大根は部位別で料理に使い分けを!上と下ではどっちが甘い?

レビュー

スポンサードリク






大根の上と下、お店ではべつべつに売っているけれど、何が違うのかな?

甘いのはどっち?

それとも違いってないのかな?

 

買いもの中、ふと疑問に思ったことがあるのではないでしょうか?

大根は、部位によって甘みや辛みがちがいます。

 

大根は下に向かって成長していきます。

そのため、下のほうは成長していく際、

害虫などから身を守るために、辛み成分が強くなっているそうです。

 

反対に、大根の甘み成分は葉に集中しているため、

上の部分は甘くなっているそうです。

 

買いもの中に、どっちを買おうかな?と悩んだら、

上のほうの甘い大根を食べたいのか、

それとも、下のほうの辛みが欲しいのかで決めるとよいですね!

 

今回は部位での違いや、それぞれにぴったりの調理法を紹介しますね!

 

 

大根の美味しい部分はここだ!!上と下で辛いのは?甘いのは?

スポンサードリク

大根の上と下、どちらが甘いのか辛いのかは、先ほどお話しした通りですが、

そのほかにも、上と下でなにか違いはあるのでしょうか?

ここからは、それぞれの特徴と、おすすめの調理法をお話ししていきますね!

 

上の部位

葉に近い上の部位は硬くて甘みがあります。

さらに水分が多いのも特徴なので、サラダなど生で食べるのに適しています。

 

硬いので、千切りになどにすると食べやすいですね!

大根サラダに揚げたちりめんじゃこをトッピングして食べると、

とてもおいしいですよね!

 

中間の部位

柔らかく甘みや辛みのバランスが良く、加熱すると柔らかくなるのが特徴です。

煮物やおでん、炒め物などいろいろな料理にしやすい部位ですね!

柔らかく温かいおでん…。とてもおいしそうですね!

 

下の部位

水分が少なく、辛みが強く繊維が多いのが特徴です。

汁物や漬け物、辛めの大根おろしなどにむいています。

 


大根は部位を使い分けて、いろいろな料理に使うことができる頼もしい食材ですね!

ちなみに私は、辛い大根おろしが大好きなので、

下の辛い部位を好んで食べています。

 

あなたはどの部位がお好みでしょうか?

それぞれの部位の特徴を知ったら、

「この部位はどんな料理にしようかな?」

と、献立を考えるのも楽しくなりそうですよね!

 

 

大根の栄養価や成分はない?大根の葉や上と下の栄養からおすすめ料理!

ところで、大根にはどんな栄養素がふくまれているのか知っていますか?

 

大根は、「ビタミン類、イソチオアネート、ジアスターゼ、カルシウム」など、

スポンサードリク

他にもたくさんの栄養素が含まれています。

 

しかし、大根に含まれる栄養素は、

調理法によっては栄養素を損なってしまうことがあるようです。

 

ここからは、先ほどお話しした部位別の特徴をふまえて、

栄養を損なわないおすすめの食べ方をご紹介していきますね!

 

上の部位

大根にはジアスターゼという消化酵素が含まれています。

このジアスターゼは熱に弱い性質があるそうです。

 

大根の消化酵素の効果を得たい!という場合には、

甘く水分が多い大根の上の部位で、サラダにして食べるなど、

生で食べることをおすすめします。

 

下の部位

大根の下の部分には辛み成分でもあるイソチオアネートが多く含まれており、

下に(根に)近いほど多く含まれているそうです。

 

このイソチオアネートは、抗酸化作用や抗菌作用などが期待できるそうです。

また、この栄養素も熱に弱いため、

イソチオアネートの効果を得たい!という場合には、大根おろしにするなど、

こちらも生で食べることをおすすめします。

 

葉の部分

大根の葉には、

ビタミンC、ビタミンA、カルシウムが多く含まれているそうです。

 

カルシウムは骨や歯の材料になる成分ですし、

ビタミンCやビタミンAなどは、美肌にいいことでも知られている成分なので、

大根の葉に含まれているなんて、とてもうれしいですよね。

 

大根の葉からビタミンCを摂りたいときには、熱に弱いため生のまま、

刻んで浅漬けやサラダに混ぜて食べるなどをおすすめします。

 

また、ビタミンAは油で炒めると吸収がよくなるそうなので、

炒め物などにするとよいですね。

 

私のおすすめは、ごま油で大根の葉・ツナ缶・豚ひき肉を炒め、

しょうゆ、みりんなどで味付けした炒め物です。

ご飯にとても合うのでぜひ作ってみてください!

 


大根は栄養素が豊富ですから、せっかくなら、

その栄養を逃したくないですよね。

栄養を損なわないおすすめの食べ方、ぜひ参考にしてみてください!

 

 

まとめ

ここまで、大根の上と下の違いとおすすめの食べ方、

そして、栄養素を損なわないための食べ方について、

お話してきました。

 

上と下で甘さや辛さが違うほかに、

水分の量や栄養素の含まれる量まで違いがあるんですね!

上と下、どちらが甘いのか、辛いのか、疑問は解決できましたでしょうか?

 

大根はいろいろな料理に使うことができるので、とても身近な食材です。

買い物に行くとつい大根をカゴに入れる!

なんてことも多いのではないでしょうか?

 

栄養があり、葉を含め、まるまる一本おいしく調理できる野菜ですので、

調理する際にはぜひ、ここでお話したことが参考になれればうれしいです!

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!