銚子電鉄の映画の内容は?まさかのホラーで上映場所はまだ募集中?

レビュー

スポンサードリク






「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」という映画をご存知ですか?

2020年8月から公開、じわじわ人気が出てきて、

今ではテレビ番組でも特集を組まれるほど話題になっています。

 

この映画、銚子電鉄という鉄道会社作ったんです。

私も一時期は鉄道会社に勤めていたので、これには驚きました。

鉄道会社が映画製作なんて、普通じゃありえないです。

銚子電鉄について、また映画についても詳しくみていきましょう。

 

 

銚子電鉄とはどんな会社?映画製作の目的や経緯は鉄道の存続!!

スポンサードリク

銚子電鉄、正式名称は「銚子電気鉄道株式会社」。

設立は1922年10月10月、今年で創業98年になります。

路線は千葉県の南に位置する銚子駅~外川駅、6.4km。

 

戦後より、銚子市、千葉県、国などから助成金をもらいながら経営。

しかし、沿線の人口減少などにより業績は年々悪化。

業績改善のために、食品事業を手掛けたり、ゲーム会社とのコラボレーションなど、

数々の斬新な取り組みをしてきました。

 

年間の売り上げは、鉄道が2割、残りの8割は食品事業などが占めています。

 

有名なのは、ぬれ煎餅、まずい棒、鯖威張る弁当など。

ぬれ煎餅の販促に、

「電車の修理代を稼がなくちゃ、いけないんです。」

というフレーズをHPに掲載。

ネットやマスコミで大いに話題になりました。

 

私が勤めていた鉄道会社は、保守的で斬新なことなんて一切しない会社でした。

なので、「経営状況がまずい棒」が話題になった時、社内でも話題になりました。

 

うちの会社でも、こんな斬新なことをしたら面白いのに…とみんな言っていました。

考えた人のセンスと、販促に真剣に取り組んだ銚子電鉄に脱帽です。

 

近年では、台風やコロナウィルスの影響で更に業績が悪化。

更に変電所の老朽化に伴う大規模修繕も控えています。

このままでは資金が足りず、いずれ電車が止まってしまいます。

 

銚子電鉄を止めたくない!!電車が必要な人はたくさんいる!!

そんな思いから、クラウドファンディングで500万円の資金を確保。

映画「電車を止めるな!」の制作、公開になったのです。

 

2020年8月に公開して徐々に話題になり、

2021年2月には「月曜から夜更かし」で特集。

テレビ効果もあり、銚子電鉄を知らない全国の人々にも話題になっています。

スポンサードリク

 

 

実はホラー?銚子電鉄の映画「電車を止めるな!」の内容や上映場所!

では、どこで見ることができるのでしょうか?

上映場所についてみていきましょう。

 

上映箇所は現在も募集中だそうです。

2021年3月現在、公開中、公開予定は以下になります。

▽「電車を止めるな!」の公開中・予定の場所
 ・千葉県銚子市 飯沼山 圓福寺(3月31日まで)
 ・東京 PEANUTS CLUB、KKRホテル東京(いずれも日時限定)
 ・神奈川 かわさき ゆめホール(日時限定)
 ・群馬 前橋シネマハウス(3月14日のみ)
 ・栃木 小山市立文化センター(4月10日のみ)
 ・岡山 あわくら会館 百森ひろば(3月13、14日のみ)
 ・鳥取 八東体育文化センター(3月27日のみ)
 ・熊本 KKRホテル熊本(3月31日まで)

 

他にも、東京池袋のHUMAXシネマズ、神奈川横須賀のHUMAXシネマズは上映延期。

今後、上映が始まる可能性もあるのでHPをチェックしてみてください。

 

続いて、内容についても簡単にみていきましょう。

▽「電車を止めるな!」の内容(少しだけネタバレ・・・)
廃線寸前の鉄道会社が、起死回生のために企画した心霊列車。
車内でのイベントと同時に、生配信も行われていた。
社員たちが全力で心霊現象を演じるも、車内の乗客からも視聴者からもバッシング。
ところが徐々に本物の心霊現象が起き始めて…。

というホラー映画であり、感動もコメディもある内容になっています。

上映時間は84分、結構長いですね。

 

映画は内容をほとんど無視していると言われていますが、原作があります。

2019年6月にPHP研究所より、書籍が発売されています。

原作者は寺井広樹さん、この方はまずい棒の企画者でもあります。

 

ちなみに、原作は「電車を止めるな!~呪いの6.4km~」

映画は「~のろいの6.4km~」、ひらがな表記なんです。

映画は、鈍い(鈍行列車)と呪いをかけているそうです。

細かい自虐ネタが面白いですね。

 

 

まとめ

「電車を止めるな!~のろいの6.4km~」は、

経営難の銚子電鉄が資金調達のために製作した映画です。

上映場所はまだまだ全国展開とまではいきませんが、

機会がありましたらぜひ観に行ってみてはいかがでしょうか?

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!