ラジオ体操で幻の第3番の効果!第一・第二と第三との違いや特徴!

レビュー

スポンサードリク






あなたはラジオ体操をしたことがありますか?

私はラジオ体操といえば、小学生時代の夏休みに嫌々していた記憶しかありません。

大人になってからなんて、ラジオ体操の存在すら忘れていました。

 

そんなラジオ体操が今、ひそかに注目を浴びているようなんです。

小学生でもできるような簡単な運動ですし、短い時間しか動きませんので、

「何か効果があるの?」と不思議に思うかもしれません。

 

しかし、何とラジオ体操は普段はあまり動かさない、

約400種類もの体の筋肉をまんべんなく動かす全身運動なんです。

 

特別な道具も必要ありませんし、

どんな場所でも誰でも手軽に始めることができるというメリットもあります。

健康維持のために自治体でラジオ体操に取り組んでいるところもあるようですよ。

 

そんなラジオ体操ですが、種類が複数あることをご存じでしょうか?

おそらく多くの人が認識しているラジオ体操は、第1と第2の2種類だと思います。

 

実は、ラジオ体操には幻と言われた第3も存在するんですよ。

詳しい内容を見ていきましょう!

 

 

ラジオ体操は何番まで?第一・第二だけじゃなく幻の第三があった!

スポンサードリク

現在ラジオで放送されているのはラジオ体操第1と第2です。

 

ラジオ体操第3は現在では放送されていませんが、

1946年からわずか1年半の間だけ放送されていたそうなんです。

 

それゆえ、幻のラジオ体操なんて呼ばれているんですね。

いったいなぜ、第1や第2のように普及しなかったのでしょうか。

 

原因ははっきりとは分かっていないそうですが、

どうやら体操の動きが複雑で運動強度が高すぎたのではないか?

といわれているようです。

 

試しに復刻しているラジオ体操第3を動画で確認してみました。

 

まずテンポが非常に速いです。

 

次から次へと動作が移行していて、

ちょっと油断すると動きについていけなくなりそうですね。

 

普段から運動をしている人なら平気かもしれませんが、

体を動かすことに慣れていない人やお年寄りには難しそうです。

 

そして動きも複雑で、これは確かにラジオだけで伝えることには限界がありそうです。

 

実は第1や第2もラジオで動きを伝えることが難しく、

思ったように普及できなかったということで放送が1度中止になっているんですよ。

言葉だけで動きを説明するのは、確かに大変ですよね。

 

その後改良されて今の形になったそうですが、

第3は日の目を見ることなく姿を消してしまいました。

 

 

幻のラジオ体操の第3番!半世紀以上の時を超えて復活した驚きの効果!

動きの複雑さからうまく一般に普及しなかったとされるラジオ体操第3ですが、

前途したとおり現在復活をとげているんです。

 

もちろんラジオで放送はされていませんが、

動画サイト等で紹介されており自宅で楽しむことができますよ。

 

復活の立役者は龍谷大学の研究チームで、

滋賀県のうつ病予防を目的とした、

「こころとからだの健康づくり事業」の一環として取り組まれたそうです。

スポンサードリク

 

参考資料は動画サイトに投稿されていた音源データと、

図書館で見つけたラジオ体操第3の図解がのった書籍1冊のみ。

 

手探りの中で再現されたラジオ体操第3は多くの反響を呼び、

DVDまで制作されました。

 

そこで、ラジオ体操第3が心身の健康増進に役立つポイントを3つまとめてみます。

 

運動内容のバランスがいい

急激に心拍数を上げずに少しずつ上昇させピークへ持っていき、

そして徐々にクールダウンに入るという、

とてもバランスのいい健康に配慮したプログラムになっているそうです。

 

急に激しい動きだと途中で息切れしてしまいますし、

最後まで続かない可能性もありますもんね。

 

適度な有酸素運動

健康の維持やダイエットのために有酸素運動が大切だ、

ということは広く知られています。

 

でも、ハードな筋トレや辛いランニングなんかをイメージしてしまって、

「自分には続かなそう…」と思ってしまう人も多いのではないでしょうか。

 

実は、ラジオ体操第3は運動時の心拍数が、

110~150と有酸素運動と同じ範囲なんです。

 

ラジオ体操第1や第2に比べて運動強度が高く、

有酸素運動と筋力トレーニングもバランスよく含まれているラジオ体操第3は、

生活習慣病の予防・ダイエット効果はもちろん、

現代病ともいえるうつ病や不安感の解消にも期待できるそうです。

 

実際にラジオ体操第3に半年取り組んだ自治体で検証した結果、

平均体重・腹囲の減少、持久力の向上、睡眠の質が上がった、

などの結果が出たそうですよ。

 

楽しみながら継続できる

運動は楽しくないと継続・定着が難しいですよね。

 

その点このラジオ体操第3は、

まず「えっ?あのラジオ体操に3番目があったの!?」

という好奇心をくすぐる一面があります。

 

そして実際にやってみると、

今までのラジオ体操に比べてテンポは速いし、

動きも複雑でついていくのに精いっぱい。

 

自治体などで集まって取り組んでいる場合だと、

「想像より難しい!」「全然できなかった!」

という声とともに笑い声が聞こえてくるそうです。

 

「次はもっとスムーズにやりたい!「動きを完璧にマスターしたい!」

という、意欲もわいてきて継続しやすくなる効果もあります。

運動と笑いでストレス発散効果も大いに期待できそうですね!

 

 

まとめ

新型コロナウィルスにおける外出自粛や、

テレワークで出勤がなくなった方の運動不足解消に役立つとして、

注目をあびるようになったラジオ体操。

 

約3分ほどの短い時間ではありますが、

手軽だからこそ他の運動に比べて継続しやすいという大きなメリットがあります。

 

ラジオ体操第3は本当に動きがハードですが、

やりきった後にはきっと大きな達成感が得られると思います。

第1や第2と合わせて取り組むことで、さらに運動効果が得られるそうですよ。

 

これから寒さがますにつれて外に出るのも億劫になりがちです。

ぜひラジオ体操でしっかり体を動かし、健康な身体を維持していって下さいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!