オシャレが長続き!パーマがすぐ取れるし落ちる人の長持ちさせる方法!

暮らし

スポンサードリク






あなたは普段、パーマをかけていますか?

思い通りのパーマがかかると、毎日のヘアスタイルが楽に決まって、便利ですよね!

 

ところが、パーマは髪質によってかかりやすさが全然違うため、

かけた当日は、「上手く仕上がってる!」と思っていても、

たったの2,3日で完全にパーマが取れてしまう人がいるんです。

 

私もそんな髪質のタイプ。

子供の卒園式に備えて、思い切って初パーマをかけてみました。

そして、2日ほどであっという間に取れた経験があるんです。

 

パーマはそんな安いものではありません。

1万円は軽く超えていましたから、ショックでショックで・・・。

どうしたら良いのか悩んだ結果、美容院に電話しました。

「パーマが完全に取れてしまったんです・・・。」

 

美容師さんは快く、再度パーマをかけてくれたんです。

もちろん無料で。

その後は、確か1ヶ月ほどはパーマが持ちこたえてくれたと記憶していますが、

それ以来はかけるのをやめました。

長く保って、1ヶ月程度でしたし。

 

私の友達に、一度かけたら半年くらいパーマがもつ髪質の人がいます。

同じお金をかけても、6分の1しか保たないのか・・・と思うと、

もったいないなと感じてしまい、諦めたのです。

 

というわけで、

パーマのかかりやすい髪質、かかりにくい髪質についてしらべてみましたので、

説明していきたいと思います。

 

 

パーマと髪質の関係!すぐ落ちる原因やかかりにくいのは髪が硬いから?

スポンサードリク

パーマがかかりやすい髪質というのは、くせ毛。

「かかりやすくて、取れにくい」タイプ。

 

そして、パーマがかかりにくい髪質は、

太くて硬くて直毛や、逆に細くて猫っ毛、そして傷みすぎた髪。

 

太くて硬くて直毛ということは、パーマ液が浸透しにくいため、

「かかりにくく取れやすい」わけです。

髪自体はしっかりした健康な髪といえます。

ついでにいうと、健康な髪がかかりにくいということは、

初めてのパーマは、髪が健康=かかりにくいです。

 

細くて猫っ毛の人は、逆にパーマ液が浸透しやすいのかと思えば、

細すぎて髪がダメージを受けやすいんですね。

ダメージを受けると、パーマはかかりやすくなります。

「ならいいじゃない!」と思でしょう。

ところが、この細くて猫っ毛は、「かかりやすくて取れやすい」のです。

 

そして最後に、傷みすぎた髪は、パーマをかけると更に傷むことになります。

 

 

髪の毛の性質ごとでおすすめなパーマの種類!くせ毛はデジタルパーマ?

これまでで髪質によって、かかりやすさが違うことが分かりましたね。

では、かかりにくい人はどうしたらいいのでしょうか?

 

実際に、パーマはかかりにくいから無駄と思って諦めた私ですが、

調べてみるとパーマにも色々あるということが分かりました。

 

まず、コールドパーマ。

これは薬剤だけでパーマをかけるという方法。

 

そして、デジタルパーマ(ホットパーマ)。

専用機器で髪に熱を与えてパーマをかけていく方法。

 

最後にエアウェーブ。

これも専用機器を使います。こちらは髪に温風を当ててパーマをかける方法。

 

それぞれ、髪質によって使い分ければ、上手くパーマがかけられるのです。

スポンサードリク

 

コールドパーマなら、パーマがかかりやすい、くせ毛向き。

ただ、強いくせ毛の方は、パーマがかかりすぎてしまうこともあります。

 

デジタルパーマとエアウェーブは、パーマがかかりにくいタイプや、

強いくせ毛の方にも向いています。

仕上がりの質感によって、デジタルパーマにするか、

エアウェーブにするかを決めると良いでしょう。

 

デジタルパーマは毛先にかけたい人やコテで巻いた質感を出したい人向け。

エアウェーブはボリューム感、ナチュラル感を出したい人向けです。

 

このように、髪質に合ったパーマの方法がありますから、

よく美容師さんと相談して合うものを選んでもらうと、

上手く仕上がるのではないでしょうか?

 

自分で思っている髪質と、プロの美容師さんから見るあなたの髪質とは、

判断が違うかもしれませんから、自分の思い込みで決めない方がいいと思います。

 

私も、かかりにくい髪質なんだと諦めていましたが、

初めてのパーマがかかりにくいということを知り、

また、パーマにも大きく3種類あることがわかったので、

もう一度チャレンジしてみようかという気になってきました。

 

 

美容院でパーマのやり直しはできる?パーマを長持ちさせる方法も解説!

最初にもいいましたが、パーマが数日で取れたとき、

私はもう一度かけ直してもらいました。

「なんだかクレームの電話するの、美容院に申し訳ないな」と思いながら、

勇気を持って電話したのですが、どうやらそれで正解だったようです。

 

美容院にはパーマに対する保証期間を設けているところが多いので、

保証期間内にパーマが取れてしまったら、ちゃんと無料でかけ直してくれます。

 

ただ、全ての美容院で当てはまるわけではないので、

パーマをかけた際には、保証について聞いておいた方がいいでしょう。

大体1週間から10日以内が、一般的です。

 

パーマがすぐに取れてしまう原因は、髪質だけが原因ではありません。

それは家でのお手入れの仕方に問題があることも。

 

まず、パーマをかけた当日のシャンプーは控えた方が良いとされています。

汗をかいて気持ちが悪いなら、お湯で流すだけにしておきましょう。

翌日からのシャンプーも、髪の毛をゴシゴシこするような洗い方をすると、

パーマが取れやすい原因となります。

頭皮をマッサージするような洗い方を心がけて下さい。

 

毎日、シャンプーをした後は自然乾燥せず、必ずドライヤーで乾かしましょう。

自然乾燥では、濡れた髪に雑菌が付きやすく、

そのせいでパーマが取れやすくなることがあります。

 

そして、紫外線が多い時期には、紫外線対策をしましょう。

紫外線でダメージを受けると、パーマが長持ちしないからです。

 

こういった自分でできる対策をした上で、

それでもすぐにパーマが取れてしまったというときは、

遠慮なく美容院に電話すると良いですね。

 

 

まとめ

「パーマをかけたいけど、高い料金を払ってすぐ取れたらもったいない。」

そういって諦める方、たくさんいると思います。

でも、芸能人やモデルさんのヘアスタイルを見ていたら、

「私もやってみたい!」と憧れますよね!

 

確かにパーマのかかり具合は、髪質が大きく左右すると思いますが、

諦める必要はありません。

すぐに取れてしまったら、再度かけてもらえるのですから、

是非チャレンジしてみましょう!

あなたの思い通りの素敵なヘアスタイルが仕上がると良いですね!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!