多肉植物の七福神(エケベリア)が人気!種類や簡単な育て方と増やし方!

レビュー

スポンサードリク






ぷっくりした肉厚の葉っぱがかわいい多肉植物。

あなたは育てたことありますか?

 

多肉植物は、葉っぱや茎の部分などに水分を貯めているので、

お世話も割とほったらかしでも大丈夫と言われますよね?

私も随分前に、かわいい多肉植物を部屋に飾りたいと思い、

購入したことがあります。

 

「植物を育てたことがないからお世話とかどこまでするかわからない!

 でも多肉植物なら、頻繁な水やりも不要で、簡単らしいからきっと大丈夫!」

手軽に百均でいくつか揃えて、お部屋のあちこちに飾りました。

 

ところが・・・枯れたんですよ。

簡単に枯れないと信じていた多肉植物。

ほったらかしでも大丈夫と信じていた多肉植物。

そんな生命力の強い多肉植物まで、私は枯らしてしまうのか・・・

と、落ち込みました。

 

「これから多肉植物を育てたい!」

そう思っているあなたが私のようにならないよう、

多肉植物、ここでは人気の「七福神」について、

基本的な知識と育て方、注意点などを紹介していきますね。

 

 

多肉植物の七福神の学名はエケベリア!種類や大人気の特徴があるの?

スポンサードリク

七福神というのは和名で、ベンケイソウ科エケベリア属の植物です。

学名は「エケベリア セクンダ=エンブリカータ」。

「セクンダ」と「エンブリカータ」2種類とも七福神を指します。

 

この2種類の七福神、何が違うのでしょう?

実はエンブリカータは、セクンダとギビフローラメタリカの交配種。

つまり、セクンダとエンブリカータは親子関係になるということなんですね。

二つを並べてみると、区別が付きにくいほどよく似ているようです。

 

エケベリアには約180種類の原種があり、

どれも肉厚の葉っぱとバラの花のような形をしているのが特徴ですから、

初心者にとっては、セクンダとエンブリカータ以外でも

区別するのは難しいかもしれませんよ。

 

ところで、「七福神」って、随分と縁起の良い名前の多肉植物ですよね!

育てやすいこと、バラの花のような形で可愛らしいことから、

とても人気があるのです。

 

それに七福神は流通量も多くて入手しやすいため、

多肉植物を初めて育てる人向けといえます。

夏になると茎を長く伸ばして、その先に花を咲かせます。

冬には紅葉も楽しめるんですよ!

 

縁起の良い名前なので、お祝いのプレゼントにもピッタリな七福神。

あなたが誰かにプレゼントする時のためにも、

しっかり育て方をマスターしておくといいですね!

 

 

多肉植物の七福神の水やりなどの育て方!雨ざらしは枯れる?

七福神は、日光を好み、寒さに弱いのが特徴です。

耐寒温度が10℃と言われているので、屋内で育てるのが良いかもしれません。

スポンサードリク

日当たりがよい窓辺がベストでしょう。

 

地域によっては屋外でも良いですが、霜がつくほど寒かったり、

逆に直射日光が長時間当たるような場所は避けて下さいね。

また、湿気が多いと根腐れの原因になりますから、

風通しがよい、乾燥した場所を選びましょう。

 

難しいのは水やりです。

普通の植物のように、毎日やる必要はないのはわかっていても、

ついつい気になって、頻繁にやってしまいそうですよね。

それは失敗の元。

 

七福神には、成長期(春・秋)、休眠期(夏・冬)があり、

成長期の水が必要な時期であっても、基本的に10日に1回で大丈夫。

土が十分乾ききってから水やりしましょう。

休眠期にはほとんど水やりは要りません。月に1回程度で良いでしょう。

 

水やりするときには、根元にあげるようにして下さいね。

バラの花のような作りをしているため、

上から水をやると、葉と葉の間に水が溜まってしまいます。

そのままにしていると、そこから害虫が発生することがあるのです。

 

七福神につきやすい害虫は、カイガラムシ。

幼虫の時は殺虫剤で駆除できますが、

成虫になるとピンセットなどで取り除くしかありません。

水やりの仕方に注意し、乾燥状態を保つように気をつけましょう。

 

 

多肉植物の七福神(エケベリア)の増やし方は?葉挿しでとても簡単!

これから七福神をどんどん増やして、言葉通りにたくさんの福をお家に…

って考えている方、いらっしゃいませんか?

 

実は買わなくても七福神は1本から増やすことができます。

初心者の方にオススメするのは葉挿しの方法です。

 

「七福神の葉挿しの方法」

①葉を取る
葉っぱを根元から丁寧にもぎ取り、
土の上、あるいはトレイなどに並べて置きます。
そのまま待っているだけで、根っこが生えてきます。

②根が生えたら水やり
根っこが1㎝ほどになったら、霧吹きで水をあげましょう。
根っこが生える前に水をあげてはダメですよ。
乾燥させることが大事だと覚えておきましょう。

③子株の植え付け
1ヶ月ほど立ったら、子株が成長してきます。
2㎝くらいの大きさになったら、土に植え付けましょう。
枯れた葉っぱを取り除き、軽く土をかけます。

水やりは植え付けてから1週間経った後に始めましょう。

どうですか?とても簡単でしょう?

かわいい七福神を自分の手で増やせるのは、とても楽しみなことですね。

 

 

まとめ

多肉植物の「七福神」、とても育てやすいというのが、

おわかりいただけたのではないでしょうか?

それでも、ちょっとしたことを注意しなければ、私のように枯らしてしまいます!

お世話し過ぎず、ほったらかしにし過ぎず、ポイントを守って育てて下さいね!

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!