クロールの息継ぎは目線がコツ!苦しいし沈む原因は顔の向きにある!

趣味・イベント

スポンサードリク






しぶきを上げながら、プールの端から端まであっという間に泳ぎ切り、

クルッとターンをして、また泳ぐ。

憧れますよね。

 

泳法にはクロール、平泳ぎ、背泳ぎ、バタフライとありますが、

なんといっても、クロールが出来るってかっこいい!

 

「クロールが出来るようになりたい!」

そう憧れた小学生の頃の私は、学校の水泳の時間にやろうとしたのですが、

息継ぎが上手くいかない。

どうしても、がっつり頭を上げてしまうのです。

 

結局、クロールが出来ないまま、大人になりました。

特に泳げなくて困ったことはなかったけれど、

心のどこかで、「いつかは・・・」と思っていたんでしょうね。

 

大人になった私は、我が子を水泳教室へ入れると同時に、

ジムのプールへ通い始めたのです。

なんとしてもクロールを克服するために・・・。

 

その結果、今では、多分?!ちゃんとしたクロールを泳げていると思います。

息継ぎというと、当然、呼吸法が大切です。

そして、それと同時に息継ぎの時の目線も、かなりの重要ポイントとなります。

 

「目線」がポイントって、意外に思いませんか?

では、クロールの上手な息継ぎ方法を、

呼吸法と息継ぎの時の目線に分けて、説明していきましょう。

 

 

クロールの正しい呼吸法!!息継ぎ時の息を吸うタイミングはこれだ!

スポンサードリク

あなたは水の中に潜ると、ついつい息を止めてしまう癖はありませんか?

呼吸は止めずに、水中では吐くようにしましょう。

吐くときは、鼻でも口でも良いのですが、できれば鼻から吐くようにします。

というのは、水が鼻から入るのを防ぐためです。

 

人間、吐ききった後は吸おうと意識しなくたって、自然に息を吸い込みますよね。

ですから、水中で吐ききってしまえば、

息継ぎの時に「パーッ!」と口を大きく開けて、息を吸い込めるわけです。

吸う時は、鼻からではなく口から息を吸い込みます。

 

吐ききるといっても、8割程度、全くの初心者の場合は6割程度でいいでしょう。

全て吐ききってしまうと、苦しさのあまり余裕がなくなってしまいますから。

余裕の無い状態で息継ぎすると、タイミングがずれて水を飲む原因にもなります。

 

逆に、吐き足りないと、息継ぎの瞬間に残りの息を吐いて、

そして吸うという2つの動作をしないといけないため、息継ぎに時間がかかります。

息継ぎに時間がかかるということは、体勢を崩す原因になりますから、

水中で6割から8割程度、しっかり息を吐くということは、大切なポイントなのです。

 

 

クロールの息継ぎ時の目線は「斜め後方の天井」!子供にも教えるコツ!

スポンサードリク

呼吸のコツを覚えたら、次は気になる息継ぎの時の目線。

 

初心者がやってしまいがちな息継ぎは、

水面からがっつり頭を上げてしまうという、

とても不細工な私も子供の頃やっていた息継ぎ方法。

それだと、息継ぎのたびに身体が沈んでしまい、前に進むことが出来ません。

 

ところが、正しい目線を意識することで、フォームはガラッと変わります。

「斜め後方の天井」を見るようにして下さい。

あるいは、水を掻いて水面に上がってきた「自分の手を見る」でもいいでしょう。

 

今、実際にやってみるとよくわかると思います。

床の上でうつ伏せになって「斜め後方の天井」、

水を掻いたつもりになって「自分の手の指先」を見てみましょう。

 

すると、口元は結構床から離れた高い位置にきていませんか?

これを水面でやってみると、ちょうど口元は水面上に出ますから、

ちゃんと呼吸ができます。

 

正しい目線を知るだけで、不細工な息継ぎのフォームから、

きれいな息継ぎのフォームに変わるなんてびっくりですね。

この目線と呼吸方法を組み合わせることが出来れば、

あなたもクロールが泳げるようになるはず!

 

目線と呼吸法を合わせた息継ぎ方法をまとめてみましょう。

①息継ぎのタイミングまでに、水中で6から8割程度息を吐きます。

②そして息継ぎ。
 このとき、「斜め後方天井」「自分の手」を見ながら、
 「パーッ」と、息を口から吸い込む。
 (息継ぎの向きは、左右どちらでもやりやすい方で構いません。)

③ずっと、①②を繰り返していく。
 息継ぎ回数は同じ方向でしか息継ぎできないのであれば、
 2回に1回、4回に1回、
 左右両方で息継ぎできる人なら、
 3回に1回、5回に1回にしてもOK。
 自分のペースに合わせてください。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

 

息継ぎのコツは、大きく二つ。

  • 水中で吐く息は6割から8割程度。
  • 顔を上げようと思ったらだめ。目線は「斜め後方天井」を意識する。

最初は難しいかもしれませんが、是非チャレンジしてみて下さいね。

 

これが出来るようになったら、

「もっとスピードを上げたい!」「ターンのやり方を知りたい!」

など、もっともっと上を目指したいと欲が出てきそうですね!

 

いつの間にか、あなたも、憧れの存在になるかもしれませんよ!