クーラーはつけっぱなしの方が電気代は安い!つけたり消したりはダメ!

スポンサードリク






「暑い!クーラーつけたいけど、電気代が気になる…。」「つけたり消したりすると、逆に高くなるって本当?」「つけっぱなしにすると故障しそう…。」「経済的に暑さをしのぐテクニックが知りたい!」こういった悩みや要望に応える記事です。

 

最後まで読めば、次のことがわかります。

  • つけたり消したりは、電気代が高くなる
  • 電気代を節約するテクニック
  • 節約する際の注意点

 

クーラーの正しい節約対策が理解できます。今日から実践できる簡単テクニック5選や、節約対策の注意点も解説しています。この記事をぜひ参考に、快適な夏を過ごしましょう。

 

 

電気代を安くするには?クーラーをつけたり消したりは逆効果の理由!

スポンサードリク

節約したいからといって、クーラーをつけたり消したり、最初から「弱運転」にするのは逆効果です。なぜならクーラーは設定温度まで温度を下げるとき、一番電気代がかかるからです。

例えるなら、自転車のこぎはじめと同じ理屈です。発車するときに一番エネルギーを使いますが、一旦スピードに乗ってしまえば、最低限のパワーで進めます。

 

効果的な節約対策は、次のとおりです。

  • 設定温度に到達するまでは、フルパワーで短時間に冷やす
  • 到達した後は、むやみにつけたり消したりしない

 

自動運転機能がついているクーラーであれば、機械に任せても良いでしょう。最適な設定温度や、その後の温度調整も自動でやってくれるからです。

 

とはいえ、「つけっぱなしは電気代が気になる」と思うかも知れません。もちろん、常につけっぱなしが良いわけではありません。長時間外出する場合は、一旦クーラーを消した方が良いでしょう。誰もいない部屋で何時間もつけっぱなしにするより、帰宅時に再度つけた方が節約になるからです。例えば、仕事などで2時間以上、部屋に誰もいなくなる場合です。

 

 

▼『こんな時はクーラーをつけっぱなしでOK!

外の気温と設定温度の差が激しい場合は、つけっぱなしの方が節約できます。同じ設定温度でも外が暑い分、到達するまで時間がかかります。一番電気代がかかるフルパワー運転を、長時間おこなうので電気代が高くなるのです。逆に夜など涼しい時間帯の外出ならば、2時間以内でもクーラーを消したりつけたりした方が、節約になる場合があります。

 

 

クーラーの節約の仕方!簡単だけどあまり知られていない節約術5選!

つけっぱなし以外の簡単テクニックを、5つ紹介します。

  • 熱気を逃がしてからつける
  • 設定をうまく調整する(温度・風量・風向き)
  • 扇風機を併用する
  • 室外機に熱がこもらないようにする
  • クーラーをまめに掃除する

詳しく解説していきます。

 

熱気を逃がしてからつける

部屋に熱気がこもった状態だと、冷えるまでに時間がかかります。フルパワー運転が長時間続くので、電気代が高くなります。

スポンサードリク

 

設定をうまく調整する(温度・風量・風向き)

設定温度まで達したら、省エネ温度の28℃にしましょう。最小限のパワーで、クーラーを効かすためです。

風量を「弱設定」にして、消費電力を節約します。自動運転だと温かい場所を感知して、強風になってしまうからです。

風向を上向きに設定しましょう。冷たい空気は重く、下にたまるからです。上向き設定にすることで、高低差なく冷やせます。

 

扇風機を併用する

冷えた空気が循環するので、全体的に涼しくなります。クーラーの対角線上に扇風機をおくと、まんべんなく冷気が行きわたります。

 

室外機に熱がこもらないようにする

室外機は、部屋の熱を外に逃がす働きをします。室外機自体に熱がこもると、外に排出するためにより多くの電気を使います。日陰を作るなどして、室外機の温度を下げるだけでも節約できます。

 

クーラーをまめに掃除する

フィルターや、上部にある空気の取り入れ口にホコリがたまると、クーラーの効きが悪くなるからです。設定温度に到達するのが遅くなり、無駄な電気を消費します。

 


 

【つけっぱなしの注意点】

▼カビが発生しやすくなる

クーラー内部の空気が冷やされ続けて、結露ができるからです。湿った状態のところにホコリやゴミが溜まると、カビが発生しやすくなります。

 

▼こまめに手入れをしないと寿命が縮む恐れがある

家庭用クーラーの寿命は一般的に、1日8時間ほどの運転時間で10年を目安にしています。つけっぱなしにする分、まめなメンテナンスが必要です。

対処法はやはりフィルターを定期的に掃除しましょう。部屋のホコリを取り、換気を良くしてください。汚れた水分を含んだ空気が、クーラー内部に入らないようにすることが大切です。

クーラーを消した後、30分~1時間ほど「送風運転」をするのもおすすめです。冷えたクーラー内部の温度が上がり、結露を防いでくれるからです。

 

 

まとめ

クーラーの節約対策として、つけたり消したり、最初から「弱運転」にするのは逆効果です。クーラーは設定温度まで下げるときに、一番電気代がかかるからです。

 

具体的な節約対策は次のとおりです。

  • 設定温度に到達するまでは、フルパワーで短時間に冷やす
  • 到達した後は、むやみにつけたり消したりしない

上記以外の簡単テクニックと、節約対策の注意点は次のとおりです。

【簡単テクニック5選】

  • 熱気を逃がしてからつける
  • 設定をうまく調整する(温度・風量・風向き)
  • 扇風機を併用する
  • 室外機に熱がこもらないようにする
  • クーラーをまめに掃除する

【つけっぱなしの注意点】

  • カビが発生しやすくなる
  • 寿命が縮む恐れがある
  • こまめに掃除すれば対処できる

 

何だかんだと毎年夏はとても暑いです。この記事を参考にして、快適かつ経済的に乗り切っていきましょう。

スポンサードリク






スポンサードリク






暮らし
うめをフォローする
暮らしのお役立ちブログです!