歯が欠けたけど小さいから放置は絶対ダメ!リスクや対処法を解説!

健康

スポンサードリク






「歯が欠けてしまった(汗)、でも小さいし大丈夫だろう」

答えは、、、

「いいえ大丈夫とはいえません!すぐに歯医者さんに行くことをおすすめします。」

 

歯が欠けてしまうのは「転倒」や「虫歯」「歯ぎしり」といった、

様々な原因があります。

歯が欠けることなんて人生の中でそう簡単にあることではないので、

欠けた瞬間は正直焦りますしどうしたらいいか分からないですよね。

 

本記事では

①歯が欠けた場合は小さくても放置はダメ!

②歯が欠けた時にすぐ取るべき3つの行動

といった内容で解説していきます。

 

 

歯が欠けたけど小さいから放置はダメ?1週間放置なんて話もあるけど?

スポンサードリク

歯が欠けた場合は小さいからといって放置するべきではありません。

一週間の放置したなんて話も聞いたことがありますが、ダメです!

なぜなら歯の欠けを放置すると欠けた部分から細菌が侵入し、

最悪の場合は歯を抜かなければいけなくなるからです。

 

他にももし歯が欠けた時に放置した場合、

  • 歯がしみる
  • 食べカスなどがたまりやすくなる
  • 虫歯ができやすくなる
  • 舌や口内の粘膜を傷つける
  • 放置することでさらに欠けが広がる
  • 噛み合わせが悪くなる可能性がある

といったリスクが高まります。

 

「でも見た目でも分からないくらい歯の欠けた部分が小さいんですけど、

 それでも放置はダメですか?」

というお声もあるかと思うのでお答えすると、

見た目でも分からないくらいの歯の欠けなら問題ないケースもあります。

 

しかし自分の判断で放置して、

「あとでやっぱり歯医者さんに行っておけばよかった」、

と思っても手遅れですからね。

美味しい物をこれからも美味しく食べ続けたいなら自分の歯を大切に。

 

歯が欠けたけど小さいからといって放置せずに、

歯医者さんに診てもらいにいきましょう。

 

 

歯が欠けた時の応急処置!大事な3つの行動が未来を左右する!?

スポンサードリク

歯が欠けた時にすぐ取るべき行動は3つ。

  • 欠けた部分を触らない
  • 欠けた歯の破片を清潔に保存する
  • なるべく早く歯医者に行く

を心がけて下さい。

 

欠けた部分を触らない

歯が欠けるとどうしても口の中で欠けた部分が気になると思いますが、

欠けた部分を指や舌で触ったりするのは絶対にNG。

 

欠けた部分から細菌が入り、歯の状態を悪化させることになります。

細菌が入ってしまうとできる治療もできなくなる可能性さえあるのです。

欠けた部分は触らないよう気をつけましょう。

 

欠けた歯の破片を清潔に保存する

欠けた歯の破片が残っている場合は清潔に保存しましょう。

 

歯の欠け具合にもよりますが、

歯医者さんに欠けた歯を持っていけば接着してもらえる可能性があります。

ただし欠けた歯は清潔に保存しなければいけませんよ。

 

具体的な保存方法としては以下です。

  • 熱菌
  • 歯の保存液に浸す
  • 牛乳に浸す
  • 生理食塩水(作り方;ペットボトルに水500ml:食塩水4.5g)に浸す

 

熱菌までされていれば一番確実ですが、

牛乳に浸したり、生理食塩水を作って浸しても大丈夫です。

歯の保存液は薬局で手に入ります。

 

歯を接着してもらえる可能性があるので、

欠けた歯が残っている場合は清潔に保存しておくべきです。

 

なるべく早く歯医者さんに行く

欠けた歯の部分を触らないことと欠けた歯の破片を清潔に保存できたなら、

すぐに歯医者さんへ。

 

歯が欠けてから時間が経てば経つほど歯はどんどん劣化していきます。

歯医者さんにすぐに行くか行かないかの判断次第で、

治療の加減も変わっていく可能性が出てくるのです。

 

なるべく早く歯医者さんに行きましょう。

 

 

まとめ

本記事では、

①歯が欠けた場合は小さくても放置はダメ!

②歯が欠けた時にすぐ取るべき3つの行動

といった内容で解説してきました。

 

欠けた歯を放置することで、あなたは自分の大切な歯を一生失うかもしれません。

それでも放置できますか?

永久歯はなくなったら二度と生えてきません。

小さいからといって放置せず、すぐに歯医者さんに行きましょう!

スポンサードリク






スポンサードリク






健康
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!