流行のベランピングとは?テントのおすすめやトラブルを避ける注意点!

スポンサードリク






どこかに気分転換がてら外出したい、

けど、こんなご時世だし密になる行動は出来るだけ避けたい…。

 

そうだ!キャンプならリラックスも出来るし、密回避も出来るのでは!?

と思ってキャンプが出来る場所を調べてみるとビックリ!

密どころじゃない人の大混雑っぷりにトイレに並ぶ長蛇の列…。

みんな考えることは一緒なんですね。

 

ということで、そんな行き場をなくした方の為に、

自宅で出来るキャンプとして話題の「ベランピング」について、

お話していきたいと思います!

 

まず、この聞きなれない「ベランピング」という言葉ですが、

ベランダとグランピングを掛け合わせて作られた造語です。

そんなベランピングが実は新時代のキャンプスタイルとして、

密かなブームとなっているのをご存じですか?

 

そのブームの理由は、自宅にいながらできる気軽さ、

型にはまらない独自のキャンプスタイル、そして片付けも簡単!

これが必須というルールの存在しないベランピングですが、

初心者には何を揃えたらいいのかチンプンカンプンですよね。

 

なので、これがあれば自宅のベランダでもキャンプ感を味わえる!

というアイテムをご紹介していこうと思います。

 

 

ベランピングに必要なもの4選!テントはこのタイプがおすすめ!

スポンサードリク

それではこれからベランピングをしたいって初心者の方へ、

最低限必要なおすすめアイテムを紹介しますね!

 

テント

まず、キャンプ気分を味わうために必要不可欠なものと言えば、テントです。

このテントにも様々な種類がありますが、

ベランピング時に注意すべき点はテントの大きさです!

 

ベランダに置くのであれば、ポップアップテントやワンタッチテント。

この2つ混合されがちですがちゃんと違いがあるんです。

 

ポップアップテント

収納袋から出して直ぐに立ち上がるのがこのテントの特徴です。

テントを立てるのが苦手な方にはもってこいですよね。

 

そして、コンパクトで軽量化されているという点。

なんと、ちょっと大きめのバックに入れて持ち運べてしまう!

ってくらいのサイズ感なんです!

 

ワンタッチテント

こちらは骨組みがしっかりとしていて、

強度の高いテントを求めている方にピッタリのテントです。

 

自宅のベランダとはいえ、本格的な雰囲気を味わいたい方はこちらがオススメ。

実際BBQなどに持っていくとなると、

骨組みの重さが堪えますがベランダなら問題なしです!

 

両方とも値段は一般的なキャンプに使うテントと比べるとかなりリーズナブルで、

3000円~5000円代となっています。

20000~50000円前後と高価な本格的テントを買うよりは断然お得です。

 


という事で、ベランダに置く用のテントであればコンパクトでお安い、

このワンタッチテントかポップアップテントがオススメとなります。

 

そして、ベランピングのテント選びに重要なポイントはもう一つ。

それはベランダの奥行と、テントの入口側の幅を把握することです。

 

ここを理解していないと買ったはいいものの、

ベランダに収まらなかったり、幅を取り過ぎた!

なんてことになってしまいます。

 

なので、まずはベランダの奥行を測り、

テントに関しては入り口幅を事前にチェックし購入に挑みましょう。

 

サンシェード

ベランダの目隠しとして優秀なのがこのサンシェード。

実は、このアイテムがあればテントを置かずとも、

お洒落なプライベート空間がつくれちゃいます。

 

ベランダの手すり部分と窓枠部分を利用して取り付ければ、

日よけや防水仕様のものであれば雨もしのげます。

 

ですが、マンションやアパートなどでは

サンシェードが使用禁止な場合もありますので、

その場合はテントに頼りましょう。

 

ランタン

このアイテムがあると無いとではベランピングの

キャンプ味度合いがだいぶ違ってくるんじゃないでしょうか。

ベランダという事もあり火気厳禁なため、

恒例のキャンプファイヤーなんてもっての外。

 

ですが、真っ暗闇の中でランタンの光に照らされた風景は、

普段では経験できない温かみがあります。

それに、夜になると自宅とはいえかなり暗くなるので光は必須です。

充電式のランタンは災害時にも活用できるので、あって損はないですよ!

 

料理

そして、キャンプ時の醍醐味といえば、料理ですよね。

ですが、前述したとおり火気厳禁プラス煙も周りの迷惑になる可能性があります。

ということで、せっかくの自宅なのですからそこを有効活用して、

スポンサードリク

自宅のキッチンで調理してベランダで食べる。なんていかがでしょう。

その際に雰囲気を味わいたいのなら

ワンプレートにより取り見取りの料理を並べ、食べるのも素敵ですよね。

 

でも、それじゃキャンプ気分がいまいち味わえない…

という方には、煙もニオイも抑えられ火を使わない、

グラファイトグリラーのようなホットプレートなどがオススメです。

 

 

更にベランピング上級者へ!DIYでウッドパネルや人工芝へ!?

ベランピングをもっと徹底的に楽しみたい!

という方に是非とも試していただきたいのが、

ベランダの床を変えてしまうことです。

 

雰囲気を大事にするのであれば、人工芝やウッドタイルを敷くのも、

グッとキャンプ感を味わえる方法の一つとなっています。

 

ウッドパネルを使う際は、人工木の樹脂製パネルがベストです。

実際の木材を使ったものだと水に弱く、

傷んでしまったり虫が湧いてしまったりと様々な問題が発生しますので、

手入れが簡単で長持ちな人工木パネルはかなりおすすめです。

 

 

ベランピングは近所迷惑!?トラブルを避けるための注意点!

さあ、ここまでベランピングをより楽しくする工夫やアイテム紹介しましたが、

自宅ならではの注意点もしっかり存在します。

 

まず、一般的にマンションでベランダに物を置くことは基本禁止されています。

ベランダは駐輪場や駐車場と同じでマンション居住者全体の共用部分です。

なので、災害時などの避難経路にもなっており、禁止事項も定められています。

 

これに関しては、自身の住むアパートやマンションの規約に従いながら、

ベランピングを心がけてくださいね。

 

そんな注意事項の多いベランダでの4つのNG行為をまとめてみましたので、

是非参考にしてみて下さい!

 

煙やニオイ

ベランダで料理をした際に出る煙とにおい。

キャンプには定番ですがこれをやってしまうと、

ご近所トラブルのもとになるので要注意です。

 

ベランダで洗濯物などを干している方にとってニオイは最大の敵!

食事を味わうなら上記で提案したキッチンからの食事や、

煙やにおいの発生しない調理器具での方法で楽しんでくださいね。

 

騒音

仲間うちや家族とベランピングする際に注意してほしいのが、騒音です。

普通にしゃべるくらいなら問題ありませんが、

テンションがあがってしまった場合、

そのときの声のボリュームは近所迷惑になります。

 

その他にも、音楽やラジオを流す、

動画などをヘッドフォンなしで聞くなどは、

騒音問題に発展しますのでご注意ください。

 

お子さんの行動

お子さんはきっと大好きなベランピング。

いつもと違う光景にはしゃぎ過ぎてしまうのが目に見えます。

 

そうなると怖いのが、子供から目を離した隙に起きる事故です。

特にベランピングの際は、さまざまなものが足場代わりに置いてあります。

なので、サンシェードが使える際は張り巡らしておく、

お子さんがベランダに出る際は常に目を光らせてください!

 

避難経路

そして最初に話したように、ベランダは避難経路として使われる大切な場所です。

 

お隣さんとの境には「この付近に物を置かないでください。」

という明記がされているはずです。 

その部分には絶対に物を置いてはいけません。

 

テントの幅がギリギリだからという理由でもアウトですよ!

テントもそうですが、キャンプ道具などはベランピングが終わる度に、

ベランダから片づけてください。

 

 

まとめ

時代と共にキャンプの仕方も変化を見せていく日々に驚きを隠せない反面、

家族の絆も深くなる、思い出作りとしてとても素敵な変化だなと思います。

 

小さい頃、私も自宅の庭先でテントをしたことがありました。

その時は子供だったので、おしゃれさなど考えず、

夜をテントの中で過ごすワクワク感でいっぱいだったのを覚えています。

 

テントを立てた場所がごつごつした地面だったので、

痛かったし虫の侵入にもびくびくしながらでしたが、

どんな思い出よりも鮮明に残っている記憶でもあります。

 

そんなワクワク感を是非とも一人でも、家族とでも、

カップルとでも体験し味わって素敵な思い出にしてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!