爪の縦筋が目立つのは私だけ!?筋が入る原因から対処法と直し方!

暮らし

スポンサードリク






最近はネイルにこだわる人も増えてきました。

爪も個性を表現する重要なポジションのひとつになっていますよね。

爪は、季節や場面に応じて自分を表現できます。

ファッション感覚で楽しむこともできます。

 

おしゃれを楽しむ爪には、状態の良いときも悪いときもありますよね。

特に、爪の縦筋に困っている方も多いようです。

 

私も爪に筋が入っていることに気づき、

つるつるした爪に憧れたことがあります。

せっかくのネイルがカバーだけになってしまうのは、ちょっと寂しいですよね。

 

「縦筋を本格的に治すのも、なかなか難しそうだし。

そんな方に、爪の縦筋にどう対処するのがベストなのか、

ご紹介してみようと思います。

 

爪に縦筋が出てきてしまう原因も併せて見ていきましょう。

あなたも、爪の縦筋の原因を知ったうえで、今すぐにできる対処法を試してみませんか?

 

 

爪の縦筋の原因とは?病気では無さそうだけど生活の見直しも必要?

スポンサードリク

つるつるしていた爪に突然現れた縦の筋。

 

爪の表面に白いラインが目立ってきたり、

表面がザラつくような筋ができたりすることがあります。

普段の生活に支障はないけれど、見映えが気になってしまいますよね。

 

私も以前にお客さまと対面する仕事をしていて、指先は非常に気になりました。

買い物をしているときも、ほんの一瞬とはいえ、

指先を隠したくなるときもありました。

 

必ずしも爪の縦筋に気づかれている訳ではないと思います。

でも、自分の気になる部分は見られていないかな?

と、どうしても気になっていました。

 

そもそもなぜ、爪に筋が出てきてしまうのでしょうか?

理由には色々な要因が考えられますが、以下が挙げられるようです。

・老化
・乾燥
・ストレス
・生活習慣の乱れ
・栄養バランスの崩れ
・睡眠不足

 

爪は身体の中でも堅い部分であるため、忘れられがちですが、皮膚の一部分です。

肌は年齢とともに衰えたり、水分が失われることで、

カサカサしてシワが目立ったりもします。

無理が続くと肌荒れも、気になってきますよね。

 

同じように、爪にも何らかの負担がかかったことで、

筋が出てきてしまうと考えられます。

 

ダイエットによる食事バランスの乱れで、

爪に栄養が行き渡らなくなることもあります。

このような爪への悪影響により、爪に縦筋が出てしまうことが多いとされています。

 

 

爪の縦筋への対処法と改善策!私の直し方はこんな日頃のケア!

爪に縦筋が入ってしまう原因について、ご紹介しました。

爪に縦筋が出てきたときには、指先を隠すのではなく、改善策を試してみましょう。

今回は4つのポイントから、見ていきます。

 

オイル

よく使われているのが、オイルです。

オイルを気になるときやこまめに塗ることは、爪の乾燥対策にもおすすめです。

乾燥などが原因のときや、爪先の血行を良くするためには、

単にオイルをつけるだけではなく、爪のマッサージもするとより効果的です。

 

爪の先にオイルをつけて、爪の脇や指先を両手で軽くほぐすようにしましょう。

血行が良くなり、温かさを感じますよ。

 

このマッサージは、ハンドクリームを塗ったときや、

お風呂に入ったときなどにも試してみてください。

何かのついでに、こまめにマッサージしてみると、

スポンサードリク

縦筋が気にならなくなるかもしれません。

 

マニキュア

でこぼこした表面にマニキュアを塗ってしまうと、かえって目立つのでは!?

と、気になる方もいらっしゃるかもしれません。

でも、マニキュアを上手に使うことによって、爪をキレイに見せることはできます。

 

マニキュアを塗ることで、爪がコーティングされ、表面はツルツルの仕上がりに。

塗り方にもコツがあり、二度に分けて重ね付けすることがおすすめです。

厚塗りが心配な方も、いらっしゃると思いますが、意外と気になりません。

ラメなどが入っているマニキュアを選ぶと、爪の縦筋をよりカバーしてくれます。

 

私は縦筋が目立ってきたときは、マニキュアを使うことが一番多いです。

とにかくすぐにカバーできるのは、マニキュア。

簡単で、おしゃれも楽しめます。

 

カバーのために使うなら、濃い色よりも薄い色の方が綺麗にに馴染むと思います。

先におすすめとして紹介した重ね付けですが、

3回以上になってくると、色ムラが出てくるので気をつけてください。

 

ベースコート

爪の縦筋が気になったら、とりあえずの対策としては、ベースコートもあります。

料理をする方や学生さん、仕事上マニキュアが禁止の方、子育て中のママなど。

マニキュアができない方には、ベースコートを塗ってあげることもおすすめです。

 

ベースコートは、爪を保護して、爪に栄養を与えてくれる効果があります。

一石二鳥のアイテムだと思います。

 

マニキュアを塗る場合でも、ベースコートと合わせてみましょう。

ベースコートを塗ってからマニキュアを重ねる、

マニキュアを塗ってからベースコートを重ねることも。

よりキレイな爪に仕上がります。

 

日頃から続けられるケアや改善方法

一度入ってしまった縦筋は、なかなか消えません。

気になってもすぐに消えてくれないので、本当に厄介ですよね。

 

オイル、マニキュア、ベースコートで、あまり改善が見られない場合もあります。

きちんとキレイにしたい場合は、ネイルサロンでの角質ケアもおすすめ。

プロの角質ケアを受けることで、オイルが浸透しやすくなります。

 

自分ではなかなか気付かなかったことも多いと思うので、

爪の悩みについて相談してみるのもありです。

 

他にも、常日頃から爪先の保湿を続けてみてください。

最近は、市販の爪用保湿クリームも売られています。

自分の好きな香りやテクスチャーを見つけるのも、楽しいかもしれません。

 

一番重要なのは、身体の内面から気を付けることです。

爪はケラチンというタンパク質から出来ています。

体内のタンパク質が不足すると、爪にも変化が見られるようになります。

 

タンパク質は、鶏のささみむね肉

大豆製品青魚などに多く含まれています。

3食の中で、これらを意識的に摂ってみると良いですよ。

 

他にも、健康的な爪をつくるのには、ビタミンA・B2・Eも良いとされています。

ビタミンは野菜果物ナッツ類に多く含まれており、

ダイエット中でも摂りやすい食材ですね。

 

私ももちろん、日頃からのケアもしています。

特に栄養について気をつけるようになり、

タンパク質とビタミンをよく摂取しています。

 

すぐに良い変化が出るわけではありませんが、

続けていた甲斐もあって、今では縦筋が分からなくなりました。

改善策は、一時的なカバーと日頃のケアとの両方を併せて行うのがおすすめです。

 

 

まとめ

爪は皮膚の一部分であり、身体の変化を私たちに知らせてくれます。

爪に縦筋が見えて気になってきたときは、

身体に何らかの変化があると考えてみてください。

 

爪の縦筋をケアする際には、爪本体だけに意識しないことがポイント。

体内からメンテナンスしてあげることも大切です。

いつまでもキレイで若々しい爪が維持できますよ。

 

日頃のケアをしっかりして、自慢の爪を維持し、爪先までおしゃれを楽しみましょう。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!