寝るときに足が寒い対策はアレを!靴下は足だけ暑い状態で逆効果!?

暮らし

スポンサードリク






寝る時に足が冷えて眠れない」という悩みを抱えているあなたに!

私も冷え性で、寝る時は足先が冷えて困っていました。

この記事ではそんな悩みを解決すべく、私も実践している方法をお伝えします。

 

「足が冷えるから」と靴下を履いていませんか?

実はそれ、逆効果かもしれません。

 

「え、どういうこと⁉足が冷えるから靴下を履くのは当たり前でしょ⁉」

そう思ったあなた。

私の体験談から、足の冷えにおすすめなのは、ずばり「レッグウォーマー」です。

次から、その具体的な理由をお伝えしていきますね。

 

 

寝るときの靴下は足だけ暑い状態で逆効果?寝る時の足が冷える原因!

スポンサードリク

まず、なぜ寝る時に足が冷えるか、その原因をご存じですか?

体を温めているのは、全身をめぐる血液。

その血液を全身に送っているのは心臓で、ポンプのような役割をしています。

 

足はこのポンプである心臓から一番遠いので、普段から冷えやすい部分なんです。

普通でも冷えやすいのに、寝る時はポンプが省エネモードになりますから、

ますます冷えてしまうということですね。

 

さらに、人間の体は「眠りにつく前に徐々に体温を下げていく」性質があります。

人間の体は、体温が高くなると活動的に、

低くなると眠くなるというメカニズムになっているんです。

 

そのため、寝る前に体が冷えるというのは、ある意味当然のことなんです。

体が冷える原因はわかったけど、じゃあ、なぜ靴下はよくないの?思いますよね?

 

靴下は熱を逃がすのをジャマしている!

人間は寝る時に体が冷えると言いましたが、

それは手足が熱を外に逃がそうとしているということでもあります。

靴下を履くことによって、熱が外に逃げるのをさえぎってしまうんですね。

 

靴下の締め付けが良くない!

「体を温めているのは、全身をめぐっている血液」でしたね。

靴下の締め付けによって、この血液の流れをさえぎってしまうのです。

朝起きた時にむくんでいる、靴下の痕がついている、という人は要注意です。

 

靴下を履いて、汗をかくことが足を冷やす原因に!

人間の体は寝ている間も汗をかいています。

よく「一晩でコップ一杯ほどの汗をかく」と聞きますよね。

 

当然、足の裏も汗をかいているので、靴下を履いていると蒸れて水分を含み、

それから冷たくなる、という悪循環になってしまうんです。

さらに、靴下を履くことによって、足の裏から汗をかきやすくなってしまいます。

 


寝る時に足が冷えるから、冷え対策のために…

と、良かれと思ってやっている行動が、まさか逆効果だったなんて、

ショックですよね。

 

大丈夫です。次からは、寝る時に足が冷える具体的な対策を紹介します。

 

 

寝る時に寒いし冷たい対策に!超効果的なレッグウォーマーのすすめ!

寝る時に足が冷えてしまう悩みに、「レッグウォーマー」をおすすめします。

 

靴下は、

スポンサードリク
  • 熱をさえぎる。
  • 締め付けが良くない。
  • 足裏の汗で冷やしてしまう。

というデメリットがあることはお伝えしましたね。

 

この靴下のデメリットをカバーして足を温めてくれるのが、レッグウォーマーです。

 

レッグウォーマーなら、足全てを覆って、

さらに汗をかかせてしまうこともないし、靴下のような締め付けもありません。

 

また、体の冷えには「5つの首を温めるのが良い」

というのを聞いたことはありませんか?

5つの首とは、首、手首×2、足首×2のことです。

 

寝る時だけでなく、寒い冬はこの5つの首を温めることを意識して、

マフラーやアームウォーマー、レッグウォーマーを使うと良いですよ。

 

さらに、足首には「三陰交」というツボがあります。

特に女性の方には、本当に知っていてほしいのですが、

この三陰交というツボは婦人科系の不調に効果的と言われています。

 

【三陰交のイラスト】

三陰交は、イラストのように足の内くるぶしの骨から指4本分上にあるツボです。

この辺りを親指で押して探してみると、痛いポイントがあるはずです。

 

レッグウォーマーをしていれば、この三陰交の部分も温めておくことができます。

このツボは、冷えやむくみの改善、生理痛の緩和などの効果もあるので、

寝る前に左右3回ずつ押してあげるのもおすすめです。

 

レッグウォーマーにはいろんなタイプがありますが、

足首だけのもの、足裏に引っかけるものなど、

なんでも良いのでお好きなものを選んでくださいね。

 

それでもどうしても冷えて、靴下を履きたい!という方は、

締め付けの少ないものを選んでください。

 

靴下でも、指先だけないタイプなどもありますので、

あなたの体調や好みに合わせて、ちょうど良いものを選んでみてください。

 

足先が冷えてどうしようもない!という方は、湯たんぽを使うのも良いと思います。

足全体をカバーしないレッグウォーマーをして、

湯たんぽも一緒に使ってあげることで、さらに温かく眠れるのではないでしょうか。

 

 

まとめ

「靴下は逆効果」と聞いて、ビックリした方も多いと思います。

 

私は特に足裏に汗をかきやすいタイプのようで、

靴下を履いて寝ると本当に汗で冷え冷えだったんですよね。

朝起きたときに足が冷たくてたまりませんでした。

 

そんな悩みがレッグウォーマーにしてからは完全になくなりました。

靴下を履いていた頃は、「寒いのに素足なんて絶対無理!」って思ってましたが、

やってみると意外なほどに、そんなに冷えないんですよ。

 

人それぞれの体質もあると思いますが、

寝る時に足が冷えることで悩んでいるならば、

一度レッグウォーマーも試してみてくださいね。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!