シャボン玉液の手作りですぐ割れる悩みを解決!割れない最強の作り方!

暮らし

スポンサードリク






子どもの頃、すごくワクワクしたシャボン玉、虹色にキラキラしていて、見ていても作っていても、すごく楽しかったな…。今度は、子どもと一緒にシャボン玉遊びをしたいな…。そう考えてはいませんか?

 

でも、一つ気になることはすぐに割れてしまうこと。すぐに割れないシャボン玉つくれないかな…って思いませんか?

ところで、なぜシャボン玉が割れてしまうのか知っていますか?

それは、重力で液が上から下のほうへ流れていき、シャボン玉の上のほうの膜の厚さが薄くなってしまうこと。そして、水分が蒸発して割れてしまう、などの理由があるそうです。

 

そんなシャボン玉を、割れにくくする作り方があるとしたら、作ってみたくなりませんか?そして子どもと一緒にあの頃のワクワクを、もう一度体験してみましょう!

 

 

シャボン玉液は洗濯のりを入れると割れない!簡単手作り方法3選!

スポンサードリク

シャボン玉が割れる理由は、先ほどお話しした通りです。

そんな、すぐ割れてしまうシャボン玉、割れにくくする作り方をご紹介していきます!

 

洗濯のりを入れる!

【材料】

  • 水 200ml
  • 台所用洗剤 10m
  • 洗濯のりPVA(ポリビニルアルコール)の含まれているもの 25ml

 

【作り方】

水200mlの中に洗濯のりを25ml加えます。よく混ぜたら台所用洗剤を10m加えて、泡がたたないようにゆっくりとかき混ぜましょう。

洗濯のりを入れることによって、シャボン玉の膜を強くし、さらに膜を均一に保ってくれるため、割れにくいシャボン玉ができるそうです。

 

ガムシロップを入れる!

【材料】

  • 水 200ml
  • 台所用洗剤 10m
  • ガムシロップ 50ml

 

【作り方】

水200mlの中に台所用洗剤を10m加え、泡立たないようゆっくりと混ぜます。よくかき混ぜたらガムシロップを入れて混ぜましょう。

ガムシロップを入れることにより、粘性を高め水の蒸発を防いでくれるため、割れにくくなるそうです。

 

グリセリンを入れて大きいシャボン玉を!

次にご紹介するつくり方は、大きいシャボン玉を作りたい!というときに試してみてもらいたいつくり方です。

 

【材料】

  • 水 1.5l
  • 洗濯のり(PVAが含まれているもの) 200ml
  • 台所用洗剤 200ml
  • グリセリン 200ml

 

【作り方】

これらの材料をビニールプールなどに入れ、他のつくり方と同じよう、泡立たないようにゆっくりと混ぜましょう。大きなシャボン玉を作る際には、グリセリンを入れることがポイントとなるようですよ!

 


材料はホームセンターなどで用意することができますし、すぐ割れてしまう…という思いをせず、シャボン玉で遊べるのはうれしいですね!

スポンサードリク

子どもと一緒にぜひ、割れにくいシャボン液を作ってみてはいかがでしょうか?

 

 

シャボン玉の道具を手作りして遊ぼう!ハンガー以外にあんな道具も?

割れにくいシャボン液を作ったら、ストローなどで吹く以外にも、いろいろな道具を使って遊んでみたくなりませんか?

ここからは、いろんな道具を使った遊び方をご紹介していきます!

 

うちわ

まずはうちわの紙を全部はがしてみましょう。お湯につけ、ふやかすとはがしやすくなるそうですよ。

うちわの紙を全部はがしたら、シャボン液を入れた大きめの容器にうちわをつけて、うちわをふるとたくさんシャボン玉が出てきますよ!

 

ハンガー

針金ハンガーを広げながら丸い形を作りましょう。付け根部分に隙間ができないよう、ペンチで曲げておきましょう

次に、丸く広げたハンガー全体に、毛糸をくるくると巻き付けていきましょう。巻きつけたら、あとはシャボン液をたっぷりつけて遊んでみましょう。

大きいシャボン玉がつくれるので、大人も子供も一緒に楽しめるのではないでしょうか?

 

フラフープ

次に紹介するのはシャボン玉の中に入る!という実験的な遊び方です。フラフープの中に入る人と、外からフラフープを持ち上げる人が必要です。

まず、フラフープ全体に包帯などを巻きつけます。

次に、シャボン液をビニールプールなどに入れて、中央に人が立っている状態で、先ほど用意しておいたフラフープをシャボン液の中に入れ、たっぷりと液をなじませます。

液がなじんだら、もう一人の人がフラフープを上に持ち上げてみてください。

 

うまくできればシャボン玉の中に入ることができます!シャボン液の入ったビニールプールの中はとても滑りやすくなっているので、長靴を履くなどして十分注意しましょうね。


 

道具をつかった遊び方をご紹介してきましたが、子供と遊んでみたくなったのではないでしょうか?お休みの日にぜひ、家族でワクワクする思い出を作ってみてください!

 

 

まとめ

シャボン玉が割れてしまう理由や、割れにくいシャボン玉のつくり方、そして道具を使った遊び方をご紹介してきました。材料を工夫することで割れにくくなると、「すぐ割れる」という心配がなくなるので、遊びの幅が広がりますね!

 

どうですか?あの頃のワクワクした気持ちを、子どもと一緒に体験してみたくなってきませんか?

大きなシャボン玉を作ったり道具を使って実験してみたり、たくさん遊んで、家族でいっぱいワクワクする思い出を作ってみてくださいね!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!