年齢の満と数えの意味とは?計算方法や由来もわかりやすく解説!

暮らし

スポンサードリク






履歴書や病院の問診票など、満年齢という言葉を見たことがありませんか?

私も「ん?何歳って書いたらいいんだろう?」と思いながら、何となく書いています。

 

満年齢とは、今現在の年齢のことです。

もしあなたが今20歳なら、満年齢も20歳。

 

実は年齢の数え方はもう一つ、数え年というものがあります。

数え年だと、20歳ではありません。

詳しくみていきましょう。

 

 

年齢の数え方は2種類ある!!満と数えのそれぞれの意味とは?

スポンサードリク

年齢の数え方は2種類あります。

満年齢と数え年です。

それぞれの意味を見ていきましょう。

 

満年齢の意味

履歴書や役所の手続き、病院など広く使われており、一般的な年齢の数え方になります。

今、現在の年齢が満年齢だと思ってもらえば間違いありません。

考え方としては、誕生日が来たら、1歳年を取るということになります。

生まれてから最初の誕生日までが0歳、それ以降1歳、2歳という数え方です。

 

気を付けたいのが、履歴書などを提出する時です。

あなたの誕生日は4月5日、現在4月3日で19歳とします。

履歴書を書いている時は3日、提出するのが4日の場合は19歳と記入します。

しかし、5日に提出する場合は、20歳と記入しなければなりません。

 

記入している現在は19歳ですが、履歴書を提出する日の年齢を記入する必要があるためです。

直接持参する場合は、このような対応でOKですが、郵送だと更にややこしくなります。

ポスト投函する日が4日でも、相手に到着するのが5日以降になるためです。

この場合、19歳、20歳どちらで記入すべきか悩みますよね。

 

生年月日を記入する欄もあるので、これぐらいの誤差は気付かれないかもしれません。

しかし、相手への気遣いとして付箋をつけると、好印象につながるかもしれませんよ。

例えば、「4月5日で20歳になるので、20歳と記載させていただきました」

というコメントを付箋に書いておくといいでしょう。

 

数え年の意味

七五三や厄除け祈願など、昔ながらの伝統行事の時に使われる数え方になります。

特殊な数え方になるので、ネットなどで調べるようにしましょう。

「数え年 調べ方」などで検索すると、自動計算してくれるサイトがたくさん出てきます。

 

考え方としては、生まれた日が1歳、それからはお正月がくると1歳ずつ年を取ります。

お正月にやってくる年神様から、1歳分の年をいただくという風習があるためです。

スポンサードリク

 

 

年齢が満になったのはなぜ?実は昔は数え年だった歴史があった!

ここまで二通りの数え方の説明をしてきましたが、その使い方も時代とともに変わっていて、昔は数え年で年齢を数えていましたが、今は満年齢が主流となっています。

どのように移り変わっていったのか、その理由についてもみていきましょう。

 

古くから日本は数え年が使われてきましたが、明治6年頃から満年齢が使われ始めました。

明治35年には「年齢計算ニ関スル法律」が施行され、満年齢の一本化を図りました。

 

しかし、実際には数え年が主流で使われていたため、昭和25年には「年齢のとなえ方に関する法律」が施行されました。

国や地方公共団体が年齢を表す時には、満年齢を義務付けることで、今の満年齢の一般化が始まったのです。

 

ではなぜ、数え年から満年齢にかえる必要があったのでしょうか?

 

正確な出生届の促進、満年齢を使用している諸外国との国際性向上、最もわかりやすいのが配給における無駄の解消でした。

当時、2歳にキャラメルの配給があったそうです。

満年齢なら必要かなとも思いますが、数え年の2歳は特殊です。

 

12月29日に生まれた子は、生まれた時に1歳、三日後のお正月にはなんと2歳と数えられてしまうのです。

生後3日の赤ちゃんにキャラメルは必要ないですよね?

でも当時は配給されていたそうです。

 

このような無駄やズレをなくすためにも、満年齢へと移行させたのです。

 

ちなみに、なぜ「満年齢」と言われているのでしょうか?

理由について明記しているものは見つけられませんでしたが、満了と考えるため「満年齢」と言われているようです。

 

1歳11か月の子供は、満1歳です。

1年間生きることを満了してるからです。

四捨五入したら2歳ですが、満2歳にならないのは、まだ2年間生きることを満了していない、と考えるとわかりやすいと思います。

 

 

まとめ

年齢の数え方には、満年齢と数え年の2種類があります。

満年齢は、現在の主流の考え方であり、今現在の年齢のことをさします。

数え年は、昔の考え方であり、今では伝統行事のみで使用される数え方です。

 

数え年から満年齢へと、数え方が移行した主な理由は、配給の無駄やズレを解消するためです。

昭和25年に施行された法律により、満年齢表記が義務付けられ、主流となりました。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!