マリッジブルーの意味や対処法は?結婚式前が憂鬱で別れたい貴方へ!

レビュー

スポンサードリク






結婚が決まったら幸せな気持ちでいっぱいになりますよね。

しかし、嬉しいはずの結婚を前にして、

なぜか気持ちが沈んでしまうようならマリッジブルーかもしれません。

 

でもそもそもマリッジブルーってどんな意味なのか知ってますか?

そして具体的にマリッジブルーの症状にはどのようなものがあって、

どう対処していったらよいのでしょうか?

 

今マリッジブルーを感じている人や、これから結婚するという人にも

マリッジブルーを乗り越える参考にして頂けますので、最後まで読んでみてくださいね。

 

 

マリッジブルーの意味とは!?実は和製英語だった!

スポンサードリク

マリッジブルーという言葉はよく聞くものですが、

どんな意味なのかよく分からないという人もいるのではないでしょうか?

 

実は、マリッジブルーとは英語ではなく、

結婚を意味する「マリッジ」と、

憂鬱な気分を意味する「ブルー」を合わせた和製英語です。

 

気持ちが落ち込むと「ブルーになる」と表現することがあるように、

結婚を前にして不安になったり、憂鬱になる状態を意味しているんですよ。

 

ちなみにマリッジブルーの状態を英語で表すときには、

「Pre-wedding doubt」結婚式前の疑問と表現します。

結婚する前に「このまま結婚してもいいのだろうか?」と疑問の思い始めたら、

気分も落ち込んでしまいますよね。

 

今までの恋人関係から変わって、

夫婦になるということは様々なプレッシャーを抱えますし、

結婚に伴い仕事をやめたり転職をしたり、住まいを変えることもあります。

 

他にも経済的不安や親族との関わり、

結婚式の準備とストレスがかかることは人それぞれですが、

マリッジブルーになる人はとても多いのです。

 

実際にマリッジブルーを経験した人たちは、

はっきりとした原因が分からずにどんどん憂鬱な気分になっていくようです。

症状としては、落ち込んだりイライラするなどの精神的症状が多いのですが、

中には肉体的な症状に表れることもこともあります。

 

また、マリッジブルーというと女性が陥る症状と思われがちですが、

結婚を控えて不安やストレスを抱えているのは女性だけではなく、

男性も同じであるということも覚えておいてください。

 

 

マリッジブルーの症状と原因!結婚式前が憂鬱で別れたいなら注意!

では、具体的にマリッジブルーはどのような症状になるのでしょうか?

次にマリッジブルーの具体的な症状と原因をまとめました。

 

不安を感じたり憂鬱な気分になる

結婚のことを考えると不安になったり、

気分がひどく落ち込んでしまうのがマリッジブルーの一番の特徴です。

 

原因は結婚相手に対しての不安や、

生活や環境の変化に対しての不安などそれぞれあるでしょう。

 

不安を感じて落ち込む日が続いたり、

よくわからないけど涙が出てしまうなど気分が不安定になります。

 

イライラする

結婚してからのことを考えて不安になるだけでなく、

ストレスがたまってイライラしてしまう人もいるでしょう。

 

結婚準備が忙しくて気持ちに余裕がなくなったり、

スポンサードリク

結婚相手への不満がたまるのが原因ということが考えられます。

 

ストレスが発散できていないと、

相手に愚痴や不満をぶつけてしまうかもしれません。

 

食欲がなくなったり、不眠など身体の不調を感じる

精神面ではなく、身体的に不調が表れることもあります。

食欲がなくなったり過食に走ったり、眠れなくなるということもあるようです。

 

これらの症状は人によって違いますが、

結婚してからの生活にかなり不安を感じている状態ではないでしょうか。

 

「この人とうまくやっていけるだろうか?」という結婚相手に対しての不安。

住まいが変わったり、転職しなければならないなど環境の変化に対しての不安。

籍を入れることで名前が変わったり、相手の家族との関係や金銭的な不安など、

あらゆる変化が不安の材料になりうるのです。

 

また、結婚式をする場合はいろいろと準備があって大変ですが、

男性側が結婚式の準備に非協力的だったりすると、

ストレスをためてしまう女性は多いでしょう。

 

男性は経済的な面が最も大きな負担となり、マリッジブルーを感じるようです。

相手の女性との金銭感覚の違いに不安になるというケースもありますから、

不安な点は早めに話し合っておくといいでしょう。

 

 

マリッジブルーの対処法!イライラするなら誰かに話すと絶対に楽!

マリッジブルーになったときは、1人で悩まずに誰かに話してみましょう。

結婚相手に正直に相談したならば、さらに絆を深めることもできるはずです。

友人や家族など信頼できる人に話しを聞いてもらえば、

話したことで不安が解消されて気分が変わることはよくあります。

 

私は結婚と同時に引越しが決まっていたので、

転居先から近いお出かけスポットの話題でよく友人と盛り上がっていました。

 

結婚後に行きたい場所があるというのはとても楽しみでしたし、

友人との時間が不安を忘れさせてくれたようです。

ときには結婚準備をお休みして気分転換をしながら、

結婚後の幸せな面に注目してみてください。

 

また、マリッジブルーの原因をよく探るのも必要なことです。

  • 「焦りから結婚を決めてしまっていないか?」
  • 「パートナーを信用しているか?」
  • 「結婚後の生活に不安はないか?」

など自分自身に問いかけてみましょう。

 

マリッジブルーになったときに、気持ちを整理しながら、

結婚そのものを考え直すこともあるかもしれません。

 

もし、結婚に不安があれば同棲から始めてみて、

やっていける自信があればまた結婚話を進める・・・

というふうに段階を踏むのもいいでしょう。

 

自分の気持ちに正直になって、結婚してから後悔しないようにしてください。

 

 

まとめ

いかがだったでしょうか?

結婚は人生の大切な決断ですから、多かれ少なかれ不安はつきものです。

 

しかし、憂鬱な状態や身体の不調が長引くようなら、

1人で抱え込まずに誰かに話しを聞いてもらいましょう。

 

自分の気持ちを大切にしながら、マリッジブルーを乗り越えていってください。

スポンサードリク






スポンサードリク






レビュー
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!