妊娠中にお腹が張りやすい人の特徴!原因は多くの人に当てはまる!?

健康

スポンサードリク






妊娠を経験すると必ず通るお腹の張り。

妊娠中にお腹が頻繁に張るのは良くないといいます。

私も妊婦の頃、お腹が張りすぎて張り止め薬を飲んでいました。

 

そんな妊娠中のお腹の張り、なりやすいタイプの人や、

なりにくいタイプの人がいるのか気になりますよね。

そこで今回は、お腹が張りやすい人の特徴など、

お腹の張りに関する情報をまとめました。

 

 

妊娠中のお腹の張りやすい人は必見!4つの原因と解消法!

スポンサードリク

妊婦になるとお腹が張りやすくなります。

しかし、お腹の張り方は人それぞれと言われています。

私の場合はお腹がキューとなり、バレボールのようにカチカチになりました。

他にもお腹が圧迫されたように感じる方もいるようです。

 

まず、なぜお腹が張るのか?それは子宮が収縮しているからです。

赤ちゃんがいる子宮は筋肉でできています。

子宮が収縮していない時は筋肉が緩んでいるそうですが、

収縮してしまうと筋肉がキューと硬くなりこれがお腹の張りになります。

そんなお腹の張りの原因はなんかのか見ていきましょう!

 

胎動によるお腹の張り

赤ちゃんが大きくなるにつれて胎動を感じるようになります。

特に妊娠後期に胎動はさらに激しくなり、

その刺激で子宮が収縮する事がよくあります。

 

このような子宮の収縮はあまり心配はしなくて大丈夫です。

私の場合は夜に赤ちゃんがよく動くので、寝れないぐらい張った時もありました。

 

便秘によるお腹の張り

妊婦になると便秘になりやすいのが特徴です。

少しの便利なら心配は入りませんが、

数日便秘が続くようならしっかり水分を取るのが大切です。

特に妊娠時は普段より水分をとらないといけません。

 

お腹周りの締め付けによるお腹の張り

赤ちゃんが大きくなるとお腹も大きく出てきます。

そのため、普通の服装ではお腹周りが締め付けられてお腹の張りに繋がります。

少しでもきついと感じてきたらマタニティーの服装に変えるのがいいですよ。

私はお腹が出てきた6ヵ月後半ごろからマタニティーに変えました!

特にワンピースはお腹周りの締め付けがないので妊婦さんにはおすすめですよ。

 

体の動かし過ぎによるお腹の張り

妊婦でも家事をしないといけない人は多いと思います。

家事や運動をしすぎるとお腹がなってしまう事があります。

スポンサードリク

そのような時は少し横になり休憩する事が大切です。

 

特に妊娠後期は少し動いただけで張る場合があるので、

こまめに休憩したり、旦那さんに家事を手伝ってもらう方がいいですよ。

 

【番外編】妊娠後期のお腹の張りには注意!!

妊婦になるとお腹は張りますが、後期は特に気を付けなければなりません。

頻繁にお腹が張るなら産科で見てもらうのがいいです。

 

お腹の張りをほっておくと早産にもなりやすいです。

私も定期の検診でお腹が張りやすくなっているのを指摘され、

先生に注意を受けました。

気になるお腹の張りなら定期検診を待たずに診てもらうのがいいですよ。

 

 

妊婦中にお腹が張りやすい人はチェック!こんな体質や特徴はない?

妊婦さんでもお腹が張りやすい人の特徴があります。

 

力仕事をしている方

力仕事は無意識にお腹の筋肉などに力が入ってしまいます。

そのため子宮に負担がかかりお腹が張りやすくなります。

重いものを持つのも赤ちゃんによくないのでおすすめできません。

妊婦中でも仕事をしている場合は、

力仕事を避けて他の仕事をさせてもらうのがいいと思います。

 

冷え性の方

冷え性の方は血液の流れが悪くなりやすいです。

妊婦中は血液量が足りなくなる事が多く、

そこにさらに血液の流れが悪いとお腹が張りやすくなります。

冷え性の方は体が温まる飲み物や服装を心がけるのが大切になります。

特に足首、足元は出来るだけ暖かい格好にしましょう。

 

ストレスが溜まりやすい方

ストレスが溜まると張りを感じる事が多くなります。

ストレスを溜めれば溜まるほど張りを感じやすくなる場合があります。

ストレスが溜まりやすい方は定期的に気分転換をするのが、

ストレスを溜めないポイントです。

 

 

まとめ

今回は妊婦さんのお腹張りについてまとめてみました。

初めての妊婦さんでも張りやすい人はいると思いますが、

これが少しでも参考になれば嬉しいです。

お元気で楽しくステキなお子様を出産してください!

スポンサードリク






スポンサードリク






健康
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!