決定版!シルクと綿はどちらが肌に良い?違いとシルクのデメリット!

レビュー

スポンサードリク






「シルクは何となく良いイメージ。でも何がいいんだろう」

「高価だからなかなか手を出せない…」

という方は多いのではないでしょうか。わたしもそうでした。

 

ただ、シルクは綿に比べて、肌の健康を守り機能性に優れているという特徴があります。

シルクはなぜ肌に良いのでしょう?

いま一度シルクの特徴、良さを知りたくはありませんか?

綿との違いをご紹介します!

 

 

シルクが綿に勝る特徴を比較!でも洗濯機で洗うとデメリットが!?

スポンサードリク

早速シルクの特徴や綿との比較結果を紹介します!

 

保湿性、抗酸化作用

シルクはカイコの繭から作られており、タンパク質でできた動物繊維です。

人間の肌成分に近い、約20種類のアミノ酸をいくつも結合してできています。

 

繭を形成する繭糸は、2つのタンパク質である、セリシンとフィブロインからできており、セリシンはうるおい成分の「セリン」というアミノ酸を多く含みます。

 

「セリン」は化粧品などにも使われ保湿効果があり、冬の乾燥時期もお肌をしっとり保ってくれます。

フィブロインはコラーゲンの主成分になるアミノ酸を含んでおり、肌を美しくし、抗酸化作用があります。

この効果はシルクの特徴です。

 

シルクは動物からとれる繊維ですが、他の動物繊維であるウール(羊毛)やカシミヤ(山羊の毛)、もちろん植物繊維の綿にはありません。

 

衣服は肌に触れるものですよね。

シルクは肌にやさしく、その健康を守り、保湿や老化防止という形で美容にも働きかけてくれます。

肌の弱い方も使える繊維です。

 

吸湿性と放湿性に優れている

綿の1.3~1.5倍の吸湿性があります。

 

わたしたちの体は1日に1リットルほどの水分が発散します。

この水分を垂れ流しのままだと体温は下がらないため、衣服に吸水(吸湿)してもらう必要があります。

また、水分を多く含んだ衣服は通気性が悪くなります。

水分を衣服から放出し、肌表面を一定の温度に保ってくれる放湿性も重要です。

 

シルクは綿と比べ吸湿性と放湿性ともに優れ、汗をかく夏の時期もサラッとした肌触りを実現してくれます。

わたしたちの肌を健やかに保ってくれるのです。

 

摩擦に弱い

引っ張る力には強いですが、摩擦に弱い繊維です。

そのため洗濯方法に注意が必要です。

洗濯機を使うと他の衣服との摩擦で劣化する恐れがあるため、シルクを傷めないよう、手洗い洗濯が勧められています。

 

洗剤も中性洗剤を使いましょう。

また天日干しだと黄色くあせてしまったり、光沢度が減ったりするので、陰干しとなります。

 

シルクは綿などの他の繊維と比べると肌に良く、機能性に優れています。

シルクが高価な理由は、原料の繭の希少価値が高いこともありますが、よりメリットがあるためです。

 

衣服は肌に常に触れ、毎日身に付けるものですよね。

スポンサードリク

シルク生地はわたしたちの体を労わり、快適さを与えてくれるという特徴があります。

高値にも納得できる良さが、シルクにはあると言えるでしょう。

 

ただし、デリケートな繊維なため、洗濯の取り扱いにだけ注意が必要です。

洗濯方法は、30度~40度のぬるま湯に中性洗剤を溶かします。
その液の中で押し洗いか、振り洗いをします。
その後十分にすすぎ、絞らずそのまま陰干しするか、
スタオルに挟んで水分を取り除き陰干しします。

手順は以上です。

 

手間はかかるかもしれませんが、洗濯時間は短いかもしれません。

また現在は洗濯機で洗えるシルクもあるようですよ。

ぜひ検討してみてください。

ところで綿はシルクに優るところはないのでしょうか。

 

 

シルクより高級綿が勝る?結局はどちらが肌に良いとは決められない?

綿もシルクとほぼ同じ機能性を持ち合わせています。

  • 肌触りがよい
  • 吸湿性・放湿性がある
  • 保温性がある

 

そのなかでも“高級綿”は、シルクのような上品な光沢や高級感を持っています。

Tシャツやパジャマ、ワイシャツに使用され、シルク製品のような着心地の良さが特徴です。

 

高級綿の繊維は長さが35㎜以上(一般的な綿は28㎜)となります。

長さのある繊維は栽培も難しく希少価値が高いため、繊維が長ければ長いほど高級です。

シルクのような見た目・肌触りがあるに加えて、耐久性があり、比較的安価です。

 

洗濯などの摩擦に強く、シルクのデリケートさはありません。

また綿は吸湿性・放湿性・保温性も備えています。

シルクと同じ機能性があるに加えて、耐久性と安値で購入できる点が高級綿の良いところでしょう。

シルクはまだちょっと…という方も高級綿から試してみるのはどうでしょうか。

 

参考までに、世界でも有名な高級綿を3つご紹介します。

  • スーピマ綿/アメリカ
  • ギザ綿/エジプト
  • 新疆綿(しんきょうめん)/中国

検索するとこれら高級綿をつかった衣服が多くでてきますので、ぜひ見てみてくださいね。

 

 

まとめ

シルクの良さ、綿の良さわかってもらえたでしょうか。

肌に良く優れているのはシルクですが、綿にも同様の機能性・生地感のものがあります。

 

シルクは高価だからと綿を選ぶことの多かったわたしですが、

機能性に優れていて、肌に良いという点を知り、シルク素材も1度は試してみたいと思いました。

 

肌に近いインナーものにシルクを挑戦しようか考えているところです。

シルクと綿、それぞれに良さがあり、どちらも持っておきたくはありませんか?

あなたもぜひ使い分けてみてくださいね!

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!