500円玉で価値のある年号は昭和で二年分!?レアは何年の製造?

趣味・イベント

スポンサードリク






額面以上に価値のある硬貨はプレミア硬貨と呼ばれていて、

硬貨コレクターの間では高額で取引きされていたりなんてことも。

もちろん500円玉も例外ではありません。

 

そこで今回は、

「500円玉の価値のある年号っていつ?」

「500円玉の価値のある年号はどれくらいで取引きされるの?」

「硬貨が持っている価値以上の評価が与えられる理由は?」

といった疑問にお答えしていきます。

 

本記事では

①500円玉の価値のある年号は昭和62年と昭和64年

②500円玉の価値のある年号は1000円前後で取引きされる

③硬貨が額面以上に価値が与えられる条件

といった内容で解説していきます。

 

 

500円玉の価値のある年号!レアコインは昭和の何年!?

スポンサードリク

昭和62年と昭和64年に発行された500円玉は500円以上の価値があります。

なぜなら昭和62年と昭和64年の500円玉の発行枚数は、

他の年と比べて非常に少なくてプレミアがついているからです。

 

500円玉の発行枚数を調べたところ、

通常では500円玉は年間で数億枚発行されているにも関わらず、

昭和64年は約1千600万枚、

昭和62年に至っては約270万枚しか発行されていません。

発行枚数が極端に少ない分、必然的に硬貨自体の価値が上がっているのです。

 

紙幣や硬貨の発行枚数はその年の市場での流通具合で決定されていて、

1週間しかなかった昭和64年の500円玉の製造枚数が、

昭和62年を上回っているのは、

平成に入っても少しの間発行され続けていたからだそうです。

 

昭和62年と昭和64年の500円玉は、

他の年と比べて発行枚数が非常に少ないために価値が高くなっています。

 

 

驚きの調査結果!500円玉のレアコインは約1000円で取引き!?

昭和62年、昭和64年のどちらの500円玉も、

約1000円位の相場で取引きされています。

他の年と比べて発行枚数が少ないという理由でプレミアがつき、

500円以上で買いたい人がいるのです。

 

インターネットで500円玉が売買されているサイトを実際に5つ比較したところ、

大体は約1000円位で取引きされているのですが、

稀に2000円前後、高ければ4000円近くで取引きされているサイトもあります。

 

私が調べて確認できた最高額としては、

スポンサードリク

昭和62年の500円玉で4400円といった値段が付けられていました。

ちなみに硬貨が売買されているサイトでは500円以上で取引きされますが、

銀行では500円は500円としてしか換金されないのでご注意を。

 

昭和62年の500円玉は特に発行枚数が少ないので、

昭和64年の500円玉よりも価値がつくのでは?と思いますよね。

しかし筆者が調べた限り取引価格に大きな差はなかったです。

 

500円玉の価値のある年号、昭和62年と昭和64年の500円玉は、

基本は約1000円位で取引きされています。

 

 

500円玉も含む硬貨はエラーコインが熱い?価値が付く3条件とは?

硬貨が額面以上に価値が付く条件は3つあります。

 

1つ目 他の年と比べて発行枚数が非常に少ない

①でも解説しましたが、

硬貨の発行枚数はその年の流通量によって異なります。

 

発行枚数が非常に少ない年の硬貨にはプレミアが付き、

額面以上の価値が付くことがあるのです。

 

2つ目 良い意味で不良品

硬貨コレクターたちの間ではエラー硬貨やエラーコインと呼ばれ、

製造過程において生じた不良品の硬貨にプレミアが付くことがあるのです。

 

50円玉を例にあげると、

・穴なし

・穴ずれ

といった不良品にプレミアが付けられたりします。

不良の50円玉の取引相場としては、数千円から数十万円にまでなることも。

 

3つ目 限定硬貨や記念硬貨

オリンピックやワールドカップ、博覧会といった記念に限定製造される硬貨には、

プレミアがつきます。

記念硬貨、限定硬貨は発行枚数が少ないので欲しい人には、

喉から手が出るほどのものなのです。

 

1つ例をあげると、

日韓で開催されたFIFAワールドカップの記念硬貨セットが、

あるインターネットサイトでは67000円の取引価格が付けられていました。

 

 

まとめ

この記事を書いていて、ふと子供の頃よくギザギザの入った10円を見ると、

キャッキャッと喜んでいたのを思い出しました。

あのギザ10って額面以上の価値があるのかなぁ、、、うんちょっと調べてみます。