち込みOKです。

また、国際線は液体状でなければ持ち込みOKなので、現地のチョコレートや焼き菓子は、

それぞれの国の味わいがあったり、デザインも国の特徴が出るので、

味と見た目の両方で楽しむことが出来ると思います。

 

ルールやマナーを正しく守って、旅行先だけでなく行きや帰りの飛行機内も、

旅の思い出の1ページにしちゃいましょう!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!