化粧崩れ防止に事前のスキンケアで下地を!怠ると乳液がよれる原因?

暮らし

スポンサードリク






あなたは化粧前、スキンケアしていますか?

乳液をぬった後化粧をしたら、よれてしまったという方。

スキンケア後に5分程、間隔をあけていますか?

 

乳液は油分が多いため、すぐに化粧をするとよれてしまいます。

乳液を使った後はしばらく時間をおきましょう。

また、使う量は少なめです。

1プッシュ程度を手に取り、顔全体に薄くのばします。

 

朝の忙しい時間帯に5分も待てない!という方は、少し工夫してみましょう。

スキンケアの必要性と合わせて、ご紹介しますね。

 

 

忙しい朝は乳液がよれる原因に?乳液で化粧のノリを良くするために!

スポンサードリク

スキンケア後すぐの化粧は、よれてしまいがちです。

日焼け止めや化粧下地、ファンデーションにも、油分が含まれています。

 

乳液の油分が馴染んでいないところに、

新たな油分を加えてしまえば、全てが馴染みません。

乳液をぬった後は、時間を少しあけ馴染ませることが大切です。

 

わたしの場合ですが、起床後まず洗顔し化粧水や乳液をぬります。

朝食の準備や着替えをしていれば、あっという間に5分経過です。

残った乳液を軽くティッシュでオフし、ベースメイクにうつれば、

よれることもありません。

 

 

化粧前のスキンケアがおすすめな理由!化粧崩れしない下地を作る4工程!

そもそも化粧前のスキンケアって必要?と思う方もいるかもしれません。

化粧前にスキンケアすると、乾燥を防ぎ、化粧崩れが起きにくくなりますよ。

 

スキンケアしない肌というのは、乾燥を引き起こします。

乾燥を補うために過剰な皮脂が分泌され、メイクがドロドロに溶けるのです。

 

乳液の役割は、化粧水の潤いを肌に閉じ込めることです。

潤いにしっかり蓋をすることで、乾燥しにくい肌となります。

化粧水だけでは潤いは蒸発してしまうため、乳液も必ず一緒に使いましょう。

 

順番をまとめると以下となります。

  1. 洗顔後、化粧水、乳液やクリームをぬる
  2. 5分程間をあける
  3. 顔表面に乳液などが残っていればティッシュで軽くオフ
  4. 日焼け止め、化粧下地、コンシーラー、ファンデーション、フェイスパウダーの順で化粧

 

 

色んな化粧崩れの原因と改善方法!化粧下地のおすすめの塗り方とは?

その他の化粧崩れの原因と改善方法をご紹介しますね。

 

化粧下地を使っていない

化粧下地を使わないと、ファンデーションが肌に密着せず、

スポンサードリク

汗や皮脂で化粧が崩れやすくなります。

化粧下地は、ファンデーションの肌への密着効果を高めるものです。

 

化粧もちもよくなり、ファンデーションの使用量を少なくできるため、

化粧崩れしにくくなります。化粧下地の使用がおすすめです。

 

化粧下地が肌に密着していない、ファンデーションと相性がよくない

化粧下地の使う量が多いと肌に密着せず、

化粧よれの原因となり崩れやすくなります。

薄くぬることを心がけましょう。

 

正しい塗り方は、以下となります。

  • 小豆粒大の量を指にとる
  • 両頬、鼻とあご、おでこの順番に薄くつけ、余った量をその他の箇所につける

 

化粧下地とファンデーションは、同じブランドのものを使うといいでしょう。

なぜならお互いの相乗効果が高まるよう開発されているためです。

ファンデーションのノリが悪いなと感じたときは、

同じブランドの化粧下地に変えると、よくなるかもしれません。

 

 

ファンデーションを塗りすぎている

ファンデーションの厚塗りも、肌に密着していない状態であり、

汗や皮脂でとても崩れやすいです。

使う量は少なめを意識しましょう。

 

クリーム、リキッドファンデーションの塗り方は、以下です。

  • 小豆粒大の量を手のひらにとり、指で軽くなじませる
  • 両頬、あご、鼻、おでこの順に薄くぬる
  • 顔の中心から外側へ、塗った箇所をブラシでくるくる伸ばす
  • 目の下、小鼻まわり、鼻の下もブラシでなじませる

 

パウダーファンデーションのぬり方は、こちら。

  •  パフの3分の1の量をとる
  •  両頬、あご、おでこ、鼻、その他の箇所の順に、顔の中心から外側へ薄くぬる

 

クリーム、リキッドファンデーションも、

パウダーファンデーションも、ブラシを使うと密着度が高まります。

 

 

汗や皮脂

スキンケアやベースメイクで土台作りをしても、

汗や皮脂でメイクが崩れてしまうこともあります。

 

そのときのなおし方を紹介します。

  • 何もついていないスポンジでよれている部分を叩く
  • ファンデーションを少量取り、薄く塗っていく
  • 鼻まわりは特によれやすいため、スポンジで、ファンデーションを密着させるよう軽く叩きこむ

 

どんなときも、ファンデーションは薄ぬりを心がけましょう。

 

 

まとめ

わたしも、化粧前のスキンケアがおろそかな時期がありました。

汗や皮脂で崩れたメイクに、

ファンデーションを厚く塗ることでよしとしていました。

 

ですがスキンケアやベースメイクをきちんとすると、

化粧崩れしにくくなり、素肌も健康的になりました。

化粧で隠す必要も少なくなりましたよ。

 

化粧をするときはぜひ今回の方法を試してみてください。

スキンケア、化粧下地、ファンデーションの量は少なめを心がけ、

肌に馴染ませること、密着させることをぜひ意識してみてくださいね!

健やかな肌を保ちつつ、化粧を楽しみましょう。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!