大人の歯列矯正は失敗して後悔?老けたって噂は本当なのか!?

暮らし

スポンサードリク






歯並びが悪いのがコンプレックス…

大人になった今からでも矯正して、きれいな歯並びを手に入れたい!

 

しかし歯の矯正は保険適用外のようです。

そして高い費用も、長い時間もかかります。

 

それだけの出費や時間をかけて後悔する事があったらどうしよう…。

そう思うとためらってしまいますよね。

 

そこで、実際に大人になってから歯の矯正をすると、どんなデメリットがあるのか、

そしてメリットはどんな事かリサーチしました。

 

 

大人の歯列矯正での三大後悔!老け顔から美人になったって噂は嘘?

スポンサードリク

歯の矯正は良いことずくめのように感じますが、

やって後悔する人もいるようです。

大人になってから矯正した人がどんな事に後悔したのか、調べてみました

 

「とにかく痛い!痛すぎる!」

後悔というか、矯正の感想でよく聞かれるのが痛いという声です。

 

矯正自体は子供の頃にしても痛いのですが、大人になってからの方が痛いようです。

想像を絶する痛さだったと言う人が多いです。

 

というのも、大人になると骨が固くなっているので、

子供よりも歯を動かすのに力が必要だからです。

 

強い力で歯を動かすので、特に初回はとても痛いです。

この痛みは歯医者で動かす時だけでなく、矯正中も痛みが継続する人がいます。

 

しかし痛みは矯正が進むと治まっていきます。

最初の頃だけ我慢が必要ですね。

 

「矯正完了後に歯並びが元に戻ってしまった!」

せっかくお金と時間をかけて、そして痛みに耐えて矯正したのに、

歯並びが矯正前に戻ってしまったという人もいます。

 

でも、これは矯正後にする『ある作業』を本人がサボった結果です。

 

矯正が完了したらそのまま器具を外してハイ終わりではなく、

リテーナーという保定装置を使わなくてはいけないんですね。

 

歯の矯正後は、まだあごの歯を支える骨が固まっていません。

この状態で矯正器具を外したままにしておくと、

歯も骨も安定していないので矯正前の位置に戻ってしまうんです。

 

このあごの骨が固まっていない期間、歯を支えるのがリテーナーです。

リテーナーをする期間も長く、1年から3年必要です。

 

矯正が終わった後にリテーナーの装着をサボってしまうと、

歯並びが前の状態に戻って、かけたお金も時間もパーになってしまうのです。

 

せっかく矯正するのであれば、

器具が外れた後のリテーナー装着期間も矯正期間と考えて、

スポンサードリク

最後までやり遂げないといけません。

 

途中でサボると後悔する事になりますよ!

 

「ほうれい線ができた、深くなった!」

歯の矯正をした事で頬のほうれい線が目立つようになったという人もいます。

また、頬の下側部分に肉が付きやすくなったという人も…。

 

歯の矯正をすると、いわゆる骨格が変わる事になりますから、

それによって顔立ちにも微妙な変化が発生します。

 

ほうれい線も歯並びが変わった事で目立つようになる事があります。

土台の凹凸が変わるので、その上に乗っている肉も土台に合わせて変わるからです。

 

実は矯正をしてほうれい線が出来たという人がいる一方で、

ほうれい線が消えたという人もいます。

 

こちらは歯並びが良くなった事で表情が豊かになり、

表情筋が鍛えられた結果、ほうれい線が目立たなくなったといわれています。

 

ほうれい線は矯正による歯並びの影響というより、

どちらかと言うと表情筋の方が関係しているようですね。

 

 

でも歯列矯正はやってよかった派が多数!痩せたって効果も実感!?

ここまで大人が矯正して後悔した事をお伝えしてきましたが、

矯正経験者のほとんどの人がやってよかったと言っています。

 

矯正を始めた頃の痛さはどうしようもないですが、

歯並びが良くなった後は良い事ばかりです。

 

やはり昔からのコンプレックスを解消できたという事もあり、

人前で自然と笑えるようになったり、表情が豊かになります。

 

食事がおいしく感じるようにもなるそうですよ。

ごはんが美味しいって幸せですよね。

 

さらにかみ合わせが良くなった事で、

以前から悩まされていた頭痛や肩こりが良くなったという声も。

ここから血流が良くなって、痩せたって声に繋がっているのかもしれませんね。

 

 

まとめ

今回は大人になって歯の矯正をした人の声を紹介しました。

 

ポイントはしっかりやり通すことですね!

最初の痛みに耐え、リテーナーをしっかりつけて矯正を完了させれば、

特に後悔する事がない事がわかりました。

 

こういった感想は人にとって個人差がありますが、

この記事が矯正を考えている人にとって参考になればと思います。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!