正倉院の歴史や宝物展とは?倉庫に宝物が保管された理由と時代はいつ?

レビュー

スポンサードリク






毎年10月下旬から11月上旬にかけて、

奈良国立博物館で開催される「正倉院展」。

 

正倉院展は非常に人気の高い展覧会で、

毎年、開催期間約2週間の間に、20万人以上もの人が訪れます。

そしてその中には、何度も訪れるファンも多いといいます。

 

正倉院展で展示される宝物は、毎年60点ほど。

正倉院の宝物は約9,000点もあるといいますから、

一生通い続けても、全てを見るのは難しいということになります。

 

約1,300年前の宝物が、現在まで守られ続けているなんて、本当に奇跡的なこと。

私たちの身の回りの物が、数年で劣化してしまうことを考えれば、

改めてすごさを感じます。

 

それでは、そんな宝物を長年保管し続けてきた正倉院について、

そして、正倉院展について、紹介していきたいと思います。

 

 

正倉院の歴史をわかりやすく簡単に!倉庫保管の理由やいつ建てられたなど!

スポンサードリク

小・中・高の、歴史の教科書に必ず載っている「正倉院」。

 

東大寺の北側にある、奈良時代に建てられた校倉造の高床式倉庫で、

奈良時代・平安時代の天平文化を象徴する、

多くの伝統工芸品を収蔵していた建物です。

 

平成9年には国宝に指定され、翌年平成10年には世界遺産に登録されました。

現在、正倉院自体は、内部の公開はなく、外構のみ一般公開されています。

 

正倉院とは、宝物を保管するところだったという認識だと思いますが、

そもそもは「正税を納める倉」=正倉院で、宝物だけでなく、

稲など穀物も納められていた倉庫でした。

 

さらに「正倉院」といえば、今は当たり前のように奈良の正倉院を指しますが、

かつては、東大寺だけでなく、他の大きなお寺にも、正倉がありました。

 

正倉が立ち並ぶ一角を正倉院というのですが、

長い歴史の中で奇跡的に生き残ったのが、東大寺正倉院の中の1棟だけで、

そのため、現在はこの1棟を「正倉院」と呼んでいるのです。

 

8世紀中頃、世の中は争いや疫病などにより不安定な時代にありました。

それを仏教の力で安定させようと考えた聖武天皇。

奈良に東大寺を建て、大仏を作ります。

大仏が完成し、大仏開眼会が行われた4年後、聖武天皇は亡くなりました。

 

その後、光明皇后は聖武天皇の四十九日に、聖武天皇が愛用していた品々を、

東大寺の大仏に奉献することにしました。

 

その品々を正倉院に収蔵したのが、正倉院宝庫の始まりです。

大仏開眼会で使われた品物や、平安時代中頃に正倉院に移された什器、

シルクロードを通じてやって来た世界の工芸品もなども加わって、

宝物は厳重に保管されつづけてきたのです。

 

明治8年、それまで東大寺が管理してきた正倉院が、内務省の管理となりました。

そして農商務省から宮内省、現在は宮内庁の所管となっています。

 

1953年に鉄筋コンクリート造の東宝庫、

1962年には鉄骨鉄筋コンクリート造の西宝庫が建設され、

長年、正倉院で保管されてきた宝物は、

現在、空調が完備された東宝庫・西宝庫に移されています。

 

東宝庫には、整理中、修復中や未修復の宝物などが、

西宝庫には、整理済みの宝物が収蔵されており、天皇による勅封で管理されています。

 

 

正倉院展や宝物展は毎年あるの?期間が短く展示品の数が少ないのはなぜ?

第1回正倉院展は、1946年10月に開催されました。

22日間で約15万人もの入館者があったそうです。

 

終戦直後の開催は、人々の心を癒やし、希望を与えました。

それから毎年欠かさず行われるようになった正倉院展。

只今の2020年ですと、開催は第72回となります。

 

鋭い人はここで、

「おや?!計算が合わないぞ?毎年やってたら今年は75回目になるはず!」

と思ったことでしょう。

答えは簡単。東京で行われたことが3回あったから、です。

 

正倉院展の開催前には、西宝庫で「開封の儀」が行われます。

「開封の儀」が行われた後、宝物の点検や防虫剤の交換、調査がされ、

そして点検された宝物の一部が、正倉院展で展示されるのです。

 

正倉院展が終了した後には、「閉封の儀」も行われます。

 

最初にもいいましたが、毎年展示されるのは約60点の品々で、

開催期間は約2週間(原則は17日間)となっています。

 

「なぜ、もっと多く展示出来ないの?」

「なぜ、もっと開催期間を長く出来ないの?」

正倉院展を毎年待ち望んでいる方の中には、そう思う人もいることでしょう。

 

それには、ちゃんとした理由があるのです。

 

開封の儀から閉封の儀までは、約2ヶ月弱。

この間に正倉院展が開催となります。

 

点検や荷造り、展示作業などを考慮し、また、古い文化財ですから、

光や温度、湿度の変化に、十分な注意を払う必要があります。

そういったことから、展示期間と展示できる数には、制限が必要になるというわけです。

 

 

正倉院展の宝物一覧!名品のすごさや展示品の選び方を2020年で解説!

スポンサードリク

約9,000点の宝物がある中から、正倉院展に展示される品々は、

宮内庁正倉院事務所によって選定されます。

 

一度展示された物は、その後10年は展示されないという慣習があり、

毎年、特定の分野に偏ることがないよう、

また、初公開の宝物が数点含まれるように展示されています。

 

そして、2020年、新型コロナによって異例の年となりました。

だからこそ、毎年正倉院展へ行かれる方も、例年とは違う見方ができることと思います。

 

新型コロナウイルスによるパンデミックが起きたように、

奈良時代も天然痘の大流行で、多くの命が失われました。

そんなときに、実際に使われた薬が展示されています。

コロナ禍にある私たちだからこそ、

疫病退散を願った当時の人たちに、思いを馳せることができるでしょう。

 

その他、美しい鏡やフェルトの敷物など、煌びやかで豪華な展示品は、

第1回正倉院展が、戦後の人々の心を癒やしたように、

コロナ禍で疲弊した私たちの心を癒やしてくれるはず。

 

それでは、注目の品々を一部紹介したいと思います。

 

五色龍歯(ごしきりゅうし)

光明皇后は、病人を救済するために施薬院を作ったり、

病人に薬を分け与えるために薬物を東大寺に献納しました。

 

その薬物の中の一つである「五色龍歯」。

五色龍歯はナウマン象の歯の化石で、削って粉末状して服用します。

鎮痛効果のある漢方薬として用いられました。

産地はインド産と推定されています。

疫病に立ち向かったことを伝える展示品の一つです。

 

金銅鈿荘大刀(こんどうでんかざりのたち)

金銅で装飾されており、金具の部分には青色の瑠璃が埋め込まれている太刀です。

聖武天皇が重要視していた仏の教えである「喜捨」。

「喜捨」とは、自らの大切にしている物を捨てて徳を積む、ということ。

金銅鈿荘大刀は、まさに喜捨された武器なのです。

 

世の中の平和を願う聖武天皇、数多くの武器や武具を喜捨したと言われています。

 

平螺鈿背円鏡(へいらでんはいのえんきょう)

聖武天皇が愛用した鏡は20面あったそう。

今年はそのうちの一つが展示となりました。

鏡の背面が、貝殻や亀の甲羅などで装飾された白銅製の鏡で、

獅子やサイ、鳥などを小花文で囲んだ模様となっています。

それらの模様の間は、トルコ石の細片がちりばめられており、

青や緑の美しい輝きを放っています。

 

この美しい輝きを放つ鏡。

鎌倉時代には盗難に遭った物もあったそうです。

しかも、盗んだのは大和国葛上郡の僧と、東大寺の僧の2人組でした。

鏡8面の他、銅小壺1口と銅小仏3体を盗みだします。

そして、白銅の鏡を銀だと勘違いし、鏡を粉々にして売りにいったのです。

ところが、安い値段しかつかなかったことから、持ち帰って、

大仏殿のそばにある神社に隠し、結局2人とも捕らえられたということです。

僧が盗みを働いて、歴史に名を残すとは、なんとも恥ずかしい話ですね。

 

紫檀槽琵琶(したんのそうのびわ)

古代ペルシャに起源をもつとされる四絃琵琶。

正倉院には、5つの四弦琵琶があり、そのうち槽(胴の背面)に、

全く装飾がない作りの物が、今回展示される紫檀槽琵琶です。

シタン、コクタン、ツゲなどの材木が贅沢に使われています。

表面の撥受け(ばちうけ)には、皮革が貼られていて、そこには水鳥や山が描かれています。

油色の技法(彩絵の上から油を引く方法)が使われている注目の品。

 

琵琶は琴とは違って、ギターのように縦に持って演奏できますが、

それは、らくだの背中で演奏が出来るようにと考えられたから、

その形になったらしいですよ。

 

花氈(かせん)

フェルトの敷物。裏面には「東大寺」の印があります。

文様のパーツを配置し、その上からベースの羊毛を乗せ、

湿気や熱を加えながら圧力をかける方法で作られます。

この方法は、中央アジアに残る伝統的な技法と似ていることから、

シルクロードを通じて伝わった物だと考えられています。

非常に高い技術が必要であることから、中央アジアや中国には、

職人の集団がいたのではないか?といわれています。

 

元々、遊牧民の生活道具でした。

日本では、僧侶が法要の時に花氈を敷いて座ったそうです。

 

桑木木画碁局(くわのきもがくがのききょく)

囲碁の盤で、桑の木の木目を生かした盤面で、象牙で界線を施しています。

盤面の側面も、象牙の界線で分けてあり、草花や虫の文様が彫られています。

脚には紫檀が使われていて、金泥で文様が描かれるなど、

様々な装飾技法が凝らされている一品。

正倉院に伝わる3基の碁盤のうちの一つです。

碁石も2組保存されているそうです。

 

701年に定められた大宝律令で、僧尼に対し、すごろくやバクチは禁止するが、

囲碁はやってもよいという法律があったそうです。

展示品はもちろん聖武天皇の遺品ですが、

当時の囲碁を楽しむ人々の姿を、思い浮かべながらみてみたいですね。

 

 

まとめ

いかがでしたか?

正倉院展の、人を惹きつける魅力について、少しでも伝わったでしょうか?

 

幾度もの災害や戦火を、奇跡的に免れてきた正倉院の宝物の数々。

是非、あなたの目で確かめることをおすすめします。

来年の正倉院展、足を運んでみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!