花束のプレゼントは困るし嬉しくない人が急増?喜んでもらうために!

暮らし

スポンサードリク






目の前に花束があったら、美しい、きれい、多くの人はそう思うでしょう。

生の花は、本当に特別に美しいものです。

 

そんな美しい花束をもらった女性は、

きっと、「嬉しい!」「ありがとう!」と、満面の笑みで答えるはず。

 

本心でそう答える方も、もちろんいます。

でも、実は満面の笑みの裏には、「正直花束は困る!」

と思っている方も意外に多いのです。

 

とてもきれいな花束のプレゼント、なぜもらうと困るのでしょうか?

 

では、ここからは、

  • 花束をもらって困る理由
  • 花束のプレゼントが喜ばれるシーン
  • 花束を贈る側がしておくこと

について、紹介していきましょう。

 

 

送別会や退職などの節目でも迷惑?花束のプレゼントがいらない理由!

スポンサードリク

花束をもらって困る理由を挙げていきましょう。

① 花に興味がない
② 花瓶をもっていない
③ 飾る場所がない
④ 花の手入れをするのが面倒臭い
⑤ 花粉症なので、花を家に持ち込みたくない
⑥ 花束をもらうと、結構大きな荷物になる
⑦ 花束のプレゼントは、くれる相手によっては気持ちが重い
⑧ 花束は値段が高い。枯れてしまうものにお金をかけないで欲しい

 

こんなにあるのか・・・と、少々ショッキングですよね。

花束はプレゼントに向かないのでしょうか?

いやいや、そんなことはありません。

花束が最適なシーンというのは間違いなくあります。

 

ですから、花束をもらう相手が困らないようにするために、

贈る側ができることは何かを考えましょう。

 

 

花束のプレゼントでおしゃれさや意味より大事な事!それは事前調査!

花束の似合うシーン、花束が欠かせないシーンといえば、

送別会、卒業式、母の日、ピアノの発表会などのイベントや記念日。

それらの日には、豪華な花束は、主役を引き立ててくれます。

 

「花束なんて要らない」というタイプの方でも、

実際に花束がなかったら、こんなイベントの時には寂しく感じるかもしれません。

きっと写真もたくさん撮る日ですし、

花束を抱えて写真を撮った方が主役としても、やっぱり嬉しいでしょう。

 

その他、男性から女性への誕生日のプレゼントや、

プロポーズのときも花束が思い浮かびますよね。

とにかく、それらのシーン全てにおいて、

花束を贈る側は事前調査をしておくほうが良いでしょう。

 

そんな時に活用できる確認項目と、タイプ別のプレゼントを紹介します。

 

花に興味がありそうかどうか!

そもそも花に興味があるかどうか、できれば分かっておくと選びやすいものです。

 

例えば、送別会だから花は欠かせないけれど、あまり花には興味なさそう。

となれば、花瓶も不要で世話が簡単な、かご型のフラワーアレンジメントや、

そのまま飾れるスタンド型のブーケにするのがベスト。

スポンサードリク

大きさも、場所を取らない小さい方が、喜ばれるかもしれませんね。

 

花が大好きな方だと、逆に色んな花瓶を持っているはず。

花瓶選びから楽しんでくれるでしょうから、花束がオススメです。

 

これで、もらって困る理由の①②③④に対応出来ます。

 

好きな色!

その人の持ち物や身につけているものは、

どんな色が多いのかをチェックしておきましょう。

周りの思うその人のイメージカラーと、

その人自身の好きなカラーは違うこともあります。

 

好きなカラーの花束をもらったら、

自分のことを一生懸命考えて、

選んでくれたんだと嬉しく感じると思いますよ。

 

花粉症の有無!

花粉症がある方に渡す場合は、花屋さんに相談してみてください。

花粉が飛散しないようにパッケージングしてくれたり、

アレルギーが出にくい花の種類を考えてくれたりします。

もらって困る理由の⑤に対応出来ます。

 

花を渡す当日の交通手段!

車で移動するなら問題ないでしょう。

でもバスや電車に乗るなら、大きな花束を持って歩くのは、

人の視線が気になって恥ずかしいかもしれません。

 

荷物にもなりますし、持ち運びしやすいように、

花束がすっぽり入る手提げなどを用意しておくことも、

贈る側の大切な配慮です。

 

家がかなり遠い方に渡す場合や相手を驚かせたい時には、

家に直接配達を頼むのもいいですよ。

これらの対応で、もらって困る理由⑥の解決ができます。

 

実際に、以前、私も宅急便で花束を受け取ったことがありました。

会社の送別会が終わり自宅に帰ると、

なんと、フラワーアレンジメントの贈り物が届いていたのです。

 

予想外の出来事過ぎて、忘れられない素敵な思い出です。 

お花の宅急便、個人的にはオススメです!

 

男性から女性に贈る場合はお互いの気持ちを確認!

まず、二人の関係は親密であるのが前提です。

親しくない人からもらうと、もらって困る理由⑦に当てはまりますよ。

 

お付き合いしていたとしても温度差があるようでは、やはり困ります。

お互いの気持ちを確認しておいた方が良いでしょう。

 

相手の性格!

お付き合いしている男女の場合、相手の好みや性格もよく理解しているはず。

 

誕生日やプロポーズで、情熱的なバラの花束を!と思うかもしれませんが、

実用的なプレゼントを好む女性や、「花より団子」という性格の女性が相手なら、

お花にはあまりお金をかけずにミニブーケにして、

それと一緒に、相手が欲しいものをプレゼントしてみては?

 

花束の中にアクセサリーを隠すなんていう、

サプライズをする方もいるようですよ!

これで、花束をもらって困る理由⑧が解決しますね!

 

 

まとめ

いかがでしたか?

これからあなたが、誰かに花束を贈るときの参考になったでしょうか?

「花束のプレゼントは困る」というなら、困らないように考えましょう。

 

そのためには、花束を贈る相手のことを知ることから始めてください。

きっと、本気で喜んでもらえる花束のプレゼントが出来ると思いますよ!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!