私でも育てられる?産後の子育てが不安!その要因と向き合い方!

暮らし

スポンサードリク






もうすぐ出産で赤ちゃんに会える!と

楽しみにしている妊婦さんが多いと思いますが、

出産も子育ても初めてで、全く不安がない訳ではないと思います。

 

私でも育てられるのかな?お金はどれくらいかかるの?

色々な不安がおしよせてきて、検索をせずにいられない気持ち、わかります。

今回の記事では少しでもそんな不安が取り除けたらと思い、

書かせて頂きました。

ぜひ参考にしてくださいね。

 

 

産後の子育て!ちゃんとできるかなー・・・って不安?

スポンサードリク

初めての出産で、まだ親の自覚もないですよね。

自覚もないのに1人の命の責任をもつことに

すごいプレッシャーを感じていませんか?

 

私の場合、お世話グッズは用意バッチリでしたが、

子育てについての知識は全然なくて

産んだらなんとかなるだろうと思っていました。

 

実際産んでから、赤ちゃんが泣いたら慌ててオムツを変え抱っこをして、

それでも泣き止まないと、まだ上手にできない授乳でアタフタして、おっぱいを飲むのも

まだヘタな赤ちゃんはさらに泣く。

当時4人部屋で、夜中に赤ちゃんが泣いたら「他のママさんに迷惑になる!」と焦って

飛び起きて抱っこしてました。

 

病院の授乳室では他のママさんがゆったりと静かに授乳をしているのに、

私だけ毎回アタフタして赤ちゃんも泣いて、さらに私も焦る。

助産師さんが不在の時の授乳室は、本当に不安で泣き止まないときは

逃げるように部屋に戻った時もありました。

 

「授乳もちゃんとできていない私はダメな母親だ。」

「こんな母親でちゃんと育てられるのか。」と

入院中よく泣いてました。

今思えば産後うつになりかけていたんだと思います。

出産も子育ても初めてで、私以外のママはみんな上手に子育てしていると思い込んでました。

 

そんな時に子育てのサイトを知って、産後の不安や授乳、

子育てのことなど私が今知りたい情報が載っていました。

その内容と紹介してくれた友人の優しさに、

嬉し泣きをしたことを覚えています。

 

その後、私の話をじっくり聞いてくれる助産師さんに出会い、

「ママになってからまだすぐ、赤ちゃんだっておっぱいを飲むのもまだすぐ、

どっちもヘタなのは当たり前だよ。

ママも赤ちゃんも一緒に、ゆっくり上手になっていくんだから焦らなくて大丈夫。」と

言ってくれて、本当に肩の力がフっと抜けました。

 

ちゃんと育てられるか?って不安になっているということは

すでに子供のことをちゃんと考えている、立派なママです!

はじめから、ちゃんとしなくちゃ!頑張ろう!と思い込むのはキケンです。

赤ちゃんもママも初心者です。

周りの人のサポートは必要です。

1人で抱えなくて大丈夫!

家族や助産師、保健士や保育士など、あなたにはたくさん味方がいます。

安心してくださいね。

 

 

産後の子育て!家事との両立ができるか・・・不安?

出産前まで家事はバッチリこなしていた人も

出産後は肉体的にも精神的にも難しくなってきます。

 

私は里帰り出産で、出産後実家にお世話になりましたが

本当に少しトイレに行くにも疲れてしまい、

なんでこんなに体が動かないんだと思っていました。

出産後、ママは床上げに1ヶ月かかるんですよね。

体力は出産でかなり消耗していて、入院中に少しは体力が回復したかも

しれませんが、まだ全回復はしていません。

そんな体で、赤ちゃんのお世話に家事もしようとすると、体が悲鳴をあげます。

 

私は実家にお世話になりつつも、自分のことは自分でやりたかったので

洗濯や朝ごはんなどできることはしていました。

ですがトイレに行くだけでも疲れてしまうので、

キッチンに長く立つことができず、

赤ちゃんが泣いたらまたそこまで行くのもしんどくて…。

 

母に「無理しないで!今は家事よりも、

赤ちゃんのお世話があなたの大きな仕事だよ。」と

お叱りを受け、ハッとしました。

 

昔から自分は頑張り屋さんだと親に褒められるのが嬉しくて、

弱みを見せない事が多かったので家事も頑張ろうとしていました。

無理をすると体の回復も遅くなるし、子育てにも余裕がなくなってきます。

余裕がなくなるとイライラしてしまうもので、なかなか寝てくれない時など

「お願いだから寝てよ~。眠たいなら泣かないで寝ればいいのに…。」とグチがでたり。

 

家事なんて、必要最低限でイイんです。

洗濯物は増えますが、限界までためてしまってもいいし

掃除は赤ちゃんの周りだけキレイにしていれば大丈夫。

料理はネットスーパーを活用して、総菜や宅配、おかずがなければパンでもいい。

旦那さんに帰りに買ってきてもらったらいいんです。

 

新生児の時は赤ちゃんは細切れ睡眠で、

いつ起きるかとヒヤヒヤしながら、自分も仮眠をとっていました。

連続して寝れないので寝不足にもなります。

そんな中できっちり家事をこなそうなんて、無理ですよ!

 

ラクすることは悪いことじゃない!

手抜きしたっていいじゃないですか。

特に新生児期は睡眠不足や授乳でママはヘロヘロになります。

スポンサードリク

ストレスをためると、いいことなんてひとつもありませんよ。

 

 

産後の子育て!お金ってどのくらいいるの?って不安!?

金銭面はとても不安になりますよね。

 

赤ちゃんグッズは服やおもちゃなどたくさん発売されていますね。

欲を出してポンポン買ってしまうと、お金はあっという間になくなります。

 

新生児のときはミルクとおむつが主ですよね。

母乳の人でも、ミルクと混合で育てる人が多いです。

哺乳瓶でミルクを飲めれば、赤ちゃんを預けやすいですから。

私は上の子どもを母乳、下の子を混合で育てました。

完全母乳の時は「ミルク代がかからないし、消毒しなくていいしラクチン~!」と

思っていましたが、母乳って消化が早いから腹持ちしないようで

赤ちゃんはすぐ起きてしまいます。

 

母乳がたくさん出る人でも、夜中だけはミルクにすることをおすすめします。

夜中に4~5回起こされて授乳するのは、本当に苦行ですから。

ミルクは腹持ちがいいので、母乳よりもたくさん寝てくれます。

 

また、昼間でも授乳室が近くになかったり、おっぱいに傷ができて授乳がつらい時など

ミルクを使っていれば助かったなと思うことがたくさんありました。

完全母乳を否定するわけではありませんが、後にママ友と

「次に子供を産むとしたら、絶対混合にする!」と

苦労を分かち合いながら話してました。

 

混合となると昼もミルクが必要になるので、

夜中だけミルクにするよりもお金がかかります。

1ヶ月に1缶使い切ることもありますし、哺乳瓶や消毒グッズも必要になり、

外出する時も哺乳瓶とお湯を持ち歩くので、荷物が重たくなります。

ですが、哺乳瓶は最低3本あれば安心ですし、

消毒は電子レンジでできるものもあります。

下の子の出産前に育児グッズを買うときに、

「こんなに安いものもあるのか!!?」と

哺乳瓶のあらゆる種類と価格に驚いて、

たくさん買ってしまいそうになりました。

なんとなく「哺乳瓶ってガラスで高いもの」と思い込んでいましたが、

プラスチックで軽いものや3本セットで700円、なんてものもありました。

 

ミルク缶は高いですが、実はピンキリでメーカーによって様々です。

私は最初はミルクは出産した病院と同じものを使っていましたが、

他のミルクでもいいのではと思い、色んなメーカーのミルクを試しました。

赤ちゃんがあまり飲まないものはムダになるのではと思いますが、

余ったミルク缶は料理に使えます。

クラムチャウダーやクリームパスタ、お菓子やケーキにも使えます。

赤ちゃんも好きな味があるかもしれませんし、色々試してみるのはアリですよ!

 

もちろんオムツも同じで、あらゆるメーカーのものを1パックずつ買いました。

メーカーの違いや好みが分かれば、今後も迷わずに買うことができます。

 

次に搾乳機!上の子は絞った母乳をストックして夜中に使っていました。

この搾乳機が高い…手動にすればまだ安いのに、ラクかなと思って電動にしました。

7千円くらいで買いましたが、母乳が軌道にのるくらいまでしか使いませんでした。

少しもったいない買い物だったと思います。

搾乳機は使うかどうかをよく考えてからにしてくださいね。

 

いま思えば上の子にはなぜ、かたくなに完全母乳で

頑張っていたのかと不思議に思います。

夜中だけの混合なら、ミルクは1~2ヶ月で1缶使い切るかどうかくらい。

下の子のときは昼間は母乳、夜中はミルクで金銭的にも精神的にも助かりました。

 

ミルクだけで育てる場合は、赤ちゃんにもよりますが

大体1ヶ月に2~3缶、値段は1缶1,500円~3,000円ほど。

おむつは1日に10枚ほど使うので、1ヶ月で約300枚。

値段は1パック1,000~1,500円ほど。

新生児用おむつは1パック90枚入りなので、1ヶ月で3~4パック必要になります。

安いもので計算すると、新生児のときは月15,000円ほどあれば充分です。

今の生活にプラスしてその金額は・・・と思うかもしれませんが

4ヶ月ごとに児童手当が15,000円貰えるので、かなり助かるはずです。

 

他にも肌着や服など必要になってくるので、オーバーすることもあります。

どんどん貯金が減っていくのは恐怖でしたが、

赤ちゃんの時期は必要なものがたくさんあります。

いずれ落ち着いてきますので安心してください。

 

オススメとして、ミルクやおむつ、おしりふきはネットで買ったほうがいいです。

配達してくれますし、まとめて安く売っているのでお得です。

特に新生児期はたくさんおむつを使うので、出産前に購入しておくのもいいですよ。

 

子供にお金がかかってくるのは幼稚園くらいから。

習い事などをするとお金がかかりますね。

小学校は公立にいけばほとんどかかりませんが、受験をするなら別です。

 

まだまだ先の話な感じがするでしょう?

今は必要なものに使って、大きくなってから貯金をはじめてみませんか。

 

 

まとめ

とにかく自分を責めたり、真面目に頑張ろうと自分を追い込んだりしないこと!

子育ては頑張っても結果が出ないことがたくさんあります。

不安になったり、イライラしちゃったりするかもしませんが

ふっと赤ちゃんの手や足、顔を見ると小さくて可愛くて、癒されますよ。

 

どうしても不安なときは、友達や家族、保育士さんに相談してください。

検索しても、赤ちゃんは1人1人違うので、あなたの赤ちゃんについてのことは書いていません。

 

実際に不安を聞いてもらいましょう。

みんな味方です!安心して話してみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!