髪をヘアゴムで結んだ跡の形が変!跡を直す方法やヘアタイの使い方!

暮らし

スポンサードリク






仕事や食事、スポーツをするとき、長い髪の毛が邪魔で結びたい!

 

でも、解いた時に跡が…このあと予定あるのに…

とお悩みの方が多いのではないでしょうか!

 

髪の毛に残るヘアゴムの跡を消す方法は、シャワーを浴びるしかないかな…

でもそんな時間がないことがほとんどです。

 

この悩みの原因はただ一つ!

ヘアゴムの結びによって髪の毛が傷んでしまうからです。

 

そして、ヘアゴム跡を直す方法は3つ!

  • 髪の毛のケアをしっかりと行うこと
  • 髪の毛を結ぶものを変えること
  • 持ち歩き用のお直しシートを活用すること

 

これを機に、ヘアゴム跡の悩みとさよならしましょう!

 

 

なぜ?髪の毛を結ぶと跡がつく理由とは痛みが関係している?

スポンサードリク

ヘアゴムで結ぶと跡がついてしまう悩みは、誰でも同じではありません。

 

なぜならヘアゴム跡の原因は、

ゴムの強い締め付けによる髪の毛へのダメージだからです。

 

ダメージを受けた髪の毛は、回復力を失い、元に戻りにくくなります。

 

逆を言えば、髪の毛のケアをしっかりと行い、ダメージケアをしている方は、

ヘアゴムで結んでも気にならない!ということになります!

 

ヘアゴム跡に悩んでいるあなた!

まずは、髪の毛のダメージケアを行いましょう!

 

次に紹介しますが、ヘアゴム跡を直す3つの方法の1つ目は、ダメージケアになります。

 

 

必見のヘアゴム跡を直す方法!お直しシートやヘアタイの使い方でも!

ヘアオイルを使用する

ヘアゴム跡の一番の原因は髪の毛のダメージです。

 

これからあげる残り2つの方法も含め、最も効果があるのが、ヘアオイルになります。

前日のお風呂への入浴前に、ヘアオイルをしっかりと馴染ませ、ダメージ補修する。

これが理想のヘアケアです。

 

このようにしっかりと補修ができない方、

朝起きて身支度をするルーティンの中に、ヘアオイルを髪の毛に馴染ませる!

スポンサードリク

というのを加えてみてはいかがでしょうか。

 

髪の毛を結んで解いても、

さらっとヘアゴムの跡が残りません!

 

跡に残りづらいヘアゴムを選ぶ

 

人気のスプリングゴム!

ご存知ですよね!

発売させた時は、大きな話題になりました。

クルクル構造により、髪の毛へ跡がつきにくくなっています。

 

気をつけるべき点は一つ!

大きさです。

 

小さいもので大きな毛束を結んでしまうと、髪の毛へのダメージを与え、

跡がつきやすくなってしまいます。

気をつけてください。

 

お洒落なヘアタイ

最近話題になっているヘアタイです。

 

ヘアタイはゴムではなく、

伸縮性のある「ストレッチバインダー」を使用しているため、

跡がつきにくくなっています。

 

ヘアタイは、カラフルでデザイン性が高いものが多いです。

 

お仕事では難しいかもしれませんが、休日に少し結びたい!って時に、

使用してみてはいかがでしょうか。

 

携帯用「お直しシート」を活用

髪の毛のダメージケアや跡がつきにくいヘアゴムを使用しても、

まだ跡が気になる…という方におすすめです!

 

髪のお直しシートが薬局などで販売されています。

サイズは、持ち歩き可能な大きさ!ポーチの中に入ります。

 

使い方も簡単です!

シートで気になる部分の髪の毛を挟むだけ!

 

最初は、髪の毛が湿りますが、

手ぐしで髪を伸ばすように馴染ませてあげてください。

ベタつきなく、綺麗な髪の毛に戻ります。

 

仕事終わり、おしゃれしてお出かけしたい!

そんな時のお直しアイテムとして携帯しておくのも良いかもしれません!

 

 

まとめ

ヘアゴムの跡を直す方法についてお話ししてきました。

 

髪の毛のダメージが、跡を残す一番の原因です。

特に髪の毛が長い方は、栄養分が全体に行き届いておらず、

傷んでいる可能性が高いです。

 

ぜひ、ヘアオイルを使用してケアを、

その上でヘアゴムやお直しシートを活用してみてください。

これまでのお悩みを解決しましょう!

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!