TOEICの企業に自慢できる点数は?高得点は就活無双、意味ない?

暮らし

スポンサードリク






本記事の内容は、

1、TOEICスコアが400点台でも記入欄があれば就活生なら書くべき

2、記入欄が無ければTOEICスコア600点未満は書かないほうがいい

といった内容で解説していきます。

 

この記事をご覧になっているということは、

あなたはきっとTOEICのスコアが400点から600点未満の方が多いのかもしれませんね。

そんなあなたのお尻を叩くためにこの記事を書きました。

本文の中では少々厳しい表現もございますが、お付き合いください。

 

それではどうぞ。

 

 

TOEICが400点台でも就活に意味ないことはない!履歴書に記入欄があれば書く?

スポンサードリク

もし企業から取得するエントリーシートにTOEIC専用の記入欄が設けられていれば、

スコアが400点台でも書くべきです。

 

なぜなら、学歴や志望動機をあなたは空欄にしますか?

しないですよね?

企業が記載事項として設けているのにも関わらずスコアを書かなければ、

あなたはTOEICを受けたことすらないと企業に判断されるからです。

 

例えば、TOEICスコアを記入せずにもし面接でTOEICの質問をされた時、

あなたはどう答えますか?

企業がTOEICの質問をするということは、

少なからずあなたの英語力を把握しようとしているんです。

 

就活でTOEICは何かと話題になっているのにも関わらず、

受けたことすらないとなるとやる気がないと思われて、

マイナスになってしまう可能性があります。

 

たとえTOEICを受けたことがない前提で、

面接時にどれだけあなたが理由を並べても、

面接官には全て言い訳にしか聞こえていないはずです。

 

スコアが低くて書きたくない気持ちは理解できます。

正直400点台で書いてもアピールになるわけがないのですから。

それはあなた自身が1番理解しているはずですし、

だからこそこの記事をみてくれているのだと思います。

あなたに厳しい現実を突きつけますが、

就活のためにTOEICの勉強をしてこなかったあなたが悪いのです。

 

この事実だけは変えられませんし慰めの言葉も与えることができません。

ただ外資系や英語力を求められる企業は別として、

就活においてTOEICのスコアが全てではありません。

あなたにはあなたの強みがあるはず。

 

大切なことは現時点でのTOEICスコアの現実を受け止め、

どういった就活対策ができるかを考えることです。

それ以外の道はありません。

スポンサードリク

 

なので、TOEIC400点代でも記入欄に書いておけば、

少なくとも面接対策はできるので書いておくべきです。

 

 

TOEICの記入欄が無ければ書かない!600点未満は自慢できる点数じゃない?

TOEICスコアの記入欄が無ければ免許や資格欄に書くことになりますが、

もしあなたが600点未満なら書かないほうがいい。

なぜならTOEIC600点未満は免許・資格に値しないですし、

むしろ私は英語が苦手ですと自分の短所を訴えているようなものです。

 

TOEICを受けたことがあるからといって、

バカ正直に600点未満のスコアを記入すれば、

受け取り側にとっては「TOEICスコアを見てこの人は勉強自体ができない人」

と思われる可能性すらあります。

 

例えば、就活生が英検5級や漢検5級を持っているからといって、

免許や資格欄に書きますか?

就活生がですよ?

 

はっきりいって企業側の立場になった時、

勉強してもしなくても誰でも取れるような資格や免許を記入されても困ります。

TOEIC600点未満で資格や免許の記入欄に書くことは、

それぐらいのレベルの話になるのです。

 

ただもしTOEIC500点台後半で、免許・資格欄に書くのであれば面接時に、

「現在TOEICスコアをあげるために勉強中です」

くらいはアピールできるでしょうが。

 

TOEICに「600点の壁」という言葉があるように、

もし600点未満でTOEICスコアの記入欄がなければ

就活生にとってアピールにはならないので書かないほうがいいです。

 

 

まとめ

本記事では、

1、TOEICスコアが400点台でも記入欄があれば就活生なら書くべき

2、記入欄が無ければTOEICスコア600点未満は書かないほうがいい

といった内容で解説してきました。

 

TOEICスコアが高ければ高いほうがもちろん就活には有利に働くでしょう。

しかし間違ってはいけないのが、

企業が就活生に1番求めているのは将来性や学生生活で学んできたことです。

 

決してTOEICではありません。

TOEICが良くて、他は何もないなと面接官に思われたならそれでおしまいです。

 

TOEICは就活生にとってあくまで付加価値。

なので、現時点でのTOEICスコアを悲観せずに、

あなたの持っている長所で就活に挑めばよいだけです。

TOEICスコアなんて勉強すればいつからでも上げることができるのですから。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!