意外な事実が!?お酢とみその正しい保存方法は常温と冷凍のどっち?

暮らし

スポンサードリク






台所のレギュラーメンバー、お酢とみそ。

どちらもすぐに使い切れるものではないし、

一度買ったら同じ容器の物をしばらく使い続ける家庭が多いはず。

 

使い切るまでの間、

できるだけ長くその風味や味を楽しみたいものですが、

ご家庭ではどのように保存していますか?

 

実はお酢やみそには、それぞれ最適な保存場所・方法があるのです。

この記事では意外と知らないお酢とみその保存方法について、

分かりやすく解説していきます!

 

ぜひこの記事を読んで、お酢・みそを美味しく使い続けてくださいね!

 

 

お酢の保存方法で冷蔵はダメ!?常温の理由や開封後の賞味期限とは?

スポンサードリク

さて、それではお酢と味噌、順番にみていきましょう。

 

まずはお酢です。

お酢は実は非常に殺菌効果に優れているので、

「常温保存」でいいことを知っていましたか?

 

必ず冷蔵保存しなければいけないイメージがあり、

常温で保存できるのには驚きですよね。

冷蔵庫に入れるとしっかりフタを閉めたつもりでも、

すっぱい臭いが漏れることがあります。

 

この臭い漏れが、冷蔵庫全体の嫌な臭いの原因になりやすいものです。

そのため他のにおいを付けたくない食材と、

一緒にしなくていいのはとても嬉しいですね!

 

お酢は基本的には腐りにくい食材なので、

冷蔵庫に入れなくても開封後半年は使い続けることができます。

半年あれば、使い切ることも十分できそうです。

 

直射日光や過度に湿度の高いところを避けて冷暗所に保存しましょう。

台所の扉収納などであれば臭い漏れも安心ですね。

 

ただし夏場など気温が高くなるときは、やはり劣化のスピードが速くなります。

そんなときは冷蔵保存に切り替えましょう。

野菜室でも十分なので立てて保管し、漏れないように気を付けてくださいね。

 

また、純粋なお酢以外は夏場でなくても冷蔵保存がおすすめです。

例えばりんご酢など飲むタイプのお酢や、

砂糖・だしなど他の調味料が入っているお酢です。

 

これらは純粋なお酢に比べて劣化が進みやすいため、

常温では菌が早く繁殖する可能性があります。

冷蔵庫に入れた上で、開封後は3ヶ月ほどで早めに使い切ってしまいましょう。

 

 

味噌の保存場所は冷蔵庫!開封後の常温は発行が進んで味が落ちる?

続いてみその保存方法です。

味噌は「冷蔵保存」が基本です。

 

非常に塩分濃度が高いので殺菌効果は高い食材ですが、

発酵食品なので、常に発酵が進み続け、風味が刻一刻と変わっていきます。

 

もちろん常温でも腐るわけではないので、

風味の変化を楽しみたい自家製みそなどは、

冷蔵庫に入れずに冷暗所で保存することもできます。

 

しかし市販の味噌は買ってすぐ食べることが想定して作られているので、

買ったときの味をそのまま保つには、

発酵を遅らせることができる冷蔵保存がおすすめなのです。

 

冷蔵保存の場合は乾燥しやすくなるので、

スポンサードリク

味噌の表面にラップをピッタリと被せる、

もしくは味噌のケースごとジッパーつきの袋に入れるなど、

乾燥対策をするとさらに美味しさが続きます。

 

また、使うのに時間がかかってしまいそうなときは「冷凍保存」もできます。

密封してさらに低い温度で保存するのも一つの方法ですよ!

先ほども紹介したように味噌は塩分濃度が高いので、

冷凍庫に入れても凍ることはありません。

 

冷凍というとすぐに使えなくて不便なイメージがありますが、

出してすぐに計量できるなんてすごく便利ですよね!

 

 

お酢や味噌は腐ると捨てるべき?見分け方や食べれないときの活用法!

賞味期限にかかわらず開封後は早めに食べるべきですが、

お酢なら開封から常温で半年、

みそなら開封から冷蔵で一年は十分使えます。

 

しかし、使えなくなってしまう目安も知っていると安心できますよね。

 

お酢の場合は白いものが浮かんだり、膜が張ったりしていると腐敗のサインです。

またそれらがなくても、

食べてみて酸味が減っているように感じたら劣化しているので、

料理に使うのは避けた方がよいでしょう。

 

食用に使えなくても、お酢は捨てずに活用することもできます。

酸っぱいお酢は水垢落としに有効なので、

シンクのお掃除などに使ってしまいましょう。

 

市販の水垢落とし洗剤にも、

「お酢の力でスッキリ!」などと書いてあるものを見かけますよね。

ただ水洗いするよりもとてもきれいになるのでおすすめです。

食べきれなくても活用先があるのは嬉しいですね!

 

また、みそは、空気に触れた部分に白いカビのようなものが生えることがあります。

しかしこれは体に害のあるカビではないのでみそを全部捨てる必要はありません。

 

この白いふわふわとしたものの正体は、

発酵のためにもともと住んでいた害のない酵母や麹菌であることが多いです。

空気に触れて活性化し、部分的に増えてしまっただけなので、

スプーンなどで取り除いてそれ以外の部分は使い続けましょう。

 

みそはこの麹菌や濃い塩分のおかげで、

害のあるカビや菌が繁殖しにくい状態です。

 

そのためほぼ腐敗することはありませんが、

発酵が進み過ぎることで黒ずんだり、

甘みが消えて苦くなったりすることがあります。

 

こうなってしまったみそは食べても害はありませんが、

もう美味しくないので新しいものに交換した方がいいですね。

次は冷蔵や冷凍保存を活用して、使い切れるように工夫しましょう。

 

 

まとめ

今回は意外と知らないことが多い、お酢とみその保存方法を紹介しました。

お酢は普段は常温、暑いときは冷蔵保存。

みそは冷蔵か冷凍保存で長く楽しむことができます。

 

美味しさをそのままに保つ方法を知っていれば、

買う時に使い切れるかな?と心配することも減りますね!

 

ぜひ紹介した保存方法を試してみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!