タオルを切るだけで雑巾にする作り方!手縫い不要でとても簡単!

暮らし

スポンサードリク






どんなにいいタオルでも、使い続けているとゴワゴワになるし汚れてきますよね。

 

使い古したタオル、そのまま捨てるのはもったいない。

でも、雑巾にするには縫うのが面倒だし…と思ってる人、いませんか?

 

縫う必要はないんです!!

タオルを雑巾にする時は、端を切ってあとは手で裂くだけ。

時間にしてわずか1分で出来上がります。

 

コツがあるので、詳しくみていきましょう。

 

 

タオルを雑巾に変身!切るだけの作り方と注意点を写真付きで解説!

スポンサードリク

まず、いらなくなったタオルを用意しましょう。

バスタオル、フェイスタオル、ハンドタオル、なんでも大丈夫です。

 

私は大きめのハンドタオルを用意しました。

床などを拭いていたので薄汚いですが、お許しください。

 

最初に、上と下の折り込んである部分(赤い所)をハサミで切ります。

【以下がその画像です】

 

切ったら切り目の先から下に向かって、勢いよく手で裂きましょう。

【以下がその画像です】

私は斜めに裂いてしまいました。

使う分には問題ないですが、見た目は悪いです。

なるべくまっすぐになるように、意識して裂くようにしましょう。

 

ハサミで切ったところは、小さいカスがいつまでもポロポロとでてきます。

カスはとても細かいので、集めるのが大変でした。

 

拭き掃除をしている時に、このカスが出ると余計な掃除が増えます。

切る場所は固い場所のみ、最低限にしておきましょう。

 

その点、裂いたところは全くカスがでてきません。

糸がほつれそうだなぁという見た目ですが、ほつれることもありません。

 

水に濡らして絞ってみても、ほつれないままでした。

これならスムーズに掃除もできそうです。

 

次に、横に向かってまた同じように切り目を入れます。

そのあと、同じように手で裂くのですがめちゃくちゃ固い。

【以下がその画像です】

スポンサードリク

縦を裂くときの3倍ぐらいの力が必要でした。

裂いてみたところ、盛大に糸が伸びてしまいました。

もさもさしていますが、糸がほつれたりカスは出てきません。

 

切ったところは、縦と同じく小さなカスが出てきました。

横も、切る場所は両端のみにとどめておいた方が良さそうです。

 

他のタオルでもやってみましたが、やはり横に裂くときには力がいりました。

縦は綺麗に裂けますが、横はもさもさになりやすかったです。

 

タオルの素材や織り方によって、裂くときの固さやほつれ具合は多少異なると思います。

 

もしとても固くて裂けないという時は、諦めて切って縫いましょう。

ちょっと端を切っただけで、糸がボロボロ出てくるような場合も縫った方がいいでしょう。

 

掃除用具を用意しているだけなのに、

余計な掃除が増えてしまっては意味がありませんからね。

 

 

いらない服も雑巾にできる?タオルの他にも私が雑巾にしているもの!

実家の母親は、昔から綿の肌着やトップスなどを切って雑巾にしていました。

私の着なくなったトップスも、切って腕の部分だけ残っています。

切ったのは5年以上前ですが、未だにほつれていません。

 

もしかして、母は特別な作業をしたのかもしれない…。

そう思い、腕部分をさらに半分にしてみました。

【以下がその画像です】

 

タオルと同じように端だけ切って、裂こうとしましたが全く裂けずでした。

結局、全部はさみで切りましたが、ほつれないし、一切糸くずが出てきません。

 

もちろん、布の素材や織り方によっては、

切りっぱなしだとほつれるものもあると思います。

少し切ってみて、糸くずが出ないか、

ほつれないか確認しながら進めるようにしましょう。

 

おすすめなのは、綿100の肌着やトップスです。

お子さんの肌着なども、捨てずに試してみてください。

 

 

まとめ

タオルを切るだけで雑巾ができます。

両端を少しだけ切り、残りは手で裂くだけです。

裂いたところは糸くずが出ず、ほつれる心配もありません。

 

タオル以外にも、綿100の肌着やトップスを切るだけで雑巾ができます。

使い古した布類はすぐ捨てず、雑巾になるか確かめてから捨てるようにしましょう。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!