病院の待ち時間も楽しみに?長すぎる待合室での暇つぶし対策5選!

暮らし

スポンサードリク






世の中には様々な待ち時間が存在します。

例えば、遊園地のアトラクションの待ち時間、美味しいお店の行列、などなど。

 

その中でも日常的に身近な待ち時間、それは病院の待ち時間です。

殆どの方がこの診察待ち時間の出くわし、

イライラを抑えきれない経験をしたことがあるのではないでしょうか?

 

私もついこの間、約2時間待ちを経験したところです。

ちゃんと目的がある上で待ってはいるものの、

どうしても無駄に感じてしまうこの時間を、

もっと有意義に使うことはできないのか…。

 

ここでは皆さんも実践している、待ち時間の有意義な使い方をお伝えします!

 

 

病院の待ち時間が長すぎてストレス限界!長い理由にはこんな原因が!

スポンサードリク

まず、暇つぶし回避術の前に、何でこんなに病院の待ち時間が長いのか、

皆さんは気になりませんでしょうか?

私はとても気になったので、簡単にその理由をご説明させて頂きます!

 

一つ目に理由として挙げられるのは、検査結果が出るのに時間がかかること。

初診の患者さんの場合、どこの病院でも最初にカルテを製作しますよね。

カルテとは患者さん一人一人の性別、身長、状態、過去の病気など、

細かい情報を記載したもののこと。

 

実は、あのカルテを製作するだけでも30分程度かかってしまうのだとか。

カルテ製作後の診察となると、結構な時間を浪費してしまいますよね。

 

初診でない患者さんの場合も、

状態によってはレントゲンや血液検査などが行われます。

特に、血液検査に関しては結果を待つ時間もありますので、

40分から50分、長くて一時間以上掛かるのだとか。

 

ちなみに、私の両親も血液検査とCTを必要とする病気で受診していますが、

最高で3時間ほど待った経験があります。

利用している病院が対応する病気の種類によっては、

長時間の待ちは必須みたいですね。

 

そして、急病の患者さんなどが訪れた場合も、

そちらを優先しなくてはいけないので、

外来を中断してそちらに専念するというパターンもあるそうです。

 

二つ目の理由は、担当医の性格の違いです。

皆さんも経験があるとは思いますが、

担当医の方によって良く話を聞いてくれる人もいれば、

病状だけ聞いてすぐに処置に入る方など様々です。

 

他にも一人目の診察が終わりすぐに、次の患者さんを呼ぶ先生もいれば、

診察が終わり次第、終わった患者さんのカルテの記載や、

次の患者さんのカルテを確認し、前回までの検査の結果や、

今後どういった対応をすべきかを考える方もいらっしゃいます。

 

中にはお茶を飲んで一息つく方もいるのではないでしょうか。

何はともあれ、朝から引っ切り無しの診察をこなしている訳ですから、

頭が下がる思いですね。

 

 

病院の待ち時間での暇つぶし対策5選!スマホ使用不可でも大丈夫!?

ここではそんな暇つぶし対策の5選を紹介します!

 

1.スマホゲーム

スマホが使える場合は、やれることはかなり無限大でして、

音楽を聴いたり、ゲームをしたり、漫画を読んだりと正直退屈しません。

ただ注意するならば、充電切れですね。

スポンサードリク

予備のスマホバッテリーは持ち歩きましょう。

 

基本、病院では医療機器へ電波妨害の可能性を考慮し、

電子機器類の使用は禁止されていて、

電源を切ることがマナーとなっているので、

使用する場合はその病院内の規則に従ってくださいね!


 

そして、スマホが使えない場合の暇つぶし法もご紹介します。

 

2.読書

待ち時間と言えば、代表的な読書。

今まで読もうと思って読めずにいた小説など、

このタイミングを使い読み切っちゃいましょう!

 

私は病院と聞けば、絶対一冊でも本を持って出かけています。

その他にも、新聞や雑誌などあらゆる読み物に挑戦してみて下さい。

普段の会話の話題になるものは、メモ帳などに書き込んでおくと、

忘れずに済みそうですね。

 

ついでに、病院によってはポスターや医療関係の読み物などがあるので、

そこで知識を付けるのも病院ならではで、とても為になると思います!

 

3.勉強

実は、読書以外にも勉強も捗ってしまうのが、病院の待ち時間。

英語の練習に単語帳を持っていき、ペラペラめくるもよし。

 

資格取得のための参考書を読みふけるもよし、

病院という人が大勢いる空間で勉強に集中するという事は、

実際の試験時にもかなり役立つ気を散らせない、

集中力UPトレーニングにもなります。

 

4.観察

せっかく人が密集する場なので人間観察はいかがでしょうか。

あれ、あの人前にも見たな…や、あの看護師さんいつも忙しそう…など。

表情の観察なども、人を見る目が養われるので、

あの人は本当に笑っているか判断してみるのも面白いかもしれません。

 

普段、気にも留めなかった新たな発見が見つかるかもしれませんよ。

ただ、ガッツリ見るのは失礼ですし、場合によっては不審者扱いされるので、

充分気を付けましょう。

 

5.マインドフルネス瞑想

ここ最近、ブームになったマインドフルネス瞑想なんていかがでしょうか?

マインドフルネス瞑想とは、今の気持ちや身体状況を、

あるがままに受け入れる習慣を身につける方法です。

 

主にストレス軽減や集中力アップの効果が得られます。

座りながらできるものもありますので、

簡単に出来るマインドフルネスをご紹介します!

 

①椅子に腰かけ、背筋を伸ばし肩の力を抜きます。
②眠るように目を閉じリラックスさせ、身体に感覚を巡らせます。
③手、太もも、お尻が椅子に触れている、
 と個々の感覚に意識を向け、感じ取ります。
 その部分が段々温かくなっていくような感覚を持ってみて下さい。次に呼吸に意識を向けます。
 深呼吸のような深いものでなく、日常的に自分がしている自然な呼吸で吸う、
 吐くに意識を持っていきます。
⑤自分の呼吸以外に意識が入ってしまう場合は、時間を置き、
 心身ともにリラックスさせてからもう一度行ってみてください。

 

これを10分から15分の間続けてみて、

体がスッキリとした気分を味わえたら成功です!

 

 

まとめ

人生は長いようでとても短いもの。

どんな時間も、無駄にはできません!

寧ろ、日常の中でなかなか取れない自分の為に使う時間を、

病院の待ち時間を利用して作ってみませんか?

そこで、レベルアップした新たな自分に出会えるかもしれませんよ!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!