寝不足も解消!?子育て中の寝かしつけ!イライラを防ぐ工夫!

暮らし

スポンサードリク






寝かしつけは子供が小さいうちは、子育てするにあたって必須ですよね。

だけど、子供はなかなか思うように寝てくれないもの。

 

そんな日々が続くと、

「何で全然寝てくれないの?」

「そんなに泣くなら寝ればいいじゃない」

「やること溜まってるから早く寝てほしいのに」

とついイライラしてしまいますよね。

 

風の噂で、自力で寝てくれる赤ちゃんがいると聞きますが

そんなのはうちの子には夢のまた夢...

 

寝かしつけで悩んでいるママさんたちが聞きたいのは、

「うちの子勝手に寝てくれますよ!」

「朝まで起きませんよ!」

なんて話ではないんですよね。

 

本当に知りたいのは

「どうしたら今より早く寝てくれるか?」

「少しでも長く寝てくれるか?」

ではないでしょうか?

 

最近、寝かしつけに悩むママたちと話す機会がありました。

そのとき聞いた悩みや、寝かしつけの成功体験を参考に、

今回は寝かしつけの時に試していただきたい工夫について

お話ししたいと思います。

 

私はみんなの話を聞きながら

当時藁にもすがる気持ちだったことを思い返して

「早く知ってたら試したのに!」と感じましたので

寝かしつけに悩んでいるママさんは是非最後までチェックしてくださいね。

 

 

少しでも早く寝てもらう方法がある!?上手い寝かしつけ方法!

スポンサードリク

ただでさえ夜中に数回目を覚ます赤ちゃん。

ママはずっと寝不足ですよね...

「眠すぎて頭が回らない」

「寝てないからちょっとのことでイライラしちゃう」

なんて声をよく聞きます。

 

寝不足のママからしたら一刻も早く寝てほしいですよね。

 

今回ママたちに寝かしつけの工夫を聞いたら、

以下の生の声を頂きました。


「昼夜の区別をつけるために、

お昼寝の時は部屋を暗くしたりしない」


「なるべく散歩に出て疲れさせる」


「赤ちゃんは外から入ってくる情報が多すぎると

疲れてしまい寝れなくなるので、夕方以降はまったりする」


「トントンするとそれで目を覚ましてしまうので、

うとうとし始めたらそっとしておく」


「大泣きしてしまうと、泣き止めず眠れなくなるので

置いたときに泣き止まなかったら大泣きする前に抱き上げる」


「だっこで寝かせると置いたときに背中スイッチが起動して

バレてしまうので、なるべく転がらせたまま寝かしつける」


 

ちなみに私はこれらを聞いて、散歩を夕方からお昼に変えたら

わりとすんなり寝てくれたので試す価値アリです☆

 

そして、みんなを悩ませていたのは、

抱っこして寝かせた赤ちゃんを

ベットに降ろすときに赤ちゃんが起きてしまうこでした。

 

背中の感覚が、ママの腕から固いベットに変わることで

降ろされたのを気づいてしまうみたいです。

知らなかったのですが、これ「背中スイッチ」と呼ばれています(笑)

 

けっこう鬼門ですよね。

つまり、背中スイッチを制するものは寝かしつけを制する

スポンサードリク

なんて感じでしょうか?

 

背中スイッチを作動させないための方法は以下です。


「あらかじめ転がらせておいて、寝かしつけをする」


「降ろした直後に、赤ちゃんの足をゆらゆらさせると

気づきにくい」


「布団を暖めておく」


「おしりから降ろす」


などが効果的のようです。

 

私はおろしたら素早く、暖かい布団に子供をくるむように

していました!下ろす直前まで子供のお腹と、自分の体を

くっつけておくといいですよ!

 

なかなか寝てくれなかったり、やっと寝てくれたと思ったら

ベットに置いたとたん大泣き...

 

そんなお悩みをお持ちの方は是非試してみてくださいね。

 

ちなみに、

うちの子供には、布団を暖めておくのが一番効果アリ

でした☆

 

赤ちゃんの寝るスペースは小さいのでタオルの大きさで十分でした。

 

 

赤ちゃんの睡眠時間を延ばそう!寝かしつけ・工夫の方法!

寝かしつけがクリアしたら、あとはなるべくたくさん寝てくれるのを

祈るのみですよね(笑)

 

まとまって眠れる時間は、本当に赤ちゃんによって個人差があります。

中には、朝までノンストップで眠ってくれる子もいれば

二時間おきにしっかり目を覚ます子もいますよね。

 

では、赤ちゃんがまとまって寝やすい環境を作るために

ママたちはどんな工夫をしているのでしょうか?

 

多かったのが

「暑すぎると起きてしまうから、寝ている間はけっこう汗をかいたりするので

少し薄着くらいにしておく」

というものでした。

あとは「足で蹴った感触で起きてしまうので、

あまり布団はかけすぎない」

という工夫も。

 

効果があったと好評だったのが

「寝る前の授乳をミルクにする」という方法です。

母乳は消化がいいので、お腹が空く感覚が短くなることが多い。

腹持ちの良いミルクをあげると、比較的長く寝たという声が聞けました。

 

完全母乳にこだわりがあったり、赤ちゃんが哺乳瓶を嫌がる

ということがないのであればおやすみ前の一回だけを

ミルクに変えてみるのもいいかもしれませんね。

 

我が子も、退院時に体重が落ちてしまっていて

ミルクを足していたことがあったので

残っていたミルクと哺乳瓶で早速試してみました。

 

いつも長くて4時間ほどだった睡眠時間が、

ミルクのお陰か偶然なのか6時間に!

 

久々に少しまとまって私も眠れたので嬉しかったです☆

 

また、うちの子も足が元気で布団をよく蹴飛ばしてしまうので

アドバイスを参考に掛け布団をやめて、コットンのブランケットに変えました!

 

大判サイズのものを用意して、掛け布団の半分に子供を乗せて

もう半分をかけてサンドイッチのように...

 

すると布団の余りも少なくなって、蹴ってしまって起きることがなくなりました。

 

 

まとめ

参考になりましたでしょうか?

寝不足の毎日は本当に辛いですよね...

 

色々なママのやり方を参考にしながら、お子さんに合った方法

ママに楽な方法を探してみてくださいね!

 

新しい発見があって楽しいかもしれません☆

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!