パソコンキーボードのほこりよけ対策!掃除方法3選に100均グッズも!

暮らし

スポンサードリク






今や、小学校でプログラミングの授業を行うほど、

生活の一部となり始めたパソコン。

更にリモートワークやビデオ通話など使う機会も増え、

今まで接したことのない方もこの機に始める…

なんてことも多いのではないでしょうか。

 

使いこなすまでは大変ですが、

慣れてくれば無くてはならない存在となる便利なアイテムです。

そんな便利でお値段もお高いパソコン。

できれば大事に長い時間を共にしたいですよね。

 

その為には、他の家電や機器と同じく掃除が必要と知っていましたか?

特にキーボード!使っても使わなくても汚れていくこの部分。

私は普段からズボラな性格なので、

ほこりがたまってからやっと気づくタイプですが、

几帳面な方はかなり気になりますよね。

 

デスクトップパソコンのキーボードなら尚更、一回溜まると掃除がとても厄介!

なにか対策はないものか…

というかまず、ほこりを放置しすぎる弊害ってあるんでしょうか?

ふと気になった私は、早速調べてみました!

 

 

パソコンキーボードのほこりの危険性!反応しないときも実は原因かも!

スポンサードリク

今までノートパソコンを何台が所持してきた私ですが、

正直キーボードの掃除を徹底して行ったことはありませんでした。

なので、キーボードのほこりから発生した故障などのイメージが全くなく、

のほほんと生きておりました。

それも、運が良かっただけなのかな…と今は思います。

 

パソコンはその本体を動かすことにより、かなりの熱を蓄積します。

なので、その熱によりヒートアップを起こさないように、

パソコンの外へ熱を放っているのですが、

この機能がほこりの侵入により正常に動作せず、ヒートアップを起こさせてしまう。

結果、不具合として表面上に露出するのだとか…。

 

ちなみに、その部分を見分けるポイントはパソコンの音です。

昔はあんなに静かだったのに、最近、音がうるさいように感じる…

と思ったら危機的状況!

 

パソコン内には蓄積した熱を冷却してくれるCPUクーラーなるものが存在します。

CPUとは人間でいうパソコン内の頭脳のようなもの。

そのCPUの知恵熱的を下げる役割がCPUクーラーということですね。

 

上記で話したように、内部にほこりが溜まると、その分、熱が上昇。

CPUクーラーがその熱を冷やそうと必死になりファンの回転率があがる。

これが音の原因になり、そのまま放置しておくと冷却機能が上手く機能せず…

最悪、故障という流れになってしまうのです。

 

それ以外にも、「あれ、なんかキーが反応しない!?」

と思ったらそれもほこりの可能性が!

キーボード内部に侵入したほこりや異物が、

キー押しの邪魔をしているパターンが多いのだとか。

 

確かに、こんな悪さばかりするほこりの放置は危険すぎる…。

ちりも積もれば山となる。

今とても身に染み入るお言葉です。

 

 

パソコンキーボードのほこりの掃除方法3選!100均のジェルクリーナーも!

自分のキーボードをこの機会によく見てください!

微々たるものでも、ほこりや様々なものが付着していませんか?

私の家は猫を飼っているので、だいぶ猫の毛が付着しておりました。

 

確かに、気にはなるけど一体どうやって掃除するのが正しいのか…

故障問題の話を聞いてからだと、軽々しく手出しが出来ませんよね。

 

ちなみに何も知らない以前の私は、ほこりが溜まったなと気づいたら、

ふっと息を吹き掛けたりしていましたが、実は一番やってはいけない事なんです。

この行為は湿り気と唾がダブルでキーボードを襲うことになります。

 

これをするなら、ブロアーというほこりを風で吹き飛ばすアイテムをお勧めします。

後に紹介いたしますので少々お待ちを…!

 

そして、キーボードの掃除についてで、高確率でヒットするのが、

キーボードの分解をした掃除方法。

デスクトップのキーボードならまだしも、

ノートパソコンの分解は、素人が手を出すべきものじゃありません。

この作業により、故障を招く恐れもあるので、今回は割愛させてもらいますね。

 

そこまでの状況に至ってしまう前に、

表面のほこりを定期的にとるだけでも効果は絶大です。

ここでは、キーボードのほこり取りでよく使われる

キーボードクリーナーを3つほど紹介させて頂きます!

スポンサードリク

 

除電スティックブラシ

様々なタイプがありますが中でも、

一度掃除すると、ほこりの付きにくくなる静電気対策タイプがオススメです。

何より買うときに注意すべき点は、ブラシの毛の長さと硬さ。

 

事前に自分のキーボードがどのくらいの長さなら

隙間に入ったほこりをかき出しやすいかシミュレーションし、

確認しておきましょう。

 

硬さですが、硬すぎるとキーボードを傷つけてしまい、

柔らかすぎると、今度は広がりすぎて隙間に入れにくいなんてことに!

この部分に関しては、実際店舗に行って手に取ったり、

レビューを参考にして自分好みのものに出会ってくださいね。

 

ブロアー

空気を吸収し風を作り出し、その風の放出によりほこりを吹き飛ばすグッズです。

自分で握り風を出す手動タイプのものが、

値段的にもリーズナブルで使い勝手もいいのではないでしょうか。

 

その際は、しっかり風量のあるものをチョイスしましょう!

吹き飛ばしが終わりましたら仕上げにブラシなどで正面をササっと、

掃くときれいになりますよ!

 

ジェルクリーナー

スライム状のジェルをキーボードに張り付かせ、

その粘着力で、ほこりを取るグッズです。

凹凸のあるキーボードに関しては、

ジェルを奥まで押し込まなくてはいけないので、

ちょっと手間に感じてしまう難点はありますが、

奥まで掃除できるのであると便利です。

 

なんと、このアイテム。

掃除終わりにはちょっといい匂いに包まれる香り付きのものや、

肌への刺激が少ないなんて商品もあり、

パソコンの事だけでなく、使う側にも優しいお品となっています。

開発者の粋な計らい…素敵です。


 

それ以外にも、わざわざ買わずとも、

家にあるアイテムを活用できる方法もお教えします。

 

まずは、何かと使いどころの多い、めん棒!これでキーボードの間をなぞるだけ。

 

表面の皮脂汚れはアルコールを含む除菌シートを使い、綺麗に拭き取りましょう。

ただし、流れ作業でそのまま画面を拭くのはアルコール分が入っているのでNG!

 

画面の汚れは、マイクロファイバー使用のクリーニングクロス。

メガネやスマホを拭くときに活躍する特殊なあの布ですね。

その乾いたマイクロファイバーのクロスで画面を軽く拭きとれば完璧です。

 

そして…これは、パソコンの掃除全般に言えることですが、

掃除を始める前は不具合を防ぐためにしっかりシャットダウンし、

電源が落ちていることを確認した上で作業を開始してくださいね!

 

 

キーボードのほこりよけ対策!家にあるもので効果絶大な簡単方法!

新品時はやっぱり綺麗を保ちたい一心で、定期的にお掃除するのですが、

その意欲も持続せず数ヶ月後には無法地帯となるキーボード。

 

ならばまず、根本から断つべき!

という事で、ほこりと縁を切るべく対策法をお教えします。

 

キーボードは比較的ほこりが溜まりやすい部分。

普段使うとき以外はノートパソコンならしっかりと閉じ、

デスクトップならその上に何か被せものをすれば対策は完璧なのでは!?

 

そんな時に役立つのがキーボードカバーです。

キーボードカバーとは、ほこりを根本から断つ救世主的なアイテム。

保護フィルムのような薄型のものや、

ゴムやシリコン系で作られているものなど多種多様ですが、

キーボードごとにフィットする製品は違うので

自分のキーボードに合う製品を調べたうえでゲットしてくださいね。

 

最初は直打ちとの差に違和感を覚えたりしますが、

飲み物を間違ってこぼしちゃった!

というアクシデントにも強いので是非、検討してみてください!

 

そして、かなり簡易的ではありますが、キーボードカバーを買わずとも、

使わない時のみ、家にある布をキーボードにかけてあげるだけでもオッケーです。

その時かける布は何でも問題ありません。

この優しい行動こそが、パソコンを長持ちさせる秘訣なのです。

 

 

まとめ

家電製品の中でも物によってはかなり高額な部類に入るパソコン。

買ったからには型が古くなるまで使っていきたいですよね。

 

外出がなかなか難しくなるこのご時世で、

娯楽を提供してくれ、仕事もこなすことが出来る。

そんな、家にいながら自由を与えてくれるパソコンに敬意を表するべく、

キーボードのほこり対策はぜひ、入念に行っていただけたらと思います。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!