オリンピックの追加種目とその理由!東京の例から見る4つの基準!

趣味・イベント

スポンサードリク






オリンピックでは水泳や陸上、柔道、体操などの競技が有名ですが、東京オリンピック2020では新種目が追加されていました。

4年に1回のオリンピックですが、主催者も盛り上げるために新たな競技を追加したり、オリンピックも常に変化しているんですよ。

 

本記事では東京オリンピックを例に、その種目の決め方を紹介していきます。

  1. 東京オリンピックの追加種目とその理由は一体?
  2. オリンピック競技で日本発祥はどんなスポーツがある?
  3. オリンピック競技の決め方とは?

こんな内容で解説していきます。

 

 

東京オリンピックの追加種目とその理由とは?ただ人気だけじゃない!

スポンサードリク

東京オリンピックで追加種目となったのは、

  • サーフィン
  • 空手
  • スポーツクライミング
  • スケートボード 
  • 野球

の5つの競技です。

それぞれの理由を解説しますね!これが今後のオリンピックの決め方にも繋がっていくと思われます。

 

《サーフィンが追加種目となった理由》

サーフィンがオリンピック競技として追加となった理由は、若者に人気の高いスポーツであり、大会も世界各地で行われているからです。

またサーフィンの会場は海ということで、設備費用が安く抑えられることもメリットとして、追加理由に挙げられています。

 

《空手が追加種目となった理由》

空手は世界中で行われている競技で193の国が世界空手連盟に所属。

193という国が国際連盟に所属しているというのは、他のメジャーな競技に比べても非常に多い数字となっています。

 

空手は今までにも追加競技として候補に挙げられていましたが、空手には流派がたくさんあり統一して大会を行うことが困難だった為、オリンピック競技に選ばれなかったのです。

 

今回の東京オリンピックでは、世界空手連盟によって敷かれたルールで開催が決定されています。

今までオリンピックに選ばれなかったというより、オリンピック側が選びたいけど選びにくかったといった方が正しいのかもしれませんね。

 

今後もオリンピック競技として定着すれば、日本のメダル数にも影響を与えるでしょう。

 

《スポーツクライミングが追加種目となった理由》

スポーツクライミングはご存知の通り、ボルタリングからの人気で追加競技になったといえます。

近年ではボルタリングができる施設も増えてきて、気軽に体験できるスポーツであり、競技人口も人気も今後さらに期待大。

 

スポーツクライミングが新競技になれば、オリンピックへの盛り上がりに影響を与えるであろうということも、追加競技となった理由に挙げられます。

 

《スケートボードが追加種目となった理由》

スケートボードを遊びでする子供たちも増えてきており、競技人口の増加、人気上昇が追加になった理由として挙げられます。

運営側も若い世代にオリンピックを盛り上げてもらうためには、スケートボードは絶好の種目といえるのです。

スケートボードはアクロバティックな技を駆使し、観客を魅了してくれること間違いなしです。

スポンサードリク

 

《野球が追加種目となった理由》

野球は元々オリンピック競技でしたが、2008年の北京オリンピックを最後になくなっています。

今回の東京オリンピックでは追加というより、復活したといった方が正しいかもしれませんね。

 

追加理由としては、文句なしで人気の高い競技だからです。

東京オリンピックで野球を実施すれば、盛り上がること間違いないですし追加競技にはうってつけですよね。

運営側も日本開催で盛り上げるためには、野球を競技としての追加を判断したのでしょう。

 

 

意外に競輪も!オリンピック競技で日本発祥のスポーツは何がある?

オリンピック競技で日本発祥のスポーツには、

  • 柔道
  • 空手
  • 競輪

といった種目があります。

 

柔道はもはや説明不要のはず。

空手は東京オリンピックでついに流派のしがらみを超え、初めて競技として選ばれています。

競輪は男子が2000年のシドニー大会、女子が12年のロンドン大会からそれぞれ行われているとのことです。

調べた限りでは上記3競技が日本発祥のスポーツであり、オリンピックでも行われているようです。

 

 

オリンピック競技の決め方とは?4つのクリアするべき基準を解説!

オリンピックの競技になるには選考基準が4つあります。

1、世界大会、大陸選手権が最低2回行われている
2、種目の実施許可は4年前まで(延長はできない)
3、男性は最低50ヶ国3大陸、女性は最低35ヶ国3大陸で行われている
4、国際的に認知された種目である

 

以上の選考基準4点をクリアし、あとは運営側がオリンピックの競技としてふさわしいと判断すれば、オリンピック競技に選ばれます。

もちろん全ての基準をクリアしていても、実施施設の確保や費用が高額になる場合は、競技に選ばれないこともあります。

 

 

まとめ

本記事では

  1. 東京オリンピックの追加種目とその理由は一体?
  2. オリンピック競技で日本発祥はどんなスポーツがある?
  3. オリンピック競技の決め方とは?

といった内容で解説しました。

 

東京オリンピックで選ばれた追加種目が大会を盛り上げてくれれば、今後のオリンピックがさらに楽しみになりますね。

また次のオリンピックでは新しい競技が加わっている可能性も。

どんなスポーツも人々を魅了するステキな技があるからこそ、今後も楽しみにしましょう!