バーベキュー用キャベツや野菜の切り方!間違いなしの保存方法も!

趣味・イベント

スポンサードリク






「バーベキューで焼くキャベツの下ごしらえが知りたい。

切り方や、鮮度が落ちない保存方法は?」

「ほかの野菜は何にしよう…。火が通りにくい野菜は事前に加熱するといい?」

「万全の準備をしてバーベキューを盛り上げたい!」

 

こういった疑問や悩みを、調理歴15年の視点から解決します。

 

この記事を読めば、次のことがわかります。

  • バーベキュー用キャベツの切り方と保存方法・大きめのザク切りでOK
  • キャベツ以外のバーベキュー野菜の切り方・事前加熱ですぐ焼ける

 

お店のように専門的なやり方ではなく、

あくまでホームパーティー向けに、簡単にできるやり方を紹介しています。

バーベキューのみならず、お家で焼肉をする際にも使えるやり方です。

ぜひ参考にして、楽しいバーベキューライフを満喫してください。

 

 

バーベキュー用キャベツの切り方と保存方法!大きめのザク切りで!

スポンサードリク

野菜炒めより大きいザク切りにします。

キャベツは火が通りやすい野菜なので、小さく切るとすぐに焦げるからです。

 

また、小さいと網目から下に落ちてしまいます。

とくに葉の部分が焦げやすいので、大きめに切りましょう。

 

キャベツの切り方

水にさらす用のザルとボウルを用意しておきます。

切ったそばからザルに入れていくと、作業場所を広く使えます。

 

  • 芯を上にして1/8カットにすると、安定して切りやすい
  • 可能な限り、太い茎の部分が縦に半分になるように切ると、火が通りやすくなる
  • 芯から変色していくから必ず芯を落とす
  • 中心の柔らかい部分は小さいので、切らずに外してそのまま使う
  • 葉側は焼けやすいので大きく、芯側はその逆なのでで小さく、部位で大きさを変える

 

キャベツの保存方法

  • よく水にさらすか、じっくり水につけて置く
  • よく水気をきる
  • 保存袋に入れて密閉する

 

葉と葉の間が汚れているのでよく水にさらします。

水分が腐る原因なので、よく水気をきります

 

空気にふれると変色します。密閉するときは極力空気を抜いてください。

ジップロックが便利ですが、

100均で売っている『OK袋』という透明のポリ袋でも十分です。

空気をしっかり抜いて袋を結びましょう。

 

湿らせたキッチンペーパーで包むとなお良いですが、

1日程度ならなくても問題ありません。

 

「本当にそれで大丈夫?」と思うかもしれませんが、大丈夫です。

2~3日はもちます。

飲食店でも炒め用キャベツの下処理はだいたい上記の工程です。

基本、手間をかけません。

 

分量ですが、だいたい1人前1/8切れを目安にすれば十分です。

シメに焼きそばをするなら多めで良いでしょう。

 

ちなみに、葉の部分は塩とゴマ油で和えて、

肉が焼けるまでの前菜にすると喜ばれます。

ただ、前日に仕込むと水分が出るので、現場に到着してから調理しましょう。

 

 

簡単!バーベキューでのなすや玉ねぎ等の野菜の切り方と下ごしらえ!

スポンサードリク

バーベキューの野菜は基本何でも良いです。

珍しい野菜を焼いてみて新たな発見をするのも、バーベキューの醍醐味だからです。

 

しいていえば、火が通りやすい野菜と、

通りにくい野菜で区別すると選びやすいです。

偏ったラインナップにならず、焼く順番が組み立てやすいからです。

 

ここでは、一般的に定番とされている野菜を紹介します。

 

火が通りやすい野菜の切り方

 

玉ネギ

輪切りにします。楊枝を刺しておくとバラバラになりません。

 

なす

斜めにスライスします。(厚さ1㎝くらい)

ぶ厚過ぎるとなかなか焼けません。

切り口が変色しやすいので、水か薄めの塩水に浸けてから保存袋で密閉します。

 

キノコ類

濡らしてはいけません。

香りが飛ぶだけでなく、腐りやすくなります。

 

なるべく包丁を使わず手で割きます。

鉄の匂いがうつるからです。

 

軸に切れ込みを入れて、そこから優しく割きます。

かさの部分は崩れやすいので注意しましょう。

断面に凹凸ができることで、味が染みやすくなります。

 

火が通りにくい野菜の切り方

事前にレンジで加熱しておくと、当日すぐに焼けます。

600Wで2~3分が目安です。

人肌の温度に冷めてから保存袋に入れてください。

 

「水気を取って、空気が入らないように密閉する」

という保存方法はほかの野菜と同じです。

 

かぼちゃ

とても硬い野菜なので、怪我をしないように十分気をつけてください。

 

種とワタ(種のまわりのフワフワした分部)を取り除きます。

水分を多く含んでいるからです。

皮を下にして、薄めにスライスします。

くれぐれも怪我をしないように気をつけてください。

 

取り扱いに自信がない場合は、サツマイモにすると良いでしょう。

洗ったあと、皮つきのまま斜めにスライスします。

 

にんじん

皮をむいてから、斜めにスライスします。

0.5~1㎝が目安です。

薄めに切るなら、事前に加熱しなくても大丈夫です。

 

 

まとめ

  • 芯を上にして1/8カットにする
  • 可能な限り、太い茎の部分が縦に半分になるように切る
  • 芯を落とす
  • 中心の柔らかい部分を外す
  • 葉側と芯側にわけて切る(葉側を大きめ・芯側を小さめに)
  • よく水にさらすか、じっくり水につけて置く
  • よく水気をきる
  • 保存袋に入れて密閉する

 

キャベツ以外は火が通りやすい野菜と、

通りにくい野菜でわけると用意しやすくなります。

火が通りにくい野菜は、事前にレンジで加熱しておくと、当日すぐ焼けます。

 

バーベキューは食材以外にも、焼き台の準備などやることがあります。

簡単に済ませられることは済ませて、なるべく仲間と一緒に過ごしましょう。

一人で作業しないことがバーベキューを楽しむコツです。