お雑煮を食べる意味を歴史と由来で紐解く!地域毎の具材や特徴とは?

暮らし

スポンサードリク






師走を迎え一年の締めくくりと、12月はバタバタと忙しいですね。

一年を迎えるための準備にも追われてくると思います。

 

一年の始まりに食べるものと言えば・・・お雑煮ですよね!!

お雑煮は、美味しいですよね。

 

毎年、あたりまえのように食べているお雑煮ですが、

いつからどのように食べるようになったのかな?って気になりません?

 

お正月に食べるものですから、縁起のいい食べ物なのはわかっていますが、

詳しいことは知らないな・・・と思いました。

 

今回は、お雑煮の歴史と地域ごとに違うお雑煮について、ご紹介します。

 

 

お雑煮はいつから食べ始めた?歴史や由来から込められた意味とは?

スポンサードリク

お正月にお雑煮が食べられるようになったのは、

けっこう古くからで平安時代からだといわれています。

 

お雑煮の歴史を順に、ご紹介をしていきますね。

▽平安時代
宮中で行われていた「歯固めの儀」に、由来するといわれています。
武家の宴会でも、お餅を入れたお雑煮が振舞われていました。

▽室町時代
武士の宴会で酒の肴として、お雑煮を振舞われていました。
当時のお米は高価なものだったため、庶民がお餅を食べることができませんでした。
庶民のお雑煮の中には、お餅ではない代わりに里芋が入っていました。

▽江戸時代
一般庶民にも、お餅が入やすくなりました。
そのため、庶民もお餅の入ったお雑煮を食べるようになりました。
庶民に広がってから、味噌や醤油などの味付けやお餅の形など、
東西の違いが出てきたのでした。
また、将軍が角餅は「敵をのす(倒す)」という意味で作られたといわれています。

お雑煮の歴史、面白いですね。

歴史を知ると、お雑煮に対する姿勢が変わってきますね。

また、お雑煮が高貴な食べ物だったのに驚きました。

 

そして、お雑煮に欠かせないのが、お餅です!

農耕民族である日本人にとって、お餅は、お祝い事や、

特別な「ハレの日」に食べる食べ物です。

だからこそ、新年には欠かせません。

 

お雑煮のお餅は、お正月に年神様をお迎えするために、

前年に収穫したお米から作ってお供えをします。

 

ここではお餅も含めて、お供え物とそれぞれの意味を紹介します。

丸餅・・・家庭円満
お餅・・・よく伸びることから、長生きの象徴
角餅・・・土蔵が建つことから、家が栄える
里芋・・・子孫繁栄
大根・・・角が立たないように丸く切って家庭円満
人参・・・魔除けの効果

 

お供え物、ひとつひとつに意味が含まれていて、

こだわりがあるところに日本の伝統を感じます。

 

また、お餅の形にも、ちゃんと意味があります。

東日本は、角餅・西日本は、丸餅!

 

昔は、全て、丸餅を使われていました。

丸餅は、ひとつひとつ、人の手で丸めて作ります。

そのため、時間がかかります。

 

江戸時代から、庶民もお餅入りのお雑煮を食べるようになりました。

そのため、お餅が効率よく角餅を作られるようになったといわれています。

 

お供えしたものを年の最初に井戸や川から汲んできた「若水」を使い、

新年の最初の火で煮込んで元旦に食べるようになったのが始まりのようです。

 

お雑煮が、高貴な食べ物だったのが、わかりますよね。

スポンサードリク

だからこそ、お雑煮を頂くときの願いが大切だったのかもしれませんね。

 

次はお雑煮に込められた願いについて、お話をしますね。

年の始まりに食べるお雑煮ですが、深く考えずに食べていませんか?

 

昔の人はお雑煮を食べるとき、

前年の豊作物が無事であったことに感謝して、

新年の豊作と家内安全を祈りながら食べていました。

 

お正月にお雑煮を食べることは、年神様のお供え物を頂くことになります。

お供え物には霊が宿るとされ、それを食べることで、

年神様の力を頂くことができると信じられてきました。

人々はお腹を満たすだけでなく、神さまからもパワーをもらっていたのです。

 

お正月の三が日に使うのが「祝い箸」です。

 

「祝い箸」とは両方の箸が細くなっているお箸です。

これは一方は人が使い、片方は神様が使うことを表していて、

「神人共食」を意味しています。

 

お雑煮を食べるときはこの祝い箸を使います。

お雑煮がどれだけ大切な食べ物であるのかをうかがえますね。

 

 

お雑煮の発祥はどこ?代表的な地域ごとの具材や特徴をご紹介!

「関東風お雑煮」

「関西風お雑煮」

この2つは、よく耳にします。

各地域では具材やお汁の味付けはいろいろあります。

 

平安時代と聞くとイメージが京都を連想させますが、

お雑煮の発祥は、京都からといわれています。

 

京都の食文化の影響は大きく、

広まったときは白みそがベースのお雑煮が広がりました。

 

しかし、歴史でわかったように江戸時代から、

お汁の味付けやお餅の形が変わってきました。

ここから、地域ごとの味に変化していくのでした。

 

それぞれの特徴を生かした地域ごとのお雑煮を簡単に紹介します。

▽焼きハゼのお雑煮 (宮城県)
一匹まるごと、盛り付ける贅沢なお雑煮です。
海と山の味覚を一度に味わえます。

▽いくらと鮭のお雑煮 (新潟県)
新潟県北部の村上市は鮭の漁場として有名です。
鮭を食べる風習があるため、お雑煮にいくらと鮭が入っている豪華なお雑煮です。

▽あんこの入ったお餅のお雑煮 (香川県)
変わり者雑煮として、賛否両論の意見に分かれます。
白みそをベースにあんこの入ったお餅でいただきます。

▽牡蠣入りのお雑煮 (広島県)
おすまし汁に牡蠣が入っている贅沢なお雑煮です。
「福をかき寄せる」という意味を持つ牡蠣を入れて、願いを込めて作られます。

▽ブリの入ったお雑煮 (長崎県)
長崎のお雑煮は具材をたっぷりと入れて、ボリュームを、出したお雑煮です。
その中にブリが入ります。
具材は7種類から15種類の奇数になるように入れるようです。

全国各地のお雑煮をお取り寄せをして、楽しむこともできます。

お取り寄せをして、味比べを家族でするのも楽しい時間になりますね。

 

 

まとめ

お雑煮の歴史や食材などのひとつひとつに意味を知れば知るほど、

新年に向かって準備するのも食べるのも姿勢が変わってきますね。

 

お正月にいただくのが、楽しみですね~。

一年の健康と繁栄にと、願いを込めて美味しいお雑煮を食べましょう!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!